ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

新製品情報

【ギター用インターフェイス】IK Multimediaより、Andoridのレイテンシー問題を解決した「iRig UA」が発表!

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。
閲覧時点で内容・価格が異なる場合、または販売が終了している製品が含まれる場合がございます。予めご了承ください。

irigua_main_image_718x450_20150119

アメリカアナハイムで開催されているThe NAMM Show 2015にてAndroid対応デジタル・ギター・エフェクト・プロセッサー・インターフェース iRig® UAが発表になりました。

iRig® UAは、Androidデバイスにてほぼレイテンシーの無いリアルタイム・エフェクト処理と演奏を可能にした、初めてのギター・エフェクト・プロセッサー・インターフェースです。

内蔵DSP信号処理により、リアルタイム処理を実現

iRig UA_011_smartphones_amp_stomp
iRig UAは、内蔵DSP(デジタル・シグナル・プロセッサ)とAmpliTube® UAアプリの組み合わせにより、リアルなギター/ベース・トーンを生み出すデジタル・ギター・エフェクト・プロセッサ・インターフェースです。

アプリのAmpliTube UAは設定をコントロールしたりプリセットを切り替えるユーザー・インターフェースとして機能し、実際の信号処理はiRig UA内蔵DSPによって行われるので、入出力間の遅延は約2msに抑えられいるとのこと。
これでAndroid OS特有のレイテンシー問題に悩まされる必要は無くなりました!

DSP処理ではAndroidデバイスへの負荷も抑えられるため、Android 4.0以降が搭載され、ホストモード(OTG)に対応しているデバイスなら、Samsung、Sony、Motorola、LG、HTCからXiaomiまで、数多くのスマートフォン、タブレットにて使用可能です。

エフェクト、アンプのサウンドを生み出す、AmpliTube UA

iRig UA _08
iRig UAに入力されたギター、ベースの音は、ギター・エフェクト・アンプ・モデリング・アプリの代名詞となったAmpliTubeのサウンドでプロセスされた後、リアルタイムに出力されます。

iRig UAにあわせてリリースされるAmpliTube UAを使えば、3つのストンプ・エフェクトを並べ、アンプ、キャビネット、マイクのモデルを組み合わせることで、お好みのギター、ベース・トーンを生み出すことができます。AmpliTube UAでは、他のOSバージョンのAmpliTubeに先駆けて、アンプの後にストンプ・エフェクトを配置する仕様も実現しました。

最新のデバイスなら、インターフェースとしても利用可能

iRig UA _06
iRig UAに接続されたギター/ベースの音は、低ノイズなプリアンプ、24-bit、44.1/48kHz対応のADコンバータを通じてデジタル入力されるため、透明なサウンドをそのまま入力することができます。

Samsung GALAXY Note Edge、GALAXY S5などのSamsungプロフェッショナルオーディオ対応機器、USBクラス・コンプライアンスに対応したAndroid 5搭載機器なら、Samsung SoundcampなどDAWアプリのオーディオ・インターフェースとしても使用可能です。

伴奏入力用のAUX入力も装備

iRig UA _02
iRig UAには、楽器接続用のハイ・インピーダンス対応標準インプット、ボリューム調整可能なステレオ・ミニ・ヘッドフォン・アウト、付属のmicro-USB to OTGケーブルにてAndroidデバイスと接続する端子の他、ステレオ・ミニのAUX入力が装備されています。

AUX入力に伴奏トラックを入力すれば、楽曲にあわせてAmpliTube UAサウンドによってプロセスされたギター、ベースの演奏を楽しむことができるます。

これは、Androidユーザーの方が待ち望んでいた商品でしょう!新しいギター生活の幕開けです。

http://youtu.be/MIHPaDbGdv0

販売価格:オープンプライス(市場想定価格:(税抜)¥13,500 (税込 ¥14,580)前後)
国内発売時期:2015年初夏予定

新製品情報 最新記事

新製品情報

新製品情報タグ