MyDRUMS(マイドラムス)

島村楽器のドラム専門サイト。ドラム・パーカッションにまつわる様々な情報を発信していきます。

HOME > 記事一覧 > 徹底検証 特集記事

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ドラムペダル】-YAMAHA-噂の新製品キックペダル”FP9”試奏レビュー!-八王子店-

YAMAHAから、10年振りの新ペダル登場!

YAMAHAが長い沈黙を破り、遂にニューキックペダルを発表!その名も「FP9」!

9500シリーズを継承するルックスながらも、ほとんどのパーツが新設計。更に、YAMAHA バイクを象徴する鮮やかなブルーをまとい、唯一無二で超クールなルックスに仕上がっております!

ドラム担当が試奏してみました

八王子店のドラム担当舟橋がレビューしてみます!

参考:愛機DW9002XF

ドラム担当は普段DW9002XFを使っております。ちなみに今まで一番演奏したことのあるバンドは「The Beatles」です。私物なので自分用にセッティングしてあるのですが、ビーターアングルを垂直に寄せています。

工場出荷時のDFP9Cとの差は下の写真くらいです。

FP9D

さて注目のFP9シリーズ!まずはダイレクトドライブのシングル仕様から踏んでみます。

おっ!なんかすごいぞ!とりあえずめちゃくちゃ軽い踏み込みです。しかし、ただ軽いだけでなくパワーもしっかりあります。ドラム担当仕様の9002XFと遜色ない印象です。パワーもしっかりある為か、「軽すぎて踏んだ感触がない」という軽さではありません。

そして、めちゃくちゃビーターが返ってきます。ドラム担当の場合、工場出荷時のセッティングのままだとたまにビーターが足の甲に当たるペダルがいくつかあるのですが、FP9Dはものすごく頻繁にビーターが足の甲に当たります。踏み込みは軽いのにビーターが良く返ってくるということは、ダブルを踏むときの2打目などで踏みしろが多くなるので、連打でもしっかりと音量を出せるということに繋がると思います。

FP9、恐るべし。

DFP9C(シングルとして)

続いてダブルチェーンのツインペダル仕様。ひとまずシングルペダルとして親だけを踏んでみます。

FP9Dと同様に、踏み込みが軽いのにパワーはしっかりと出て、ビーターの返りもものすごく良いです。そしてやはり足の甲に当たりました(ダイレクトよりは当たらなかったです)。気になるダイレクトドライブとの違いですが、多くの方がイメージするようにチェーンの方が素直な踏み心地で、ダイレクトは癖があるが更にロスがない印象です。

DFP9C(ツインとして)

ツインペダルとしての性能を見ていきます。FP9では、ツインペダルの要であるユニバーサルジョイントがボールベアリング搭載へと一新されました。DWのジョイント(写真上側)と比べてみると…

写真では伝わりにくいのですが、なかなかゴツいです。いざ、踏んでみると、、、これはすごい…。

メインとサブの差がかなり小さく、超スムーズです。かなりゴツいジョイントなので重量増によるデメリットは?と気になるところですが、そのようなものは一切感じません。むしろ、ゴツい作りにすることで捻じれが抑えられ、スムーズなアクションに繋がっているのかもしれません。

店頭でお試しください!

とても注目度の高い商品で、早くも次回入荷待ちのものもあるという人気ぶりのFP9シリーズ。「巷の評判に違わぬとんでもないペダルだ!」というのが率直な感想です。ぜひ店頭でお試しください!!

MyDrums FP9 紹介記事はこちら

この記事を書いた人のお店

店舗名 島村楽器 八王子店