ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

レビュー 特集記事 一覧

2018年07月26日

【マルチエフェクター ・徹底比較】低価格モデルの “MOOER” “ZOOM” “BOSS” を4つのポイントで比べてみた! ~2018年夏版~

マルチエフェクターの選び方がわからなかったり、「自分には何が合うんだろう?」と悩んでいたりしませんか?今回の試み「マルチエフェクター図鑑」は、そんなあなたにオススメの記事です。マルチエフェクターのお手軽なモデルを4つのポイントで比較していきますので、ご自分にあったモデルが見つかるかも!? さて、今回比較するモデルはどれも島村楽器で人気の機種たちです・・・ここは公正公平に、フラットな目線で…
続きを読む»


2018年06月23日

【コンボアンプ・レビュー】Blackstar “LT-ECHO 10” が結構遊べる!6種類のサウンドを作ってみた!~国内当社独占販売~

Blackstar "LT-ECHO 10" 今回ご紹介するのは、お手頃価格ながら高品位なアンプを製作することで人気の、世界的メーカー Blackstar(ブラックスター)のミニコンボアンプ"LT-ECHO 10"。シンプル操作かつコンパクトなサイズが魅力のギター用アンプです。コンパクトタイプは他メーカーからも様々なモデルが出ていますね。 この"LT-ECHO 10"は機能を詰めるだけ…
続きを読む»


2018年06月09日

【ピック・新製品】「光るギターピック」がライブパフォーマンスを激変させる! 島村楽器オリジナルモデル ~音楽に新しい光を~

「光るピック」 島村楽器オリジナルモデル 「音楽に新しい光を」 島村楽器オリジナルの「光るギターピック」が登場!ライブパフォーマンスで他プレイヤーと差をつけられるかも!?ラインナップはホワイト・ブルー・ピンクの3色。内蔵のLEDにより、ピッキングの衝撃で自動点灯します。ピックのシェイプはトライアングルを採用。材質はABS樹脂を使用しています。 ラインナップ 【ホワイト】 …
続きを読む»


2018年05月30日

【歪みペダル・レビュー】One Control 「理想の音を求めるあなたへ」 島村楽器のオリジナル・チューンモデル ”Stone Bramble Over Drive”

One Control(ワンコントロール) ”Stone Bramble Over Drive” 島村楽器オリジナル・モデル One Control(ワンコントロール)といえば、コンパクトサイズの高品質なエフェクターをはじめ、スイッチャーや電源など幅広く製作している人気メーカー。上質なサウンドもさることながら、計算し尽くされたスタイリッシュなルックスも、人気の秘訣といえます。 …
続きを読む»


2018年05月25日

【コンボアンプレビュー】MOOER 9種類のアンプモデリング & エフェクト搭載の”Hornet Black”を弾いてみた!~国内当社独占販売~

MOOER "Hornet Black" 高性能 & 高音質なプリアンプ ”MicroPreampシリーズ”や発売から大人気のマルチエフェクター ”GE200”などを輩出しているメーカー ”MOOER”。今回ご紹介するのは、コンボアンプのニューモデル   "Hornet Black"です。コンパクトかつ多機能とのことで、まずは特徴から見ていきつつ、実際にレコーディングで試して本モデル…
続きを読む»


2018年05月18日

【マルチエフェクター・レビュー】MOOER “GE100” 「自宅練習の救世主!?」コード/スケール辞書 & ドラムマシン搭載モデル! ~国内当社独占販売~

こんなに多機能でいいのか!? MOOER "GE100"にワクワクする・・・ コンパクト型のプリアンプ ”MicroPreampシリーズ”や 高品位なプロファイリング・マルチエフェクター ”GE200” など、数々の人気ヒット作を製作する MOOER。今回ご紹介するのは、国内で島村楽器だけの独占販売モデルである、マルチエフェクター ”GE100”です。 パっと見ただけでも「ここまで詰…
続きを読む»


2018年04月27日

【マルチエフェクター・レビュー】BOSS 高音質設計で話題のマルチ “GT-1000”!10種類のサウンドを作ってみた!

ハイエンド・マルチの激戦区に飛び込んだ BOSS “GT-1000” 今回レビューするのは、2018年4月14日(土)に発売されたマルチエフェクター BOSS “GT-1000”。NAMM 2018でも発表され、超高音質設計というポイントからギタセレ新製品記事でも大変な話題になっていたモデルです。 登場から現在までフラッグシップモデルであったBOSS GT-100ですが、今回その座を…
続きを読む»


2018年04月27日

【メンテナンスグッズ】合言葉は「ライブの前にラナパー!!」革ストラップやケースのファスナーにも使える便利グッズ「ラナパー」とは?

革製品やファスナーにも使える! ラナパー レザートリートメント 今回ご紹介するのは、革製品やファスナーなどに使用できるメンテンナンス用品「ラナパー」。楽器本体はさておき、ストラップやギターケースのファスナーなどにも使用できるとのことで、実際に使ってそのメンテナンス力を体感してみようと思います。 さっそくのレビューに行きたいところですが、まずはラナパー誕生のいきさつや歴史についてお話し…
続きを読む»


2018年03月23日

【オーバードライブ・レビュー】Ibanez 次世代の真空管 ”Nutube”を搭載した”NTS” NU TUBE SCREAMERを試してみた!

Ibanez ”NTS” NU TUBES CREAMER Ibanezの「チューブスクリーマー」といえば、一度は目にしたことがある方も多いと思います。また、ある程度経験のあるプレイヤーにとっては、そのサウンドは耳馴染みがありますし、他メーカーでもたくさん出ている「TS系ペダル」と聞けば「あ~!あんな感じの音ね!」と想像がつく方もいらっしゃいると思います。実際に、チューブスクリーマーはアンプやエ…
続きを読む»


2018年03月16日

【ギターアンプ・ワイヤレス】”YAMAHA THR10” と ”LINE6 RELAY G10”のアンプ+ワイヤレスセットを試してみた!~島村楽器限定セット~

YAMAHA THR10 + LINE6 RELAY G10 ワイヤレスセット コンパクトながら多彩な機能を搭載していることで人気のギターアンプ”YAMAHA THR10”と、シンプル操作で使いやすいワイヤレスシステム”LINE6 RELAY G10”の2機種。今回はこの2つを組み合わせた島村楽器限定セットをご紹介します。両機種とも、発売からある程度年月が経っているにもかかわらず、今でも高い…
続きを読む»


2018年03月03日

【新製品コンボアンプ・レビュー】Marshall DSL 2018年モデルの ”DSL1C” と ”DSL5C” を弾いてみた!~JCM2000のサウンド~

Marshall 新製品 ”DSL1C” & ”DSL5C” Marshall DSLシリーズの2018年ニューモデル。ギタセレの新製品記事でも大きな反響があったモデルで、ラインナップは1Wから20W出力のヘッド/コンボアンプモデルを含む全5機種です。 【▼ギタセレ 本モデル”Marshall DSL”新製品記事はこちら▼】 <br /> 今回は、その中でも…
続きを読む»


2018年02月02日

【インターフェース・レビュー】-Universal Audio- ギタリスト向けモデル ”ARROW” を試してみた ~Thunderbolt 3対応~

-Universal Audio-  ”ARROW” レビュー その品質の高さから数々の賞を受賞しているUniversal Audio(ユニバーサルオーディオ)の新製品である、インターフェース”ARROW”をご紹介します。DSP 搭載、豊富なプラグインを付属している点など、ギタリストを中心に今熱い注目を浴びています。 Universal Audio(以下 UA)の中でも特に人気の "Apo…
続きを読む»


2017年12月29日

【アンプシミュレーター】”KEMPER” 島村楽器オリジナルのRIG(音源)を弾いてみた! ~チューブアンプ・プロファイル~

KEMPER アンプシミュレーター 発売以来、操作のしやすさと音質の良さから高い人気を誇るアンプシミュレーター”KEMPER(ケンパー)”。本モデル以外にも、ラック型のFRACTAL AUDIO SYSTEMS ”Axe-Fx II”やフロア型のLine 6 ”HELIX”などのハイエンドモデルが出ていますね。 その中でもこの”KEMPER”はアンプの音をプロファイリング(取り込む)するこ…
続きを読む»


2017年12月25日

【マルチエフェクター新製品レビュー】-MOOER- 評価の高いMicro Preampシリーズを搭載した”GE200”がスゴい

-MOOER- ”GE200” マルチエフェクター みなさん、”MOOER”と聞いてまずイメージするのは、コンパクトエフェクターのサイズではないでしょうか?そして、そのサイズもさることながら、ラインナップの幅広さや手頃な価格も人気の秘訣といえます。 さて、そんな人気の”MOOER”のなかでも最近では、様々なメーカーのアンプをシミュレートしたMOOER ”MicroPreamp”シリーズ…
続きを読む»


2017年11月10日

【ベースアンプヘッド】Markbass “BigBang” 島村楽器限定カラーモデル MAK-BB/Bをレビュー

Markbass "BigBang" 島村楽器限定カラーJet Black 最近では、各メーカーからコンパクトかつハイパワーなモデルが多数登場しているベースアンプヘッド。今回は、その中でもベーシストの肥えた耳をうならせているMarkbass "BigBang"の、島村楽器限定カラーJet Black仕様モデルをご紹介します。 今から10~20年以上前のベースアンプは、大出力を維持する…
続きを読む»


2017年09月20日

【ベース用マルチ徹底レビュー】BOSS “GT-1B” クラス最強レベルの音質を体感する

「ベーシストは特に強いこだわりがある」、そんな風に思います。 さて、ベースという楽器はドラムとともに「リズム隊」と呼ばれていますよね。そう呼ばれるほどに、ドラム演奏との兼ね合いで曲のイメージやノリまで変わってきます。言うまでもなくベースは音程のある楽器なのですが、リズムと音程を背負って立つベースは、バンドや楽曲の中で特に大きな役割を担っていますね。 そんなとっても重要なベースに「音色の…
続きを読む»


2017年07月28日

【プリアンプ徹底レビュー】MOOER ”MicroPreamp” 話題の全10機種に迫る ~アンプのサウンドをコレクト~

NAMM2017でも発表され、今エフェクター界を震撼させているMOOER ”MicroPreamp” 。NAMM2017ギタセレ紹介記事でも、発表から間もなく大きな反響がありました。 今やMOOERといえばおおよそ、サイズやサウンドなどのイメージが湧く方も多いかもしれません。そのくらい国内にもブランドイメージが浸透してきました。 今回、改めてそのMOOERを解説しながら、”MicroPre…
続きを読む»


2017年07月13日

【スイッチャー/マルチ】BOSS MS-3 変幻自在のスイッチャー 話題の製品を徹底レビュー

「スイッチャー/マルチ」 スイッチャーとは、複数のエフェクターを繋いで、足元で一気にエフェクターをオンオフできる機器。マルチエフェクターとは、歪み系から空間系など、数多くのエフェクトから好きに選んで音が作れる機器を指します。 どちらも、エフェクトを簡単に切り替えできる、呼び出すことができる点で似ています。 今回ご紹介するのは、そんな、スイッチャーとマルチエフェクターを合体したペダル・…
続きを読む»


2017年05月02日

【マルチエフェクター比較】ZOOM “G3n” vs BOSS “GT-1” ついに答えが出る

ギタリストであれば、だれもが1度はマルチエフェクターの購入を考えたことがあるのではないでしょうか? 1台で様々なエフェクトが手に入るマルチエフェクターは、入門者から上級者まで幅広いギタリストから常に注目を集めています。 現在も、各社から様々なタイプのマルチエフェクターが発売されていますが、その中でも楽器業界を沸かせている人気の高い機種があります。 それは、ZOOM “G3n“とB…
続きを読む»


2017年04月19日

【GIBSON 2017徹底解剖】読めば今日から語れるGIBSONの進化

早いショップでは2016年末にGIBSON 2017モデルが入荷してきていました。初出荷から4か月以上たった今、改めて続々と各ショップに出荷されております。2016モデルと一緒に目にする機会が増えてくると思いますので、今回改めて新モデルの紹介をしていきます。 ラインナップは、レスポール・SG・Firebird・Flying V・Explorer・エレキベースが登場しています。スペック…
続きを読む»