ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

【マルチエフェクター・レビュー】MOOER “GE100” 「自宅練習の救世主!?」コード/スケール辞書 & ドラムマシン搭載モデル! ~国内当社独占販売~

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

こんなに多機能でいいのか!?
MOOER "GE100"にワクワクする・・・


コンパクト型のプリアンプ ”MicroPreampシリーズ”や 高品位なプロファイリング・マルチエフェクター ”GE200” など、数々の人気ヒット作を製作する MOOER。今回ご紹介するのは、国内で島村楽器だけの独占販売モデルである、マルチエフェクター ”GE100”です。

パっと見ただけでも「ここまで詰め込むか!?」と言いたくなる豊富な機能、手に取りやすい価格、コンパクトサイズ、などなど・・・これは試さないわけにはいきません!さっそくですが、そんな気になるモデルの特徴や魅力を見ていきましょう。


△こちらのマルチエフェクター図鑑で、他のモデルと比較しています。

【特徴・魅力】
23のドライブサウンドと7つのアンプシミュレーター
66のエフェクトタイプ
コード/スケール 辞書機能
40のドラム+10のメトロノーム
最大180秒のフレーズルーパー

マルチエフェクターとしての豊富なサウンドバリエーション、初級~上級者まで使える辞書機能、自宅練習やジャムセッションに重宝するリズム機能やフレーズルーパー(録音)まで搭載!小型マルチの中では特に多機能ですね。

【筐体観察 & 使い方】
コンパクトなサイズ
リアパネル
エクスプレッションペダル
MODE ノブの使い方
VALUE ノブの使い方
ファンクションスイッチの役割
フットスイッチの役割
ラインアウトor アンプ接続の設定方法

サイズや筐体の観察、そして各種ノブやスイッチの使い方をご紹介。これを見ればもう"GE100"をすぐに使いこなせるでしょう。気になるサウンドは「試してみた!」で聞けますよ~

TOPへもどる▲

特徴・魅力

■23のドライブサウンドと7つのアンプシミュレーター


歪み×23 アンプシミュレーター×7種類を搭載。クリーンからクランチ、ブースター系からオーバードライブ、そしてディストーションからメタルサウンドまで豊富に入っています。基本的な音作りで困ることは無さそうですね。

TOPへもどる▲

■66のエフェクトタイプ
最大8エフェクトまで同時使用可能


エフェクトタイプ×66種類を搭載。フィルター系や空間系、モジュレーションなどの幅広いカテゴリーからお好きな音を選ぶことができます。前述のアンプや歪みと組み合わせることで、幅広い音作りが可能です。

TOPへもどる▲

■コード/スケール 辞書機能


【コード辞書】C,G,A,Fなどの基本コードはもちろん、ADD9やSUS4などのMODE選択も可能。これなら楽譜にわからないコードが出たときにも安心ですし、曲作りにも活かせると思います。

【スケール辞書】メジャー・マイナーペンタトニック,ハーモニックマイナー,ドリアン,リディアン,ミクソリディアンなど豊富に搭載。スケール練習やジャムセッションの際にも重宝しますね。

TOPへもどる▲

■40のドラム+10のメトロノーム


ドラム×40種類搭載。基本的な8ビートや16ビートのいろんなパターンはもちろん・・・

TOPへもどる▲


ジャンルごとに分けられたドラムパターンも豊富です。自宅練習や曲作りにも大活躍です。

TOPへもどる▲


メトロノーム×10種類搭載。2/4, 3/4, 4/4をはじめ、6/8, 9/8などにも対応しています。

TOPへもどる▲

■最長180秒のフレーズルーパー


最大で180秒もフレーズを録音できるルーパー機能を搭載。曲作りや一人ジャムセッション、練習などでかなり使う機能ですので、180秒というのはかなり嬉しいですね。

TOPへもどる▲

筐体観察 & 使い方

■コンパクトなサイズ


業界屈指の極小サイズで有名な、同メーカーの”MicroPreampシリーズ”を定規代わりに。縦は約1.5MOOER(?)、横は約2.5MOOER(?)といったところですね。かなりコンパクトに設計されています。

TOPへもどる▲

■リアパネル


ギターに接続するINPUT端子と、ヘッドホンやアンプなどに接続するOUTPUT端子を搭載。スマホやオーディオ機器と接続することで音楽再生も可能な、AUX IN端子も搭載しています。

TOPへもどる▲

■エクスプレッションペダル


ボリュームペダル、ワウ、ピッチシフターなどで使用するエクスプレッションペダルを搭載。踏み心地は結構軽めでストレスは無さそうですね。

TOPへもどる▲

■MODE ノブの使い方


MODEノブを回すことで、エフェクトや機能などの各カテゴリーを選択。強調して光っている"FX"がいま選ばれているカテゴリーです。ちなみに”FX”はフィルター系やコンプレッサーが入っています。

TOPへもどる▲

■VALUE ノブの使い方


右上のVALUEノブは押す or 回す動作で使用。回すことで各パラメータを加減することができます。試しに、アンプシミュレーター選択中に一回押してみます・・・


すると、赤い矢印で示した黒く暗転している部分が動きました。この黒強調されている部分が、VALUEノブを回すことでパラメーターを上下できます。

TOPへもどる▲

■ファンクションスイッチの役割

SAVE:音色の保存
PEDAL:ワウやボリュームペダルの設定
RHYTHM:ドラム&メトロノーム再生
LESSON:コード & スケール辞書起動
TAP:エフェクトのタップテンポ(テンポの同期)
LOOP:ルーパーの起動

これも、使いたい機能が一見して分かるようになっているので、かなり使いやすいです。

TOPへもどる▲

■フットスイッチの役割


音色の変更やON/OFF、ルーパーの再生・録音に使用。フットスイッチの同時押しでチューナーも使用可能です。

TOPへもどる▲

■超重要!
ラインアウトor アンプ接続の設定方法


”SY”をMODEノブを使って選択して・・・


SYSTEM SETTINGに入ります。OUTPUTの項目で、LINE OUT(ヘッドホン& PA機器)かTO AMP(ギターアンプ)を選ぶことができます。

今回はラインアウトで録音するので、ここではLINE OUTに設定。この設定を間違えると音がかなり変わってしまって、GE100のポテンシャルを最大限活かせないので注意しましょう。

TOPへもどる▲

弾いてみた!
内蔵のドラムマシンとエフェクトだけで録音!

クリーン~クランチやディストーションまで、結構実用的なサウンド。モジュレーションはツヤっぽさもあって、良い雰囲気のサウンドに仕上がってます。

リバーブやディレイはしっかり空間の広さを感じることができ、存在感があってアンサンブルの中でも抜けてくれるサウンド。豊富な機能を搭載しつつ、ここまで実用的なサウンドに仕上がっているので、かなり使いやすいと思います。

今回はラインアウトで録音したので、ヘッドホンを使えば動画と同じサウンドを楽しめますよ~!もちろんギターアンプでも合います!

TOPへもどる▲

MOOER "GE100"


オープンプライス
販売価格:(税抜)¥12,000 (税込 ¥12,960)
JAN:4562459882010
発売中
この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

■スペック

  • エフェクトモジュール:8(同時使用数:最大8)
  • エフェクトタイプ:66
  • プリセットパッチメモリー:80
  • ユーザープリセット:80
  • インプット:1/4インチモノラルオーディオジャック
  • アウトプット:1/4インチステレオオーディオジャック(ライン/ヘッドフォンアウト対応)
  • 電源:レギュレートされたセンターマイナスDC9Vアダプター、またはアルカリ単3電池4本
  • サイズ:140mm(D)×230mm(W)×60mm(H)
  • 重量:730g
  • 種類:マルチエフェクター
  • アダプター:9Vセンターマイナス
  • 電池駆動:単3電池×4
  • コントロール:MODE、VALUE、SAVERS、PEDAL、RHYTHM、LESSON、TAP、LOOP、↑、↓

TOPへもどる▲

まとめ
自宅練習に超おすすめ


コード/スケール辞書やドラムマシン・メトロノーム機能が付いていて、かつそれらと豊富な音色とを使って無限に遊べる!というのがポイント。自宅練習に最適だと思います。もちろん、ルーパーとコード辞書を使って曲作りしたり、ライブなどの第一線で使うこともできますね。

コレ一台あればかなり便利ではないでしょうか?ぜひ島村楽器各店で実際にお試しいただきたいです!

TOPへもどる▲