MyDRUMS(マイドラムス)

島村楽器のドラム専門サイト。ドラム・パーカッションにまつわる様々な情報を発信していきます。

HOME > 記事一覧 > 徹底検証 特集記事

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

【スネアフープ】-kitano-チタンの力!”kitano”のチタンフープ試奏レビュー!-八王子店-

チタンドラムを作り続ける「kitano」

突然ですが皆様、「チタン」という金属をご存知かと思います。身近なところではメガネのフレームに用いられたりする、ザックリ言えば軽くて丈夫で高価な金属です。

では、その「チタン」でドラム製品を作っている「kitano」というブランドが日本にあることはご存知でしょうか?

今回、当店をよくご利用頂いている常連様から、kitanoのスネア用チタンフープ(打面用)のオーダーを頂きました!

加工が非常に困難なチタンでドラムを作り続けるkitano。その魅力の一端に迫りたいと思います!

オーダー主は、ケイハチ王子!

当店は京王八王子駅直結の京王八王子ショッピングセンター、通称「ケイハチ」の6階にございますが、なんとチタンフープのオーダー主はケイハチのキャラクターであるケイハチ王子です!

商品お渡しの時に、当店併設のスタジオでチタンフープのサウンドを堪能されていきました!その時の様子をご覧ください!録音に使用したのは、もちろん「YAMAHA EAD10」!

王子のスネア

今回、王子がチタンフープを装着したスネアは、Pearl Joey Jordison シグネイチャースネア「JJ1365N」。口径が13インチ、深さが6.5インチ、テンション数は8のスチールスネアです。

こちらの写真は現行品で、JoeyがSlipknotを脱退した後のデザインです。王子所有のスネアは、JoeyがSlipknotを脱退する前のデザインで、現在は入っていないSlipknotのロゴが入っています。

チタンフープのサウンドはいかに

標準ではスチール2.3mmのSuperHoop IIが搭載されています。この標準状態のサウンドを確かめた所で、いざ!チタンフープに交換!

「改造してます」感バリバリのルックスになりました。徐々にボルトを締めていき、サウンドを確かめていきます。

…ん~と………ローピッチだと、変化が分かりにくい…。あれ…こんなモン?

ですが、そんな不安はすぐに払拭されました!

ミディアムピッチ辺りから、スナッピーがものすごく鳴るようになりました。標準のフープより明らかにボトムの鳴りがパワフルです。

もう少しピッチを上げてみると、いよいよチタンフープの本領発揮といった具合。ハイピッチでありながらも、ズッシリとした低域が鳴るように。迫力のサウンドに王子はとても満足していらしゃいました。

動画の通り王子はスピードとパワーが要求される曲をよく演奏されていますが、そのような場面にバッチリなサウンドです。

kitano製品取り扱い中!

kitano製品各種、取り寄せ・オーダーにて取り扱いをしております!高価ゆえになかなか手が出にくいkitano製品ですが、その威力は間違いなく値段分の価値があります!是非ご相談ください!

最後に、、、今回王子がオーダーしたフープは…

40,000円(税抜)

となりました。

この記事を書いた人のお店

店舗名 島村楽器 八王子店