MyDRUMS(マイドラムス)

島村楽器のドラム専門サイト。ドラム・パーカッションにまつわる様々な情報を発信していきます。

HOME > 記事一覧 > 徹底検証 特集記事

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

【徹底検証】動画で分かる!オススメ電子ドラム用スピーカー3選!

皆さんこんにちは。

島村楽器イオンモール橿原店の久保です。

 

おうちで過ごす時間が増え、ドラムの演奏に使える時間も増加している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は…

電子ドラム用スピーカーを検証してみました。

皆さんと店頭でお話しする際、「ヘッドホンだけでも大丈夫?」「もしスピーカーを買うならどれを選んだらいいの?」といったご質問を定期的に頂戴します。

せっかくの機会ですので、機種別にご紹介するページを作ってみようと思います。

 

まずは、「ヘッドホンだけでも大丈夫?」という質問の回答から。

 

電子ドラムは楽器の特性上、自宅練習で大きな音量ではできない方がお持ちの方が多く、ヘッドホンをご使用されている方が多いです。

基本的にヘッドホンをご使用いただくということに問題はございません。

周囲の音が気にならず、かなり良い音で楽しんでいただけることは間違いございません。

選び方はコチラをご覧ください。

 

しかし、実際使用していて、ん~と感じる点もございます。

・ケーブルの取り回しが気になる。

・叩いているうちについつい音量を上げがち。

・耳の周りが汗ばむ。

といったところでしょうか。

 

しかし、これ以外にどうしてもお伝えしておきたいことがあります。

それは

 

「耳を大切にする練習」です。

 

昨今、スマホの普及と同時にヘッドホン、イヤホンを使用されている方は増加しております。

周囲に聞こえずキレイな音かつ臨場感あふれることから、楽器の練習(夜間は特に)や楽曲の編集も含め、長時間使用されている方も多いのではないかと思います。

 

楽器を楽しむにあたってヘッドホンはマストのアイテムと言っても過言ではないですが、耳を覆う形で長時間使用すると疲れが早く来たり、最悪の場合「難聴」になる危険性を医者も提言しています。

 

少し大げさな話になりますが、WHOでは騒音環境に身を置く時には、85dB未満の大きさの音で1日8時間以内にとどめることを勧めており、イヤホンで聞く場合は最大音量の60%以下にし、使用は1日1時間未満を推奨しています。

一度悪化した聞こえを改善することは難しいため、これから先、長く快適に音を楽しむためにも楽器店として知っておいてほしい情報をご案内させていただきました。

 

もう1点、スピーカーのメリットについて

・ケーブルの取り回しは気にしなくてよくなる。

・音量がコントロールできる=小さな音で練習したい方にお勧めです。

・耳の負担が少ないので練習時間を長くしても疲れが少ない。

 

以上のような理由からスピーカーとヘッドフォンを併用した練習を推奨します。

 

前置きが長くなりましたが本題に入らせていただきます。

動画で検証実験

テスト用のドラムは・・・

  • ROLAND TD-27SC-S

録画環境は・・・

  • 島村楽器イオンモール橿原店 店内スタジオ

録音機材は「iPad」で撮影。

ドラム側のボリュームを固定で実施してみましたが、音量差や部分的に音割れが発生したりしますので、音が割れずに聞こえる推奨値で録画しております。

ご紹介は3機種

①ROLAND PM-100

メーカー 型名 定価 販売価格(税込) 画像
Roland PM-100 OPEN ¥39,600

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

 

  • V-Drumsに最適化された高精細オールインワン・モニター・システム
  • 最大出力80W、専用開発された25cmのスピーカーと5cmツイーターを搭載したフルレンジ・オーディオ・システム
  • 座って演奏するドラマーがモニターしやすい角度のスラント形状を採用
  • チャンネルごとに独立したボリューム・コントロールとグローバルEQを備えたミキサー機能
  • V-Drums専用の入力端子に加え、オーディオ再生機器や電子パーカッション等を接続できる2系統の入力端子を搭載

②ROLAND PM-03

メーカー 型名 定価 販売価格(税込) 画像
Roland PM-03 OPEN ¥22,000

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

 

  • 2.1チャンネル・スピーカー・システムを搭載。自宅練習にでも十分なパワーと豊かな音の広がりを実現。
  • V-Drums TD-1KV /TD-1Kにベスト・マッチするスタイリッシュなデザイン。
  • 電源の切り忘れにも安心のオート・スタンバイ機能。
  • 標準タイプのライン・インプット(ステレオ)を搭載。他のVドラム・シリーズとの組み合わせも可能。

YAMAHA MS45DR

メーカー 型名 定価 販売価格(税込) 画像
YAMAHA MS45DR OPEN ¥29,700

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

 

  • 2.1チャンネルなので、キレイなステレオ感・迫力あるサウンドが得られる
  • サブウーファー:縦型なので省スペース、サブウーファー用Volume有り
  • ラックに取付可能なので、全身で迫力あるサウンドを体感しながらプレイできる
  • ケーブル(Y字ケーブル同梱)の長さに余裕があるので、安心セッティングが可能

以上となります。

 

自宅環境により音量の問題や、音色の好み等ございますが、電子ドラムを活用されている、もしくは検討されている皆様のお役に立てれば幸いでございます。

その他関連リンク

MyDRUMS Roland 紹介記事

MyDRUMS YAMAHA 紹介記事

この記事を書いた人のお店

店舗名 島村楽器 イオンモール橿原店