ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

【インターフェース・レビュー】-Universal Audio- ギタリスト向けモデル ”ARROW” を試してみた ~Thunderbolt 3対応~

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

-Universal Audio-  ”ARROW” レビュー

その品質の高さから数々の賞を受賞しているUniversal Audio(ユニバーサルオーディオ)の新製品である、インターフェース”ARROW”をご紹介します。DSP 搭載、豊富なプラグインを付属している点など、ギタリストを中心に今熱い注目を浴びています。

Universal Audio(以下 UA)の中でも特に人気の "Apollo" シリーズの姉妹機として登場した本モデルは、 "Apollo" をご存知の方からすると6万円前後という価格を見れば「UAにしてはすごい手頃だな~」と感じると思います。しかし実際に使ってみないといまいちピンと来ないかもしれませんし、デジタル機器が苦手な方や楽器初心者の方にとっては「いったい何が行われているんだ!」という感じだと思います。

そういったことで今回は、初心者さん目線に立ち返って、インターフェースやその選び方をカンタンに振り返りつつ、魅力的な付属プラグインを使って録音することで、本モデルの実力を体感しようと思います。


インターフェース(IF)とは? / インターフェースの選びかた / ARROWの魅力はコレ! / UAD Plug-Insで試奏 & 録音してみた!


インターフェース(IF)とは?

■接続の仕方


マイクや楽器を入力して、USBケーブルなどを使ってMac/PCへ接続。インターフェースはいわば中継器としての働きがあります。

Mac/PCからスピーカーに直接繋ぎそうなものですが、ここはひとつ「全部インターフェースに繋ぐ」と覚えていただいて問題ありません。


MacやPCにはギターのシールドを差す端子がありません・・・。そりゃそうか・・・。先にご説明した通り、Mac/PCのUSB端子などを使用して、インターフェースを接続します。

TOPへもどる▲

■役割

もうひとつの大切な役割、それはUSBケーブルなどを使用して「アナログ信号→デジタル信号」「デジタル信号→アナログ信号」に変換すること。インターフェースに限らずこれを「A/D  D/A変換」など言います。

すこしかみ砕くと、ギター(アナログ)→IF(デジタル)→録音ソフト(デジタル)→スピーカー(アナログ)といった具合。厳密にいえばもっともっと細かいのですが、だいたいこんな感じなんです。

今回、付属しているUAD Plug-Insや、録音に使われるソフトでおなじみのsteinberg CUBASEなどをはじめとしたDAWソフトはデジタル製品です。こうした機器やソフトに対応するため、「A/D  D/A変換」は必ず使われるということになります。

また、他にももっと多機能なインターフェースがありますが、低価格から高額モデルまで同じくこの役割があるということになります。

TOPへもどる▲

インターフェースの選びかた


手頃な価格から、同じような見た目なのに10万以上もする高額モデルがあります。モデル数もかなり多く、何が良いのか迷ってしまうこともありますね。マイクや楽器がたくさん接続できるタイプもありますが、今回は”ARROW”と同様の入力端子が2個くらいのスタンダードなモノで考えてみます。

数値上のスペックを見てもイマイチピント来なかったりします・・・。そこで、宅録ギタリスト目線から見た「ストレスになりそうなポイント」を、超シンプルに2つに絞ってご説明していきます。

■①【レイテンシー(遅延)】


実は一番重要。価格が上がるにつれてレイテンシーが少ない傾向に。特にアンプシミュレーターなどのプラグインを使って録音をする際、遅延があることで演奏がしにくくなることがあります。レイテンシーがあると、楽器を弾いてから実際に音が出るまで時間がかかったりするんです。

具体的には、ハイゲインなアンプシミュレーターで歪ませて、ロック系などに多いミュート奏法で「ズクズクズク・・・」と弾いてみたとしましょう。この「ズクズクズク・・・」のピッキング一回ごとに音が0.1秒でも遅れると、演奏するにもかなり大変なんですよね。リズムキープも難しい・・・。

ギタセレ中の人も、なるべく安く済ませたい・・・という願望はありつつも、このレイテンシーの差によって、しっかりとしたモデルを選ぶ必要性を感じます。もちろん価格が高ければ良いというわけではありませんが、実際に価格差のあるものを比べてみると遅延の差が大きかったりします。

■②【音質】

これも価格によって差があります。しっかりしたモデルになると、解像度が高く劣化のない「そのままの音」に近いサウンドで録音できます。かといって手頃な価格のモデルが「悪い音」かというと、そういうことでもないのです。

インターフェースには「音を良くすること」はできませんが、劣化を防いで本来のサウンドを再現するという点では「シールド」とよく似ています。シールドも価格が上がるほどに本来出るべき良い音が出ますし、数百円のシールドを使うと少しくぐもったような音になります。しかし、数百円のシールドのサウンドを単体で聞いた時には、「悪い音」とは感じにくいもので、ここに楽器の音作りの奥深さを感じます。

音楽ジャンルや楽器にもよりますが、基本的には「音を劣化させないに越したことはない」が正解に近いでしょう。

TOPへもどる▲

ARROWの魅力はコレ!

■超低レイテンシー&高音質


レイテンシーも限りなくゼロに近く、音質もフルレンジかつ本来の自然なサウンドをそのまま表現。付属のプラグインも豊富で、ギタリストの音作りや録音のレベルを高めてくれます。さらに、Thunderbolt 3に対応していることで安定した信号伝達を実現し、バスパワー駆動も可能なのでアダプターを別途用意する必要もありません。

のちほど、レイテンシーと音質に注目しながら、録音して試してみますね。

【次のページで製品仕様や機器との互換性、マシンの必要スペックなどを掲載しています】

TOPへもどる▲

■特徴

  • クラス最高峰の音質を実現
  • 超低レイテンシー設計
  • Thunderbolt 3対応 & バスパワー駆動
  • クラス最高の A/D D/A コンバージョンを通じたレコーディング
  • DSPを用いることでMac/PCのCPUに負荷をかけずUADプラグインを使用可能
  • Neve®、API®、Marshall®、Fender® といったマイクプリアンプやギターアンプを再現する Unison™ テクノロジーを活用したニアゼロレイテンシーの録音
  • Teletronix® LA-2A や 1176 コンプレッサー、Pultec® EQ などを駆使したミキシング
  • 堅牢な金属製の筐体

■付属のUAD Plug-Ins



マイクプリアンプエミュレーターやギターアンプ・エミュレーターが付属。さらにハイクラスなコンプレッサー、イコライザーやチューブプリアンプなど、音作りやレコーディングに最適な機能を備えています。

これらのエミュレート元になっているオリジナル機は、名機といわれる人気モデルや今では手に入らないレアモデルなど、かなりゼイタクなラインナップ。宅録レベルを超えた、プロエンジニア・レベルのサウンドを手軽に手に入れることができてしまうんです。


名機と言われるマーシャルの各モデルやハイゲイン系のエングル、クリーン系のフェンダーなど、アンプも豊富。他にもディレイやリバーブ、モジュレーションも付属しているので、音作りはこれで完結してしまいます。

  • Universal Audio 610 B Preamp & EQ w/ Unison Technology
  • Marshall Plexi “LITE” Amp w/ Unison Technology* (Final Info TBD)
  • Softube Amp Room Half Stack Guitar Amplifier
  • Softube Bass Amp Room 8×10 Bass Amplifier
  • Universal Audio RAW Distortion Pedal w/ Unison Technology
  • Universal Audio 1176LN & 1176SE Legacy Compressor/Limiter
  • Teletronix LA-2A Legacy Limiter
  • Pultec EQP-1A Legacy Program Equalizer
  • Pultec Pro Legacy EQ Program & Mid Band Equalizer
  • Precision Channel Strip EQ/DYN
  • Precision Delay/Modulation (Regular/Long)
  • Precision Reflection/Room Engine
  • RealVerb Pro Space Modeling Engine

※付属の Realtime Analog Classics プラグイン以外のUADプラグインは、UAオンラインストアにてお買い求めいただけます。

TOPへもどる▲

■使いやすい”Console” ソフトウェア


”Console”はARROWを管理するソフト。インプットゲインやセンドなどのルーティング変更をはじめとした調整はもちろん、付属のUAD Plug-Insもこの”Console”から選択/調整が可能です。


オレンジの枠で囲まれている"UNISON"をクリックすると各アンプやエフェクトが出てきます。この中から好きなモデルを選んでいつでも高品質なサウンドを使用可能です。

さらに、マイク入力にUnisonプリアンププラグインをインサートするだけで、Arrowのインピーダンスとゲインステージが再構築され、一般のシミュレーターとは違う、いわば本物のサウンドを利用可能なんです。

■DSP(Digital Signal Processor)とは?


デジタル信号処理を行なう演算処理装置。一見難しそうですが、Mac/PCなどの心臓部である「CPU」とかなり近い存在です。DSPとCPUはそれぞれ扱うものの違いはありますが、人間でいうところの「脳」にあたります。

ARROWにもDSPが搭載されているので、Mac/PCのCPUを使用することなくARROW内でエフェクトやアンプシミュレーターを使用可能。Mac/PCのCPUへ負荷をかけることが無いので、結果的にレイテンシーの少ない状態で演奏・録音が可能になるんです。

もちろん、他のDAWソフトを録音のみに使って、ARROWでアンプシミュレーターをかけて録音するといったような、俗にいう「かけ録り」が可能です。

TOPへもどる▲

UAD Plug-Insで試奏 & 録音してみた!


まずは録音環境のご紹介。各アンプエミュレーターのモデルごとに、Cubase PRO 9.5を使用してバラ録りしています。Cubase側ではイコライザーやコンプなどを一切かけず、音量調整と音源の書き出しのみに使用しています。

まず”Console” ソフトウェアでアンプやエフェクトのモデルを選択/調整。あとは、Cubase側でARROWを認識させるだけでOKです。すごく簡単。

■MARSHALL PLEXI CLASSIC





クリーン~クランチは明るめで、マーシャル特有のジャリっとした質感が魅力。ゲインを上げていくと音の重心が下がって、すこしダークな印象になります。マーシャルのビンテージ機などの音を知っている方からすると、まさに本物と聞き間違うほどのクオリティ。シャリーンという鈴なり感が気持ち良いです。音の分離感もgood!

■MARSHALL SILVER JUBILEE 2555



往年のロックサウンドを支えてきたシルバージュビリーのサウンドをしっかり再現しています。荒々しくも表現豊かな歪みが魅力で、つい大振りなピッキングでガシャガシャ弾きたくなるような男らしいサウンドです。

もともとのオリジナル機は、電源を入れて1時間以上経ってから真空管が温まり切ることで最良のサウンドが出るともいわれていますが、このシミュレーターなら、最良サウンドをいつでも簡単に出せますね。素晴らしい。

■ENGL E646 VS



特にメタル系アーティストに絶大な信頼を得ている”ENGL E646 VS”。激しい歪みながらピッキングニュアンスによって「唸るように」音の質感が変わる表現力を持っています。前述にもあったレイテンシーの話ですが、遅延を全く感じることが無かったので、音源のような細かいミュート奏法でもしっかり付いてきてくれました。レイテンシーがある場合、このフレーズはなかなか弾けません・・・。素晴らしい。

■FENDER 55 TWEED DELUXE




フェンダーの「コツコツ」とした中音域をしっかり表現してくれています。ジャズ風の細かいパッセージにも一音一音しっかり追従できる反応の良さがありました。

トーンを12時くらいに設定したんですが高音域もしっかり出ていますね。適度な粘りのある音楽的なサウンドが魅力で、フェンダー好きにはたまらない音ですよね。

■KORG SDD-3000 モジュレーション・ディレイ



80年代に一世を風靡したラック型モジュレーション・ディレイ”KORG SDD-3000”。上記 ”FENDER 55 TWEED DELUXE”と組み合わせて録音しました。

程よいディレイの返りと圧倒的な空気感、妖艶なモジュレーションの質感が魅力。正直、ディレイを使う場合は毎回このモデルを使ってしまいそうです。気に入りました。

■AMS RMX15 リバーブ



70年代から登場したラック型リバーブシステム。上記 ”ENGL E646 VS” を組み合わせて録音しています。

リバーブの細かい調整が容易で、小さい部屋から大ホールをはじめ、様々な空間を演出してくれます。今回は広めのホールに、多めの跳ね返りが来るよう設定していますが、存在感がありつつも音の質感がギターを邪魔しないような器用さも持っています。これは使える・・・!

TOPへもどる▲

Universal Audio ”ARROW”


オープンプライス
販売価格:(税抜)¥58,000 (税込 ¥62,640)
JAN:4530027171231
発売中
この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

レビュー後記

いかがでしたか?レイテンシーもなく、かつUAD Plug-Insでアンプやエフェクターが実機さながらのサウンドクオリティで使える点が魅力です。Consoleソフトウェアも使いやすく、インターフェースやデジタル機器の初心者さんにもオススメできると思います。

最近では2~3万くらいの手頃な価格のマルチエフェクターやシミュレーターにもインターフェース機能が付いていたりするんです。がしかし、もっと良い音で録音したい場合は、この”ARROW”に任せてみると良いでしょう。

アンプなどのエミュレーターを切り替えるごとに、”ARROW”の内部設定が変わるというのもすごい技術ですよね。

最近では様々な動画共有サイトや音源視聴サイトの人気が高まっていることで、良い音に触れる機会が昔よりも増えていると思います。これによって、リスナーから楽曲に対して高いレベルの音質を求められているとも考えられます。この”ARROW”はそうした高い要求にもこたえられる高性能なインターフェースだと思いますよ。

【次のページで製品仕様や機器との互換性、マシンの必要スペックなどを掲載しています】

TOPへもどる▲

続きを読む: 1 2

ゲーム感覚でうまくなるギタートレーニングアプリ ギタトレ