MyDRUMS(マイドラムス)

島村楽器のドラム専門サイト。ドラム・パーカッションにまつわる様々な情報を発信していきます。

HOME > 記事一覧 > 徹底検証 特集記事

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

【電子ドラム】<ドラマー店長の大和田ブログ>電子ドラム徹底検証!第一回「スネアパッド打面比較」-ららぽーと柏の葉店-

今回から電子ドラムのメーカーやグレードによる『叩いた時の感触』について検証していきたいと思います。

アコースティックドラムに似ているものはどれだ?をコンセプトに更新していきます。

ローランドのメッシュパッドを検証!

14インチのメッシュパッドです。スネアドラムとサイズを比較してみますね。

リムもこのように再現していますね。

では実際にスティックワークをやってみましょう。ラディックのドラムスローンがお気に入りなので、こちらも使用します。

オープンリムショットは、14インチのサイズだけあってアコースティックドラムと近い感覚まで再現しています。

もちろん消音効果もありました。

続いてクローズドリムショットの検証ですが、こちらも大きな問題も無く満足度も高いです。

ロールの印象ですが、10インチくらいのメッシュパッドの比べると、跳ね返りや、奏法に対する癖も少ないと思います。

ヤマハのDTXパッドを検証!

スティックと比べて、サイズ感はこんな感じですね。

オープンリムショットを打ってみます。インチが小さくなりますが跳ね返りが丁度良いです。

続いてクローズドリムショット!リムが丸いですね。

最後にロールをやってみました。自然な印象を受けますね。

では結果発表・・・

ローランドのメッシュパッドに関して

オープンリムショット  ★★★★★

クローズドリムショット ★★★★★

ロール         ★★★☆☆

ストローク感      ★★★☆☆

コメント・・・リムの再現が出来ていることで、リムショットは限りなくアコースティックドラムです。

奏法が間違っていても、リムの音がでてしまう→アコースティックドラムでは上手く叩けないなんてことも防げますね。

ヤマハのDTXパッドに関して

オープンリムショット  ★★★☆☆

クローズドリムショット ★★★☆☆

ロール         ★★★★★

ストローク感      ★★★★★

コメント・・・ヤマハ独自の開発によって作られた打面は、ストロークやロールの跳ね返り方がとても自然です。

あくまでも主観ですが、ダブルストローク、トリプレットは自身のテクニックで磨く→電子ドラムは手助けしない、というくらい良いです。

メーカー毎の強みがあります。どちらが良い!とは決めることが難しいですから、実際に店舗で試すことをオススメします。

この記事を書いた人のお店

店舗名 島村楽器 ららぽーと柏の葉店