ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

CAJ 千葉成基の「システム構築教習所」~教習生 神田ジョン(PENGUIN RESEARCH)の場合~

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

大好評のうちに第三弾までお伝えした、CAJ 千葉成基の「システム構築教習所」。

2018年1月13日(土)、八王子店でのイベントを前に、PENGUIN RESEARCHの神田ジョン氏がシステム構築教習所に登場です。

教習生 神田ジョン(PENGUIN RESEARCH)の場合


今回、機材マニアとして知られるPENGUIN RESEARCHの神田ジョン氏が、CAJ千葉氏の組んだボードを使用しているとの事で、今回のコラボレーションにつながりました。巨大なボードに組み込まれた大量のペダル類と、それらが綿密に組み込まれている状態を、神田氏、千葉氏双方にお話を伺いました。

■神田ジョン × CAJ システムボード

〇お噂ではかなりの機材好きとの事ですが?

神田さん(以降、神):そうですね! ペダルエフェクターだともう40個くらいは所有しています。手放したものもけっこうあるので、通ってきた機材は多い方だと思います。

〇ボードもご自身で組んでたとか?


神:そうです。PENGUIN RESEARCHで初めての1,000人を超える大舞台に立つことになった時に、それまでノイズリダクションである程度抑えてたノイズが、大音量になってやはり気になったんです。そこで「そろそろプロの方にお願いしたい」と思ってたところ、たまたま友人と共にオカダインターナショナルさんに伺った時に千葉さんに出会って。もちろんCAJの千葉さんは存じ上げてたんですが、お話してみて、もうお任せしよう!と。

〇千葉さんが見た、神田さんの組んだボードの印象は?

千葉さん(以降、千):「キツキツ」に入ってました(笑)今もキツめではありますが、今よりボード自体も小さかったので。


神:一番ダメだったのが、パワーサプライの上にメインの歪み(ペダル)を置いていた事ですね(笑)ノイズ発生装置になってました!
もともとノイズ自体最初は気になっていなかったんですが、だんだん機材が増えて行くうちにノイズが増えて行ったんですよね。で、ノイズリダクション入れたんですけど、そういったノイズ発生装置を自分で生み出しちゃってたんで(笑)、ボード組み込み依頼をしつつ、その道のプロの千葉さんから教習を受けましたよ。

〇ではその時にノイズの無い、満足の行くボードが完成したという事ですね?

神:どんどん入れ替わってますけどね(笑)

千:そうですね、その時からすでに替わっているペダルはコレとコレとコレとコレと...(笑)半分以上ですね。


神:やっぱりレコーディング中もそうですが、特にツアー中は音を聞きながら「この方がもっと良い音になりそう」とか、どんどんアップデートしちゃいますね。自分のサウンドもまだまだ試行錯誤を繰り返してる段階ですし。その度に千葉さんにメールやら電話やらで講習を受けてます。

〇大量のペダルですが、千葉さんが組まれた際に苦労した点はありますか?


千:大量のアダプター群でしょうかね。VooDoo LabのPedal Power 2 Plusは継続して組み込んでいますが、当時はもう一つパワーサプライがあって。「場所によってノイズが出る」とおっしゃってたので、多分そこが原因ではないかと探って行ったら大正解でした。なのでデジタルエフェクター用のアダプターと併せて、アダプターの数もかなり増えました。

神:そういう所ってやっぱりプロじゃないと分からないですよね。まさかそこがノイズの増幅源だったなんて思わなかったんですよ。ホントに目から鱗でした。

〇その他、ノイズの乗りやすいペダルなどはあったんでしょうか?

千:ペダルそれぞれはもちろんノイズも含めて個性なので、いかに不要なノイズを消すかだと思うんですよ。最初にボードをお預かりした時は消費電流の容量を重視して接続されていたんです。それはそれでもちろん間違いではないんですが、このペダルがPedal Powerのようなトランス方式から電源を取った方が良いとか、こっちはスイッチング方式電源からで問題ない等、そこを一個ずつチェックして組みました。
ただ、ボードの中身がそこからどんどん変わって行ってるんで(笑)、現時点での電源供給状況はまた変わっていますけどね。


神:まるで服の様に変えちゃいます!
そういえば最近もありましたね。今はこのCAVERNSというディレイを使ってるんですが、他のペダルに替えた瞬間、「ブワァー」ってノイズが増えちゃって。そのディレイ自体にも問題があったのかもしれませんし、やっぱり電源の問題もあったんでしょうね。

千:ご自身で入れ替えられたので原因究明ができていませんが、エフェクターと電源の相性が悪かったのだと思います。

■ペダル解説

〇ペダルの数も非常に多いので、ぜひそれぞれのペダルについても解説お願いできますか? ちなみに繋いでいる順番も教えて頂ければ...

千:入れ替えが多すぎて把握しきれません(笑)

神:今じゃ僕しか分からないでしょうね!

千:BOSS ES-8の中でループの順番を入れ替えられるので、それぞれのペダルの配置はあまり関係ないんですよね。ファズをSEND/RETURNで使うという離れ業も行われてますし。

BEETRONICS OCTAHIVE

神:まずは見た目でカッコイイので惹かれたんです。それで試したら音も良くて、元々置いてたファズと即刻入れ替えちゃいました。OCTAVIAのコピーがコンセプトだと思うんですが、それだけじゃなくて右側のスイッチを入れると、純粋なファズサウンドになるんですよ。
さらに良いのが、この塗装がワンオフのカスタムモデルなんです。レギュラーモデルも出てるんですけど、たまにこういうカスタム品を作るらしくて。こういうところに物欲をくすぐられるんです(笑)

BEETRONICS OCTAHIVE(レギュラーモデル)
オープンプライス
販売価格(税抜)¥38,300 (税込 ¥41,364)
JAN:4562459877191

千:組む時に「入れ替える予定があるので、ジャックがペダルの上でも横でも大丈夫なようにして欲しい」という依頼があって。このシステムはすべてのペダルのケーブルに余裕を持たせてるんです。


神:ペダルって見た目もとっても大事にしてるんです。感覚的に服に近いんです。ギターって本人の持っているパーソナルな部分言うか。それに対してその人の印象を変えていくイメージなんです。

神:一つのペダルをずっとこだわって使う方達って僕にはない感覚でとても尊敬するんですが、それを使う事にこだわって新しいものに出会えないのが「もったいないな~」と僕個人の感覚としては思うんですよね。知らない物を逃しちゃうのが悔しいんです。新しいペダル、音に出会うのが好きというか。なのでどんどん買っちゃいます(笑)

PETTY JOHN PreDrive Pedal

神:これはやばいんです。アメリカではけっこう有名なペダルなんですが、当時は日本に代理店が無くて、いろんなツールを駆使してアメリカから入手しました。
アンプと対で使って土台の音を作るイメージのペダルで、アンプでカバーしきれない部分を補完してくれるんです。ハーモニクス・ドライブっていうスイッチで倍音を足して、クリーンサウンドをより尖らせたり、逆に柔らかくしたり、といった感じで重宝してます。
今はこれが無いと僕の音が作れません。

AREA51 The Alienist

神:これもやばいですよ。JMIのレンジマスターのレンジをさらに広くした感じのファズで、スイッチを入れると、中心のガラス面がふわぁ~っと光るんです。ドラゴンボールみたいに(笑) もうその見た目だけでも買う価値あるんですけど(笑)、音も最高なんです。
レンジマスターってどうしても中域に音が寄っちゃう感じなんですけど、フルレンジモードにすると、フルレンジブースターとして機能するんです。ブースターとしてめちゃくちゃ優秀です。ゲルマニウムとシリコンの切り替えも効きますしね。

AREA51 The Alienist
オープンプライス
販売価格(税抜)¥45,283 (税込 ¥48,905)
JAN:4562459880801

iSP DECIMATORⅡ

ご自身で組んでいた際、ノイズに悩まされていた状態を軽減してくれていたというDECIMATOR。現在でもボードの中に組み込まれています。

iSP DECIMATORⅡ
オープンプライス
販売価格(税抜)¥21,000 (税込 ¥22,680)
4539587285129

EVENTIDE H9

神:すごく音的に素晴らしいペダルなんですが、MIDIの設定がなかなか難しいH9です(笑)

千:これはけっこう慣れが必要ではありますよね。

EVENTIDE H9
オープンプライス
販売価格(税抜)¥65,800 (税込 ¥71,064)
JAN:4562459872653

VooDoo Lab PEDAL POWER 2 PLUS

パワーサプライとしてCAJ AC/DC Station ⅣやⅤと共にスタンダードとなっているPEDAL POWER。最大8系統でそれぞれが様々な出力に対応してくれる優れものです。

VooDoo Lab PEDAL POWER 2 PLUS
オープンプライス
販売価格(税抜)¥24,000 (税込 ¥25,920)

STRYMON TIMELINE

神:ほとんどの楽曲で使用するディレイはTIMELINEで設定して使用しています。飛び道具的なディレイや、リバーブに関してはCAVARNSを使います。

STRYMON TIMELINE
オープンプライス
販売価格(税抜)¥52,000 (税込 ¥56,160)
JAN:4560347887406

FULLTONE CLYDE Deluxe Wah

インプットレベル、サウンドキャラクターの調整が可能なCLYDE Deluxe Wah。

FULLTONE CLYDE Deluxe Wah
オープンプライス
販売価格(税抜)¥40,800 (税込 ¥44,064)
JAN:2308000007318

BOSS ES-8
8ループを装備したプログラマブル・スイッチャーとして、他社よりも後発ながら華々しくデビューしたES-8。自由に接続順を入れ換えられる点は、神田氏のシステムには欠かせません。

BOSS ES-8
オープンプライス
販売価格(税抜)¥70,000 (税込 ¥75,600)
JAN:4957054507190

SONIC RESEARCH ST-200

神:チューナーはもうこれ一択ですね。ストロボには馴れちゃえば簡単ですし。精度がいいんですよね。

千:精度が良すぎるがゆえに、チューニングを延々としてしまうという問題もでるかもしれませんね(笑)

現在ST-200は廃盤となり、ST-300が現行となります。
SONIC RESEARCH ST-300
オープンプライス
販売価格(税抜)¥18,200 (税込 ¥19,656)
JAN:0040232371547

CUSTOM AUDIO JAPAN カスタムジャンクションボックス

千:これはこのシステム用にグランドリフトも付けた、特性ジャンクションボックスです。IN and OUTでは端子が足りなかったので、製作しました。

OVALTONE TYPE-S PROTO TYPE


神:OVALTONEさんからお預かりしている、ソロ用オーバードライブのプロトタイプです。OVALTONEさんのお家芸とも言えるスイッチ「SMOOTH/HARD」が良いんですよ。SMOOTHにするとEric Johnsonのような丸みが出てくれて、Devided by 13の「ギャン」と出てくれる所をカットするのに合うんですよ。

近いうちに製品化される事でしょう。楽しみですね。

これらの他にも神田氏のこだわるペダルが満載のシステムボード。ざっと紹介しておきます。


左上から時計回りに、S3N SUPER FLUTTER V2/Sunfish Audio M-Prunus/LIMETONE AUDIO LTV-30L/TOKYO EFFECTOR BLACK SWAN/KEELEY CAVARNS/LTV-30L 別画像

神田氏のこだわり

神:ちなみに、Fractal Audio SystemsのAxe-Fxも使ってますよ。このボードが基本ではあるんですけどね。北海道に行くとき等は、飛行機の超過料金がスゴい事になるので(笑) サポートや家でのRecではAxeを使う事が多いんです。


神:Devided by 13のアンプを使ってるので、それに慣れてると音のスピード(レイテンシー)がホントに気になるんですね。Axeはスピードが速い。それと、Axe独自のクセが良い意味で無いんです。なのでそれぞれのモデリングが、元になっているアンプのクセになってくれる。そういう点ですごくアナログライクな、自然な音ですよ、Axeは。

神:そしてこれだけは自分の信念としてあるんですけど...
機材は必ず買って試す! 試奏で判断はしたくなくて、とりあえず買う!(笑) お金はどんどん無くなっていきますけど、やっぱりプロミュージシャンなんで、音に関してのこだわりは捨てたくないですね。


神:僕はよくボードの中身を入れ替えますが、例えばこのボードから外れたからといってそのエフェクターが僕にとっては悪いわけでは全くないんです。むしろ断腸の想いで外してるものばかりです。バッキングの音が完璧でもソロとかその他の音を理想に近づけようとすると今度はバッキングの音のバランスが崩れたり、逆も然りで本当は使いたいけど相対的なバランスを重視すると使えなくなる、という事が多々あるんです。むしろレコーディングにおいてはこのボードに入ってるエフェクターを使う事は少なかったりもします。
このボードはあくまでPENGUIN RESEARCHで鳴らすギターの音を追求した専用のボード、そしてエフェクター選びがされてます。
もし際限なく自分の欲求をボードに詰め込んだからベースの立ち位置までボードが拡張されてしまい色々と支障をきたすので、バランスを1番重視して選ばれたエフェクター達になってます。

■まとめ

プロギタリストならではのサウンドへのこだわりが見えたシステム構築教習所。やはりノイズはギタリストを悩ませる大きな要因なのですね。ペダルそれぞれへのこだわりだけでなく、それらをどう組み込んで、どう使用するかまで行う事が重要です。

神田ジョンProfile

有弦実行。A型猫好きギタリスト。赤髪がトレードマークのA型猫好きギタリスト。そのギタースタイルはカメレオンの如し。
自身のバンド”PENGUIN RESEARCH”のギタリストとしての活動を中心にレコーディングやライブサポートといったサポートワーク、デモンストレーター、ギターインストラクターなど容赦なく無尽蔵に活動中。

■Live,Rec参加アーティスト

LiSA、ベイビーレイズJAPAN、和田光司、AKINO with bless4、みみめめMIMI、TERRASPEX(テラフォーマーズアニメの主題歌ユニット)、中ノ森文子、こゑだ、やなぎなぎ、LEAD、茅原実里、田所あずさ、茅野 愛衣、佐咲紗花、遠藤正明、波多野歩、瀬戸麻沙美、Gero、伊東歌詞太郎、天月、BLAST、S!N-SEKI’s How-Zee、赤飯、etc・・・

■PENGUIN RESEARCH

”PENGUIN RESEARCH”オフィシャルサイト
http://www.penguinresearch.jp

NEW EP 近日公開第二章【初回生産限定盤】
2018.01.10/シングル/¥2,778+税
http://www.penguinresearch.jp/sp/disco/archive/?VVCL-1140

特典DVDダイジェスト映像

https://youtu.be/8FPTeMqkPrQ

CAJ 千葉成基の「システム構築教習所」イベント開催!!


ここまでボードの組み込みを見て頂きましたが、実際にどんなノイズが出るのか、そのノイズはどれだけサウンドに影響を与えるのか、聞いてみたくありませんか?

また、今回のシステム構築教習所でこんな事を思った方もいらっしゃるのでは?

  • アダプターの電源ケーブルを短くするのは自分では無理
    そんな時はどうすればいいの!?
  • ケーブルの自作は難しい
    市販のパッチケーブルでも出来る?
  • ノイズの種類を具体的に知りたい
  • ノイズの有無でサウンドがどう変化するか体感したい
  • 自分のボードにアドバイスして欲しい

そんな方々のために! 島村楽器では千葉先生にお越し頂いて、システム構築教習所イベントを開催!

  • ノイズの出にくいチューナーってどれ?
  • 「このペダルはノイズが乗りやすい」→どう対応すべきか
  • 電池を使うと良いって聞いたけど?

こんな事にも、口頭だから答えられる!! イベント詳細は以下の通り。

■イベント詳細

場所:島村楽器八王子店スタジオ
日時:2018年1月13日(土) 13:00START
内容:
①13:00~14:30 学科教習(千葉先生の講義)
②15:00~     実技教習(個別ボードアドバイス。一人30分。6名様まで)
参加費:無料

ご予約、お問い合わせは島村楽器八王子店までどうぞ。
島村楽器八王子店
電話番号:042-656-7321
〒192-0046 東京都八王子市明神町3-27-1
京王八王子ショッピングセンター6F

①学科教習

今回のシステム構築教習所記事でお伝えした内容を実際に音を聞きながら解説します。どういった所に問題が出やすいのか、わかりやすく解説!!

②実技教習

個別にお客様のボードを診断&アドバイス! 一人30分ずつ、問題点や改善すべき点を教えてくれます。
※場所は①と同会場、周囲に他のお客様もいらっしゃる中でのアドバイスとなります。ご了承ください。
※②に参加される方はご自身のボードとギターもご持参ください。(②のみの参加は出来ません。)

■千葉先生にシステム構築依頼も可能

もちろん通常受け付けているCAJでのシステム組み込みの依頼も受付出来ます。イベント当日の受付であれば、通常依頼するよりもお得な価格での依頼が可能になります!! 詳細は当日のお打合せで決定しますので。ご興味のある方はお気軽にどうぞ。

ゲーム感覚でうまくなるギタートレーニングアプリ ギタトレ