ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

【HOTLINE2013】エリアファイナル・出場者機材レポート ~北関東・埼玉エリア@HEAVEN’S ROCK さいたま新都心~

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

s-kitakanto-saitama_bn

完全ライブにこだわった、島村楽器主催のコンテスト『HOTLINE2013』。
今年も各地区でエリアファイナルが開催されました!
(HOTLINEについての詳しい情報はHOTLINE2013公式ページをご覧ください。)

全国各地の島村楽器店舗から応募、ショップオーディションを勝ち抜いてエリアファイナルに出場した方々の機材を取材し、今人気のある機種、はたまた出場者の所有するレアな機材をみなさんと一緒にチェックしていきます!

今回は北関東・埼玉ファイナル。
栃木、埼玉、茨城の店舗から出場するつわもの達が集うファイナルです。

北関東・埼玉エリアファイナル

北関東・埼玉ファイナルの舞台はHEAVEN'S ROCK さいたま新都心
埼玉でも有数のライブハウス。

saitama-repo01
プロ・アマ問わず全国ツアーの拠点になるライブハウスで、宇都宮、熊谷にも同様に展開を行っている老舗です。
北関東・埼玉ファイナルの細かい模様はHOTLINE2013公式ページで公開してますよ~
このレポートでは機材について掘り下げていきますので、同公式ページの動画とあわせてチェックしてくださいませ♪

1.polly

Entry From 宇都宮パルコ店
saitama-polly
キャッチーなメロディがとっても印象的なpolly。
そんなキャッチーな曲の中で存在感を遺憾なく発揮するギターサウンドが魅力ですね。
ぶっとい音はそのこだわりの機材からも生まれてきますよね!

■Vocal & Guitar 越雲龍馬's GEAR

  • Electric Guitar:MOMOSE “MJM1-STD/NJ”

saitama-DSC02341

saitama-DSC02305saitama-DSC02324

  • Amplifier:VOX “AC30/6 TB”
  • Effector:XOTIC “RC Booster”
  • Effector:REQTIQUE “Maestoso”
  • Effector:T-REX “Mudhoney”
  • Effector:PROVIDENCE “Sonic Drive”
  • Effector:MXR “Carbon Copy Analog Delay”
  • Effector:BOSS “Delay DM-2”
  • Effector:LINE6 “DL4”
  • Power Supply:CAJ “AC/DC Station2
  • Power Supply:MAXON “PD-01”
  • Shield Cable:BELDEN “9395”
  • Strings:D'ADDARIO “EXL110 10-46”

saitama-DSC02317

THE NOVEMBERSのYusuke Kobayashi氏に影響を受けてジャズマスにしたという越雲氏。
歪と共に3種類のディレイをセッティングしてサウンドをクリエイトしていました。

■Guitar 飯村悠介's GEAR

  • Electric Guitar:LSL INSTRUMENT “55 Whitegurad”

saitama-DSC02322

saitama-DSC02308saitama-DSC02325

  • Amplifier:FENDER “Hot Rod Deluxe Ⅲ”
  • Switcher:PROVIDENCE “PEC-04”
  • Effector:XOTIC “RC Booster”
  • Effector:XOTIC “EP Booster”
  • Effector:LINE6 “DL4”
  • Effector:MAD PROFESSOR “Royal Blue Overdrive”
  • Effector:MAD PROFESSOR “Little Green Wonder”
  • Effector:ELECTRO-HARMONIX “Little Big Muff”
  • Power Supply:NOAH'S ARK “AC/DC-1”
  • Tuner:KORG “pitchblack white”
  • Shield Cable:OYAIDE “QAC-202 G”
  • Strings:LA BELLA “EL-LW 10-46”

saitama-DSC02303

「一度弾いたらやられちゃってw」と入手の際は一発KOだったLSL Instrumentのテレキャス・モデルをProvidenceのPEC-04システムからFender アンプに送る飯村氏。
ソロでのディレイタイムが気持ちよかった!

■Bass 刀川翼's GEAR

  • Electric Bass:MOMOSE “MJB1-STD/NJ Thermo Wood Neck”

saitama-DSC02328

saitama-DSC02314

  • Tuner:BOSS “Chromatic Tuner TU-3”
  • Pre-Amp:MXR “bass d.i.”
  • Effector:BBE “Sonic Stomp”
  • Effector:ELECTRO-HARMONIX “Bass Big Muff”
  • Power Supply:NOAH'S ARK “AC/DC-1”
  • Shield Cable:HISTORY “HPS-5R/SS”
  • Strings:D'ADDARIO “EXL165 45-105”

saitama-DSC02318

今話題のサーモウッド・ネックを使用したMOMOSEのジャズベ。
刀川氏がこのベースを入手した頃は、飯村氏もMOMOSEのギターを使用したMOMOSE・バンドだったそう。
マキシマイザーをボードに組み込むあたり、ニクいです。

■Drums 高岩栄紀's GEAR

  • Snare Drums:PEARL “SS1455”
  • Pedal:DW “5000 Series”

saitama-DSC02316

定番モノをセレクトしたという高岩氏。
バンドのPOPな世界観を崩さない、ライトなサウンドがハマっていました。

polly ホームページ

2.I Belive in Hope

Entry From 水戸マイム店
saitama-I Belive in Hope

重っ!!
そんな言葉が思わず口をついて出てしまうほどヘヴィなバンドです。
バンド名からサウンドを想像しているといい意味、裏切られます。

■Guitar Yo-skE's GEAR

  • Electric Guitar:IBANEZ “RG8527Z”

saitama-DSC02288

saitama-DSC02276saitama-DSC02263

  • Amplifier:MESA/BOOGIE “Dual Rectifier”
  • Amplifier:KRANK “Revolution-1”
  • Effector:TC ELECTRONIC “Nova System”
  • Shield Cable:MONSTER CABLE “Monster Rock”
  • Strings:ELIXIR “10-56”

saitama-DSC02274

2台のアンプをクリーン/クランチ用(MESA/BOOGIE)、歪み用(KRANK)と使い分け、さらにNova Systemで空間演出。
ギターは7弦J・Customでぶっといサウンド。
シンプルながらも音質劣化を最小限に抑える、考えられたシステムですね!

■Guitar Mick's GEAR

  • Electric Guitar:IBANEZ “RG-7620”

saitama-DSC02289

saitama-DSC02285

  • Amplifier:MESA/BOOGIE “Dual Rectifier”
  • Effector:LINE6 “POD X3 Pro”
  • Tuner:BOSS “Chromatic Tuner TU-2”
  • Shield Cable:MONSTER CABLE “Monster Rock”
  • Shield Cable:CAJ “Guitar Cable”
  • Strings:ERNIE BALL “#2215 Slinky Top Heavy Bottom 10-56”

saitama-DSC02272

saitama-DSC02279

Mick氏も7弦使い。
アンプもMESAでかなりヘヴィ。
LINE6のPOD X3 Proはアンプシミュレーターとしてではなく、エフェクターとして使用していました。

■Bass To4@ki's GEAR

  • Electric Bass:LAKELAND “55-94 Standard”

saitama-DSC02343

  • Shield Cable:HISTORY “Elite Bass”
  • Strings:D'ADDARIO “EXL230 55-110”

4弦⇆5弦の持ち替え時に引き心地の違和感を減らすべく、弦間隔が広めのものをチョイスした」というTo4@ki氏。
バンド全体の激しさをしっかり支えていました。

■Drums TSURU's GEAR

  • Snare Drum:YAMAHA

saitama-DSC02282

  • China Cymbal:SABIAN

saitama-DSC02273

  • Splash Cymbal:ZILDJAN

saitama-DSC02268

  • Peadals:YAMAHA Twin Pedals

saitama-DSC02269

  • Player:APPLE iPhone

saitama-DSC02283

同期演奏で使用していたiPhone。今やライブのオケ・プレイヤーとして使う時代ですね。
ちなみに同期のメロディはCubaseで作成したものを再生していました。

■Vocal show-go's GEAR

持ち込み機材はありませんでした。

■Vocal ryo's GEAR

持ち込み機材はありませんでした。

3.opuchi misin

Entry From 宇都宮パルコ店
saitama-opuchi misin

「Violin弾き語り」という、目新しいスタイルを見せてくれたopuchi misin。
3人兄妹だからこそ生まれるハーモニーがすばらしい!
池袋駅東口でストリートライブを行っているそうですよ。

■Vocal & Violin 岩出なつみ's GEAR

  • Violin:Allredus Del Lungo Floren Linus

saitama-DSC02093

  • 肩当:KUN “KUN”
  • Pickup:HEADWAY “The Band”
  • Shield Cable:GEORGE L'S “Red”

saitama-DSC02094

  • Microphone:SHURE “SM58LCE”

saitama-DSC02102

オールド・フレンチのViolinを使用するなつみ氏。
ピックアップは、いろいろ買っては試して、最終的に行き着いたHEADWAY製。(※長野県のHEADWAYとは別の海外メーカー)

■Vocal 岩出準's GEAR

  • Microphone:SHURE “SM58LCE”

saitama-DSC02101

Vocal担当でシェイカーを振りながらハーモニーを生み出す準氏のマイクは王道の「58」。

■Vocal & Guitar 岩出陵's GEAR

  • Acoustic Guitar:GIBSON “Gospel”

saitama-DSC02107

saitama-DSC02096

  • D.I.:L.R.BAGGS “Para Acoustic DI”
  • Shield Cable:CANARE
  • Strings:MARTIN “MSP4100 12-54”

saitama-DSC02098

  • Microphone:SHURE “SM58LCE”

saitama-DSC02101

なんとも珍しい、GIBSONの「Gospel」を使用。
楽器店で見かけて、即決断されたそうです。

opuchi misin ホームページ

4.市太朗

Entry From イオンレイクタウン店
saitama-市太朗

「ピアノ弾き語り」というスタイルで会場を市太朗ワールドに引き込んでいました。
切ないような、悲しいような、しっとりとした曲を支えるピアノとは?

■Vocal & Keyboard 市太朗's GEAR

  • Electric Piano:CASIO “PX-350”

saitama-DSC02126

saitama-DSC02123

「本体重量が軽い」「グランドピアノに近いタッチ」「音色きれい」がセレクトのポイントとなったCASIO PX-350。
「グランドピアノに近い鍵盤を選んでいったら、重すぎる鍵盤は違った」との事です。

市太郎 ホームページ

5.空音(スクール部門)

Entry From 宇都宮パルコ店
saitama-空音

若さ弾ける「空音」!
ルーツを感じさせる楽曲と、彼女たちの個性がうまくマッチしてカッコよかった!
実は高校生らしからぬ機材もちらほら...

■Guitar 小生方理夏's GEAR

  • Electric Guitar:FENDER “American Standard Strat”

saitama-DSC02144

saitama-DSC02132

  • Effector:XOTIC “EP Booster”
  • Effector:BOSS “Blues Driver BD-2”
  • Effector:BOSS “Super Chorus CH-1”
  • Strings:ERNIE BALL “#2221 Regular Slinky”

saitama-DSC02137

最初は「黄緑色のギター」探していたという小生方氏。
ところが、「キャンディコーラ」という色の名前がかわいくて、一瞬でとりこになったそうです。
いい意味で高校生らしくない機材セレクトもGood!

■Bass 華野真紅's GEAR

  • Electric Bass:FENDER JAPAN “STD JB”

saitama-DSC02146

saitama-DSC02131

  • Effector:BOSS “Limiter Enhancer LMB-3”
  • Strings:ERNIE BALL “#2832 Regular Slinky”

saitama-DSC02135

お父さんの会社の後輩さんから受け継いだベースです。
ピックガードのワンポイント・ステッカーが女の子らしいアレンジですね。
しっかりリミッターを入れているところがニクイです。

■Keyboard 豊田美寿季's GEAR

  • Synthesizer:ROLAND “AX-Synth”

saitama-DSC02140

やはりキーボーディストもフロントマンでありたいですね。
使用機材はAX-Synth。
ライブバーのマスターに「コレ使ってみな」ってことで借りているそうです。
粋なマスターですね!

■Drums 植木麻衣's GEAR

持ち込み機材はありませんでした。

空音 ホームページ

6.皓基

Entry From 新所沢パルコ店
saitama-皓基

アコギ一本でファンキーなナンバーが素敵な皓基氏。
歌声とギターのサウンドがマッチして、とっても心地よかったです!

■Vocal & Guitar 皓基's GEAR

  • Acoustic Guitar:HISTORY “NT-301”
  • Shield Cable:HISTORY “HPS-5W/SS”
  • Strings:D'ADDARIO “EJ-16(12-53)”

saitama-DSC02157

Historyエレアコは、プリアンプを積んでいないのでとても素直な音色が魅力です。
「新所沢店、伊藤店長が裏から出してきてくれた」「5弦6弦のトレブリーな感じが特に良くて、決めました」と語ってくれました。

7.クランケスター

Entry From ボックスヒル取手店
saitama-クランケスター

エリアファイナルエントリー、出場、そしてエリアファイナル・グランプリと3年間ステップアップしてきて見事ジャパン・ファイナルへ進出するクランケスター。
POPな曲やパフォーマンスに目が行くのは当然ですが、実は機材もかなりのこだわりようです。

■Vocal & Bass 泉直樹's GEAR

  • Electric Bass:HISTORY “SH-BJ4/R”
  • Shield Cable:HISTORY “HPS-5W/SS”

saitama-DSC02163

「音の輪郭がハッキリしていて、好みにバッチリ合った」というHistory。
弾きやすさも、ベース&ボーカルというパートでは重要なポイントですね!

■Guitar & Chorus 天野太広's GEAR

  • Electric Guitar:FENDER “Tele-bration!Lamboo Telecaster”

saitama-DSC02165

  • Switcher:ONE CONTROL “Croccodile Tail Loop”
  • Effector:MAD PROFESSOR “Little Green Wonder”
  • Effector:MAD PROFESSOR “Sweet Honey Overdrive”
  • Effector:MAD PROFESSOR“Deep Blue Delay”
  • Effector:XOTIC “BB Preamp”
  • Effector:STRYMON “blueSky Reverberator”
  • Effector:MXR “carbon copy analog delay”
  • Power Supply:MAXON “PS-2”
  • Tuner:KORG “DT-7”
  • Shield Cable:HISTORY “HPS-5W/SS”
  • Strings:D'ADDARIO “EXL120(09-42)”

saitama-DSC02161

レアですね、「竹TOPギター」。
10年ほど前に発売されていたYAMAHAの竹製アコギから、「エレキで出たらいいな~」と思っていたところにFENDERから60周年モデルとして発売されたので...と思い入れを語ってくれました。
こだわりのエフェクト・システムは取手店スタッフ・市塚プロデュースのボードです。

■Drums 鈴木邦彦's GEAR

  • Snare Drums:TRUST “CUSTOM4-BR1455”

saitama-DSC02155

  • Coebell:PEARL

saitama-DSC02153

  • Pedal:TAMA “Speed Cobra”

saitama-DSC02154

「足がでかいから、このペダルはプレートがでかくていい」と語ってくれた鈴木氏。
TRUSTスネアのサウンドが際立ってナイス・サウンドでした!

クランケスター ホームページ

8.John Doe Tokyo

Entry From イオンレイクタウン店
saitama-John Doe Tokyo

ブリティッシュな香りを漂わせる、個性が光るバンドです。
それぞれのスタンスをしっかり持って一つの楽曲を作り、John Doe Tokyoワールドを展開しています。

■Vocal & Keyboard 武藤嶺's GEAR

  • Stage Piano:ROLAND “RD-700SX”

saitama-DSC02297

元々ピアノを演っていたという武藤氏。
鍵盤の重さとストリングス、ブラスの音がサイコーとの事です。
スタンディングでのピアノ弾き語りという珍しいスタイルながら、バッチリ世界観を作っていました。

■Guitar 南じん's GEAR

  • Electric Guitar:MUSIC MAN “Axis”

saitama-DSC02345

  • Tuner:KORG “DT-10”
  • Effector:MODTONE “Fuzzer”
  • Effector:MARSHALL “GV2 Guv'nor Plus”
  • Effector:MXR “Phase 90”
  • Effector:BEHRINGER “Vintage Delay VD400”
  • Power Supply:CAJ “AC/DC Station2”
  • Shield Cable:PROVIDENCE
  • Strings:D'ADDARIO “EXL110 10-46”

saitama-DSC02344

ストレートなロックながらテクニカルなリフも絡める南氏のギアはAxis。
非対称ネックが演奏性向上に一役買っていますよね。
VAN HALENが好きだったことでセレクトしたギターだそう。

■Bass 小脇亮太's GEAR

  • Electric Bass:ATLIER Z “Beta4”

saitama-DSC02292

  • Tuner:KORG “DT-10RWK”
  • TECH21 SANSAMP:Bass Driver DI
  • Power Supply:CAJ “AC/DC Station3”
  • Shield Cable:BELDEN “8412”
  • Strings:ERNIE BALL “#2834 SUPER SLINKY 45-100”

saitama-DSC02293

ゴリゴリなベースサウンドが特徴の小脇氏はアトリエ。
Beta4を元にオーダーして手に入れたとのこと。
シンプルなセッティングでアトリエらしい音でした。

■Drums かまたあきら's GEAR

持ち込み機材はありませんでした。

John Doe Tokyo ホームページ

9.Ferrill

Entry From 水戸マイム店
saitama-Ferrill

POPでキャッチーな楽曲なのに、アレンジは激重なFerrill。
ギター、ベース全弦一音下げが重厚な音の壁になっていました。
全員のタイム感がしっかり合っていることも一因ですね!

■Vocal & Guitar 岸京平's GEAR

  • Electric Guitar:GIBSON “Les Paul Standard”

saitama-DSC02202

  • Tuner:KORG “pitchblack”
  • Effector:BOSS “Phase Shifter PH-3”
  • Pre-Amp:BLACKSTAR “HT-DUAL”
  • Power Supply:MAXON “PD-01”
  • Shield Cable:OYAIDE “Force 77”
  • Strings:DR “Tite-Fit 11-50”

saitama-DSC02200

しっかり低音が出てくれるというLes Paul。
バッチリ存在感を放っていました。

■Guitar 砂川優's GEAR

  • Electric Guitar:SCHECTER “C-1 Custom”

saitama-DSC02206

  • Tuner:KORG “pitchblack”
  • Effector:BOSS “Over Drive OD-3”
  • Effector:TC ELECTRONIC “Nova Delay”
  • Power Supply:MAXON “P02”
  • Shield Cable:CAJ “Guitar Cable”
  • Strings:DR “Tite-Fit 11-50”

saitama-DSC02190

「エモ/スクリーモが好きなので、その影響で音圧の出るものが欲しくて」と砂川氏。
岸氏同様DRの極太弦を全弦1音下げでセッティング。
歪+ディレイというシンプルさが際立つフレージングでした。

■Bass & Vocal 上田さおり's GEAR

  • Electric Bass:FENDER “'80 Jazz Bass”

saitama-DSC02192

  • Tuner:KORG “pitchblack”
  • Pre-Amp:MXR “bass d.i.”
  • Shield Cable:PROVIDENCE
  • Strings:ERNIE BALL “#2831 Power Slinky”

saitama-DSC02193

「FENDERらしい、いろんなジャンルに対応できるところが好き」と上田氏。
ブラック・スクエア・ポジションマークのジャズベは中々お目にかかれません。

■Drums 樋口拓翔's GEAR

  • Snare Drum:PEARL “UltraCast”
  • Snare Head:REMO “Coated Emperror”

saitama-DSC02196

  • Pedal:TAMA “HP900 Twin Pedals”

saitama-DSC02197

「ハイがカンカン鳴る感じだけどローもでる」とUlra Castの魅力を語ってくれた樋口氏。
ギター、ベースの重低音をタイトなリズムでまとめるべく、操作性の良いIRON COBRAを選択しているのもうなずけます。

10.velvet flame BRILLIANCY

Entry From 宇都宮パルコ店
saitama-velvet flame BRILLIANCY

 

会場に詰め掛けたファンだけでなく、全体を盛り上げたvelvet flame BRILLIANCY。
自分たちのスタイルをしっかり持っている、ライブ慣れしたバンドですね。
激しいだけではない、表情豊かな曲を作り上げる機材とは?

■Vocal 松本武's GEAR

  • Microphone:SHURE “Beta87A”
  • Microphone Cable:CANARE

saitama-DSC02236

囁くような歌声から、一気に上り詰めるようなシャウトまで、表現力豊かなVocalを支えるのはBeta87A。
激しいアクションでもトラブルが発生しないよう、しっかりテープで固定され、一見SHUREとは思えないルックス。

■Guitar 桜井賢一's GEAR

  • Electric Guitar:WASHBURN “N4E ANM”

saitama-DSC02247

  • Amplifier:DIEZEL “VH-4”

saitama-DSC02218

  • MIDI Pedal:YAMAHA “MFC06”

saitama-DSC02216

  • Tuner:KORG “pitchblack+ red PB2”
  • Power Supply:ONE CONTROL “Distro”
  • Power Supply:FURMAN “SS-6B”
  • Wireless System:LINE6 “Relay G50”
  • Shield Cable:ZAOLLA
  • Strings:DEAN MARKLEY “09-46”

saitama-DSC02229

「RIZEのジェシーさんが使っていたから」との事でセレクトしたWASHBURNヌーノモデル。
やはり激しい曲にマッチしますよね、N4!
ボディの軽さも、激しいアクションに有効です。

■Guitar 大川純's GEAR

  • Electric Guitar:KILLER “KG-FASCIST”

saitama-DSC02242

  • Effector:ZOOM “G5”
  • Shield Cable :CAJ “Guitar Cable”
  • Strings:VOSTOK “#9710 10-46”

saitama-DSC02227

「昔から高崎晃さんが好き」という大川氏がセレクトしたのはもちろんKiller。
「1台で完結できる」というZOOM “G5”と組み合わせてハードな音を生み、見事ベストギタリスト賞に輝きました。

■Bass 木村禎浩's GEAR

  • Electric Bass:WARWICK “Streamer Stage Ⅰ”

saitama-DSC02240

  • Pre-Amp:AGUILAR “TONE HAMMER 500”
  • Shield Cable:EX-PRO “FL Series”
  • Strings:KEN SMITH “AA-RMM-5T 045-130”

saitama-DSC02234

「一目ぼれ」⇒触って「完璧!」と選んだStreamer Stage Ⅰ。
バンドのハードなサウンドの根幹となるベースだけに、しっかりPre-Ampで音色を作って強力に鳴らしていました。

■Drums 横田英喜's GEAR

  • Snare Drum:PEARL “JJ1365”

saitama-DSC02220

  • Pedals:YAMAHA “DFP9500D”

saitama-DSC02222saitama-DSC02221

  • Splash Cymbal:MEINL “Byzance Traditional ”
  • China Splash Cymbal:-Unkown-

saitama-DSC02223

  • China Splash Cymbal:PAISTE
  • China Cymbal:MEINL

saitama-DSC02224

  • Sequence Software:ABLETON “Live”

saitama-DSC02243

「13inchで深くてタイト。自分のバンドに合ってる。YAMAHAのGroove-Wedgeを取り付けてクロススティックサウンドを即座に出せるようにしている」と強いコダワリを持つ横田氏。
Liveとの同期演奏ながら、しっかりキープされたリズムと、アタックの強いサウンドでバンドを引っ張っています。

velvet flame BRILLIANCY ホームページ

11.Down By Law(コピー部門)

Entry From 新所沢パルコ店
saitama-Down By Law

高校生らしからぬ選曲と演奏力のDown By Law。
ワタクシが高校生の頃、こんなにファンキーでブルージーな人、周りにはいませんでした!

■Guitar 大崎源太's GEAR

  • Electric Guitar:TOKAI “ES138”

saitama-DSC02262

  • Effector:ZOOM “G1N EXT”
  • Shield Cable:BELDEN “9778”
  • Strings:ERNIE BALL “#2222 09-46”

saitama-DSC02251

チョイスするギターがすでに渋いw
「好きなアーティストがみんなセミアコだから」という大崎氏のフェイバリット・アーティストは“オーティス・ラッシュ”、“アルヴィン・リー”。

■Bass 新井海人's GEAR

  • Electric Bass:MUSIC MAN “SABRE”
  • Strings:D'ADDARIO “EXL160 50-105”

saitama-DSC02253

「自分があまりにも貧相なベースを使っているから大崎氏の知り合いの人が『これ使え』」と。
それでSABREベースが来るなんて、スゴイですね。

■Drums 松村拓耶's GEAR

  • Snare Drum:PEARL “SS1455”

saitama-DSC02252

買ったばっかりだというPEARLスネア。
音を聴いた瞬間「コレだ」と思ったそう。
ドラムソロで大活躍していたスネアです。

取材後記

さあ今回も振り返ってみましょう。
北関東・埼玉ではどんな機材がアツいのか!?
カテゴリーごとに見て行きます。

■Guitar

バラエティーに富んだラインナップでしたね。
Fener系からGibson系、WASHBURNにMUSIC MAN、IBANEZ...
音楽ジャンルも幅広かったので、もちろんギターも幅広くなりますよね。

■Guitar Effector

比較的MAD PROFESSOR率が高いですね。
他エリアと比べて、CAJのパワーサプライの一人勝ちというより、いろんなパワーサプライが使われているのもこのエリアの特徴です。

■Bass

ベースはやはり「ジャズベ強し!」といった印象。
ジャズベ以外であってもジャズベの流れを汲んだモデルも目立ちました。
メーカーに関してはベーシスト8者8様でした。

■Bass Effector

印象的なのは、全国的に人気のBASS DRIVER D.I.使用者が少なかったこと(驚!)
ベーシストはシンプルなセッティングが特徴的ですね。

■Shield Cable

関東だと楽器店も多いからか、シールドブランドも多種多様でしたね。
その中でもHISTORY使用者が多いのが特徴ですね。(ありがとうございます!)

■Strings

ダダリオ、アーニーの強さは変わらずですが、ここではElixir率が低いんですね!
びっくりしました。

どんどん進んでおります、HOTLINE2013 エリアファイナル出場者機材レポート。
残すところ、6エリア。
どんどん進んでいきますよ~

次回は広島ファイナルのレポートを掲載予定です。
お楽しみに!!

「HOTLINE2013」の関連記事

ゲーム感覚でうまくなるギタートレーニングアプリ ギタトレ