MyDRUMS(マイドラムス)

島村楽器のドラム専門サイト。ドラム・パーカッションにまつわる様々な情報を発信していきます。

HOME > 記事一覧 > 新製品情報

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

【NAMM2017:スタンド】 TAMA (タマ) ハイハットスタンドがリニューアル。( HH905D, HH915D ) ワンタッチで着脱可能な新クラッチを搭載!

ドラムペダルと並んで、ドラマーの足回りを支える重要なギアがハイハットスタンド。この度 TAMA のハイエンド・ハードウェア IRON COBRA 及び SPEED COBRA (アイアンコブラ / スピード コブラ) シリーズのハイハットスタンドがリニューアルします。

02

主な特徴:

COBRAハイハットスタンドは、ドラムペダルで培ったノウハウを生かして開発されたハイハットスタンドです。テコの原理を応用したレバーグライド・システムは、軽い踏み込みでタイトかつスピーディなアクションを可能にし、駆動部にはあえてストラップを採用したノイズレス設計です。また、クローズの際の音の”キレ”を増すためのスプリング・シート、フットボードアングルやスプリングテンションなど、プレイヤーの好みに合わせた様々な調整を実現します。

更に2017年モデルでは、シンバルの着脱がワンタッチで可能な、クイックセット・クラッチを新たに装備。セットアップと運搬の際の利便性も高めることに成功しました。

変更点

新機構 クイックセット・ハイハットクラッチ採用 (2017年2月下旬 発売予定)

qhc7

ワンタッチで着脱可能なQuick-Set Hi-Hat clutch (クイックセット・ハイハットクラッチ)搭載。ボトムパーツにあるボタンを操作するだけで、クラッチにシンバルをセット/リリース可能。

ショート・ハイハットロッド同梱

tama02

350mm長のショートロッドが追加で付属。ハイハット周辺にシンバルやドラム、パーカッションをセットする際に、ロッドが干渉する場合、取り替えて使用することが可能。(標準仕様 長さ 500mm 製品にセット/ショート仕様 長さ 350mm 製品に同梱)

フットボードデザインとヒンジ部

tama03

2015年発売のドラムペダルと同じフットプレートに変更。ヒンジ部は”Hinge Guard Block”機構とOiles®ベアリングにより、スムーズな操作性とフットボードの横ブレをシャットアウト

 

ライナップ

IRON COBRA 900 (HH905D)

hh905d

  • メーカー希望小売価格 (税抜) ¥36,000 (税込) ¥38,880
  • 販売価格 (税抜) ¥28,800 (税込) ¥31,104
  • JAN:4515276925552
  • 発売日:2月下旬

特徴

IRON COBRA ハイハットスタンドは、ドラムペダルで培ったノウハウを生かして開発されたハイハットスタンドです。テコの原理を応用したレバーグライド・システムのもたらす軽い踏み込みと、スピーディなアクションが特徴です。駆動部にはあえてストラップを採用したノイズレス設計。

また、クローズの際の音の”キレ”を増すためのスプリング・シートや、フットボードアングルやスプリングテンションをプレイヤーの好みに合わせて調整可能にするなど、様々な機構を搭載しています。

更に2017年モデルでは、シンバルの着脱がワンタッチで可能な、クイックセット・ハイハットクラッチを新たに装備。セットアップと運搬の際の利便性も高めることに成功した、TAMAのハイエンド・ハイハットスタンドです。

スペック

  • 高さ調整幅:約720mm~1,000mm (標準ロッド使用時)

    約720mm~850mm (ショートロッド使用時)

    (シンバルをセットした場合の、床からシンバルボトムまでの距離)

  • パイプ径 : 28.6mm-25.4mm
  • 2脚部 : ダブルレッグ
  • スプリングテンション : 6段階調整
  • 重量 : 5.4Kg

 

SPEED COBRA 910 (HH915D)

hh915d

  • メーカー希望小売価格 (税抜) ¥36,000 (税込) ¥38,880
  • 販売価格 (税抜) ¥28,800 (税込) ¥31,104
  • JAN:4515276925552
  • 発売日:2月下旬

特徴

SPEED COBRA ハイハットスタンドは、SPEED COBRA 910 ドラムペダルと同じロング・フットボードを採用し、より広い範囲での踏み分けを可能とすることでハイハット・サウンドの表現力を高めたモデルです。テコの原理を応用したレバーグライド・システムのもたらす軽い踏み込みと、スピーディなアクションが特徴です。

駆動部にはあえてストラップを採用したノイズレス設計。また、クローズの際の音の”キレ”を増すためのスプリング・シートや、フットボードアングルやスプリングテンションをプレイヤーの好みに合わせて調整可能など、様々な機構を搭載しています。

更に2017年モデルでは、シンバルの着脱がワンタッチで可能な、クイックセット・ハイハットクラッチを新たに装備。セットアップと運搬の際の利便性も高めることに成功しました。

スペック

  • 高さ調整幅:約720mm~1,000mm (標準ロッド使用時)

    約720mm~850mm (ショートロッド使用時)

    (シンバルをセットした場合の、床からシンバルボトムまでの距離)

  • パイプ径 : 28.6mm-25.4mm
  • 2脚部 : ダブルレッグ
  • スプリングテンション : 6段階調整
  • 重量 : 5.4Kg

 

 

パーツ紹介 (2種共通)

クイックセット・ハイハットクラッチ (QHC7) (新製品 2017年2月下旬発売予定)

qhc7

TAMAのハイハットロッド(6mm)はもちろん、7mmまでのロッドを持つハイハットスタンドにも対応するハイハットクラッチ。

tama

ボトムパーツにあるボタンを操作するだけで、ワンタッチでクラッチにシンバルをセット/リリース可能です。また、トップシンバルとの接地面積を最小限にすることで、ハーフオープンやオープンでの演奏時に、より自然な鳴りとサスティーンを得られます。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品の取り扱い店舗

 

レバーグライド(Lever Glide)

sp_lever_glide

テコの原理を応用し、従来の約半分の力でペダルを踏み込むことが出来る、TAMAオリジナル機構 “Lever Glide (レバー・グライド)”。ペダルを踏み込む力が格段に軽くなることに加え、テコの作用でフットプレートのストロークが長くなり、より微妙なハーフオープンサウンドや、シャープなタイトクローズを楽しめます。

スプリング・シート (Spring Seat)

seatbottom

ハイハット・クローズの音の”キレ”の増す為に考案された、シンバルボトムシート。ボトムシンバルを支える受け部をスプリングの力で少し傾けることで、ハイハットをクローズする際に2枚のシンバルの間に生じる空気を素早く逃がし、歯切れの良いサウンド生み出します。

フットボード・アングル・アジャストメント (Footboard Angle Adjustment)

hh915n-angle-adjust

踏み込む幅やサウンドバリエーションに大きく影響する、フットボードのアングル調整機能を搭載。ツインペダルもより自然にセットアップが可能です。

ノンルーズニング・テンションロッド (Non-Loosening Tension Rod)

non_loosening_rod

すり鉢状に加工されたメタルナットとそれにフィットする樹脂製ナットによって、演奏中のシンバルロッドの緩みとノイズをシャットアウトしました。

デュアル・レッグ (Dual Leg)

spc_dual_leg

限られたセッティングスペースにおいて、シンバルスタンドやツインペダルとの干渉を減らすことでセッティングがスムーズに行える、2脚スタンドを採用。フレームの底面に取付けられたスタビライザー・プレートがプレイヤー方向の力を、またフットボードを踏み込むことによる前向きの力を2本の脚で受け止めるため、優れたバランスにより抜群の安定性を誇ります。

グライドタイト・グリップ・ジョイント (Glide-Tite Grip Joint)

金属同士での固定方法とナイロンブッシュ構造を併せ持ったジョイント構造。パイプとジョイント部が金属同士で固定されることで、スタンドが上段から下段パイプまで、ソリッドで安定した構造体となります。その効果としてシンバルが、より安定したスタンド上で自然に”振動”することで、楽器本来の持つポテンシャルを最大限に発揮します。

ロッド・プロテクター (Spare-The-Rods Tension Rod Protector)

spare_the_rod_s

テンションロッドを上段パイプに挿入して、ハイハットクラッチで固定するというTAMA独自の収納機能を採用。これによりロッドの変形を防いでハイハットスタンドを運搬中のトラブルから守ります。(標準の長いロッド使用時のみとなります)

6段階テンション・アジャストメント (6-Way Tension Adjustment)

hh915n_tension_adjust

調整ダイアルを回転させることで、6段階にスプリングテンションを調整可能。テンションの具合を目で見て確認出来ます。また、片手での操作可能ですので、スローンに座ったままでも簡単に調整が行えます。

デュオ・スパイク (Duo-spike)

duo_spike

床面の状態に合わせて、2本の脚の先端はラバーとスパイクを切り替えて選択可能です。

スイベル・フット (Swivel Foot)

フットボードの向きとは独立して2脚部を自由に回転させられる機構を搭載。

ツインペダルを使用する際のセッティングが格段に楽になります。

フットボード・アングル・アジャストメント (Footboard Angle Adjustment)

hh915n-angle-adjust

踏み込む幅やサウンドバリエーションに大きく影響する、フットボードのアングル調整機能を搭載。ツインペダルもより自然にセットアップが可能です。

ティルト・システム (Tilt System)

spc_tilt_system

脚部の支点を上下させてスタンド自体を傾けられるティルトシステムを採用。セットアップの幅を広げ、より表現豊かにハイハットをプレイするのに役立ちます。

 

今回のHH905D、HH915Dの発売を持ちまして、HH905N、HH915N は廃番となります。

 

こちらの記事もどうぞ:NAMM新製品特集

 

ご予約は最寄りの店舗、またはオンラインストアまでお願いします

bc682e6ee4dd9581a75eb2919b650182-300x225