ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

【オーバードライブ・レビュー】Ibanez 次世代の真空管 ”Nutube”を搭載した”NTS” NU TUBE SCREAMERを試してみた!

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

Ibanez ”NTS” NU TUBES CREAMER

Ibanezの「チューブスクリーマー」といえば、一度は目にしたことがある方も多いと思います。また、ある程度経験のあるプレイヤーにとっては、そのサウンドは耳馴染みがありますし、他メーカーでもたくさん出ている「TS系ペダル」と聞けば「あ~!あんな感じの音ね!」と想像がつく方もいらっしゃいると思います。実際に、チューブスクリーマーはアンプやエフェクターのブースターとしてたくさんのプレイヤーに使用されている定番モデルで、それだけ浸透しているということです。

今回ご紹介するのは、そんな定番と言えるモデルに、次世代の真空管「Nutube(ニューチューブ)」を搭載したモデル ”NTS” NU TUBES CREAMER。Nutubeの特徴に触れながら、本モデルを試していこうと思います。

【”NTS” 新製品記事はコチラ】

特徴

次世代の真空管「Nutube(ニューチューブ)」


Nutubeは、従来の真空管と同様のアノード・グリッド・カソード/フィラメント構造を持つ、KORGとノリタケ伊勢電子の共同開発で生まれた次世代の真空管。完全な三極真空管として動作しつつ、消費電力は従来の真空管と比べたったの2%、容積も30%以下のコンパクト化、長時間の使用にも耐える耐久性も実現しました。真空管のメリットを受けつつ、従来品のデメリットを一切無くした全く新しい真空管です。

  • 小さな形状にすることにより、大幅な省電力化に成功し、従来真空管の2%以下の電力で動作するため、電池動作も容易
  • 容積比で従来の真空管に対し30%以下
  • リアル真空管サウンド
  • 3極管構造を有し、真空管独特の心地良いサウンドと優れたリニア特性を実現
  • 高信頼度、長寿命
  • 日本製、連続期待寿命 30,000時間

”NTS” サウンド


従来のTube Screamerでは、オーバードライブの作成とクリーン・サウンドとのミックスを「4558」という一つのオペアンプで担っていました。今回のNTSでは、フル・チューブを搭載したプリアンプのように、オーバードライブ・サウンドを真空管(=Nutube)で作り、そのあとに歪みとクリーンをミックスして出力する方法を採用。これによって、真空管特有の自然なコンプレッション感と、芳醇なオーバードライブ、そしてピッキングニュアンスに追従する高い表現力を実現しています。

歪み⇔クリーンの音量バランス調整が可能
MIXコントロール・ノブ


左下のMIXコントロール・ノブ(黒)によって、歪みとクリーンの音量バランスを調整可能。12時のポジションで従来のTube Screamerとほぼ同等、左一杯(CL)でクリーンのみ、右一杯(OD)ではオーバードライブのみ出力することができます。これにより、サウンドの質感も柔軟に調整でき、幅広いプレイスタイルやジャンル、楽曲などにもマッチする設計になっています。

Nutubeを最大限活かすなら18V駆動!


電源は基本的に18V駆動ですが、9VでもOK。Nutubeのポテンシャルを最大限活かすとしたら、18V駆動が良いでしょう。ボディ右側にはインプットと電源端子、左側にアウトプット端子を搭載。このあたりはいたってシンプル設計ですね。

試してみた

試奏動画

今回は、マーシャル DSL5Cのブースターとして使用。マーシャルはEQをフラットに、GAINもちょうど12時くらいのかなり素直なサウンドにしています。ピッキングの強弱で歪みが変わるくらいの、軽めのトーンです。

NTSはすべてのノブをほぼフラットな状態にセッティング。動画のソロプレイのタイミングでブーストしたんですが、非常に分厚いサウンドになります。サスティーンも良くなって、中音域~高音域のヌケも最高。アンプやエフェクターがローゲインでも、NTSだけでかなりゲインを持ち上げられると思います。

ゲインのブースト量、音の質感、ピッキングニュアンスなど、それら全てが素晴らしい出来ですね。さすが次世代の真空管といった感じです。

使い方考察
デジタル機器にもオススメ!?


試奏動画と同じように、チューブアンプやアナログエフェクターのブースターとしての使用はもちろん、図のようにマルチなどのデジタルエフェクターとトランジスタ・アンプとの組み合わせもGOOD。これであれば、デジタルの音色の幅広さやその恩恵を受けつつ、真空管サウンドへ変化させることができます。

Ibanez ”NTS” NU TUBES CREAMER


メーカー希望小売価格:(税抜)¥32,000 (税込 ¥34,560)
販売価格:(税抜)¥25,600 (税込 ¥27,648)
JAN:4549763061768
発売中

■スペック

  • Controls: Drive, Tone, Level, Mix
  • Size: 71(W) x 124(D) x 53(H)(mm)
  • Power Supply: DC9-18V (Negative Center) or one 006P 9V battery
  • Current Draw: 50mA@9V, 60mA@18V
  • Development collaboration with KORG Nutube
  • 100% Analog circuitry
  • Relay True Bypass Switch
  • Made in Japan

感想


まず思ったことは、ブースターとしてかなり使いやすいモデルであるということ。ゲインやレベルの幅も結構広くて、アンプやエフェクターがどんな音量やゲインの量でも、好きなサウンドに変化させることができます。

あと、NTSを触る前は「ブースターならトランジスタのペダルの方が使いやすいのでは?」と正直思ってましたが、次世代の真空管 ”Nutube” が結構効いてきてるんでしょうか・・・かなり使いやすかったです。従来の真空管のような、音の輪郭がちょっとボヤける感じも無く(それはそれで良いのですが)、気持ちよくヌケてきてくれます。レンジも広いので、トランジスタの音域の広さと、真空管の肉厚サウンドがミックスされている感じです。

もちろん、ブースターだけでなく単体のオーバードライブとしても使用可能。充分、メインの歪みペダルとしても活躍してくれると思います。

非常に良いモデルです。ぜひ各店で実際にお試しいただきたいですね。