MyDRUMS(マイドラムス)

島村楽器のドラム専門サイト。ドラム・パーカッションにまつわる様々な情報を発信していきます。

HOME > 記事一覧 > 特集記事

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

【特集】<TD-50X活用術>TD-50Xでアンビエントを録る方法-八王子店-

「アンビエント」ってどう録るの?

さて、TD-50XはASIOでPCと接続すると最大32チャンネルのオーディオトラックをDAWに送り、オーディオデータのRECが出来ます。

KICKのLとRそれぞれのモノラル、およびステレオ1トラック
SNAREのLとRそれぞれのモノラル、およびステレオ1トラック
HIHATのLとRそれぞれのモノラル、およびステレオ1トラック

といった具合に、ドラムの各パーツに対してドバーとたくさんINとOUTがあります。

生ドラムにマイクを立てたときと同じ感覚ですね。

なので、DAW上で各オーディオトラックのINPUTを...

KICK
SNARE
HIHAT
RIDE
TOM1
TOM2
TOM3
CRASH1
CRASH2

といった風に設定すれば、あっという間に9チャンネルパラでの電子ドラムRECが出来ます。

タムは4つまで(TOM4)繋げますし、AUXも4つあるので(AUXは1~4で1つのAUXとしてまとめられますが)増設もそれなりに出来ます。

本当に、生ドラムにマイクを沢山立てた時の感覚です。

 

が、ここで落とし穴がありまして...上記の設定でRECされるのは、シンバル類も含めて生ドラムRECのようにオンマイクの音のみで、オーバーヘッドマイクやルームマイクの音はRECされません。

なので奥行きや広がりに乏しい音になってしまいます。

 

というわけで...OH(オーバヘッド)やRM(ルーム)などのアンビエントの音もオーディオトラックに録る方法をご紹介します。

DIRECT OUTに割り当てるべし

ここからは、上記の各パーツパラRECの設定までは完了している前提で進めてまいります。

では早速、TD-50Xの設定を変えていきます。

 

1:本体パネル右情報の「SET UP」ボタンを押します。

 

2:「F1」ボタンを押して"OUT PUT"を選択し、「ENTER」を押します。

 

3:「F1」ボタンを押して"MASTERを選択し、"本体ディスプレイ右側の「DOWN」ボタンを押します。

 

4:「F2」ボタンを押します。

 

5:十字ボタンの左右で"OH"を選択します(選択されていると、ホワイトバックで強調されます)。その後、"DIRECT"の"1"の所に"L"、"2"の所に"R"が表示されるように、十字ボタンの上下を押します。通常、下を3回押せばOKです。

下の写真のような表示になればOKです

 

6:先程の5と同様に、十字ボタンの左右で"RM"を選択します。その後、"DIRECT"の"3"の所に"L"、"4"の所に"R"が表示されるように、十字ボタンの上下を押します。通常、下を6回押せばOKです。

下の写真のように表示されればOKです。

 

7:6までの手順が完了したら、「UP」ボタンを押します。

 

8:十字ボタンの左右で"K"(キックドラム)を選択します(選択されていると、ホワイトバックで強調されます)。その後、十字ボタンの上を押します。通常、上を1回押せばOKで、下の写真のようになればOKです。こうすることで、DIRECT OUT の 1ch からキックドラムが出力されなくなります。

 

9:8と同様に、十字ボタンの左右で"S"(スネアドラム)を選択します(選択されていると、ホワイトバックで強調されます)。その後、十字ボタンの上を押します。通常、上を2回押せばOKで、下の写真のようになればOKです。追記:H(ハイハットシンバル)とR(ライドシンバル)も、同様の手順で DIRECT OUT から外します。

以上!あとはDAWに戻って、オーディオトラックのINPUTを設定してやって下さい!

モノラルとステレオの使い分け

今回の方法の場合、OHもRMもステレオで1トラックか、モノラルのLとRで2トラックか、DAWのオーディオトラックのINPUT設定から自分で選択できます。

ステレオ1トラックで録ると、当然ながら各パーツの定位が振られた状態でRECされます。

実際に録り音を聴くとHHはかなりLに、RIDEはかなりRに寄ります。

TOM類も、TOM1からTOM4にかけてLからRへと振られていきます。

もちろん、CRASH1とCRASH2も。

この辺りの定位を自分で調整したいのなら、ステレオ1トラックではなく、モノラルLとRの2トラックで録った方が良いでしょう。

OHとRMをパーツで分けることはできない

ここで紹介した方法は、生ドラムRECのようにオーバーヘッドマイクとルームマイクを立てたときにそれらのマイクが収音する音をDAW上に録る、という内容になります。

つまり"OHの中のスネアの音"というように、パーツごとにOHの音を取り出して録れるわけではないのでご注意ください。

今回ご紹介した「TD-50X」を装備したオススメ電子ドラム

Roland TD-50SC-X

※イス・キックペダル・スネアスタンド・ハイハットスタンドは付属しません

ブランド名 型番 税込販売価格
Roland TD-50SC-X 521,400

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

その他関連リンク

MyDRUMS Roland 紹介記事

MyDRUMS 電子ドラム 特集記事

この記事を書いた人のお店

店舗名 島村楽器 八王子店

お問い合わせは最寄りの店舗、またはオンラインストアまでお願いします

bc682e6ee4dd9581a75eb2919b650182-300x225

DRUMS SHOW2021 全国6会場で開催!