MyDRUMS(マイドラムス)

島村楽器のドラム専門サイト。ドラム・パーカッションにまつわる様々な情報を発信していきます。

HOME > 記事一覧 > 特集記事

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

【電子ドラム】ドラムってなに?電子ドラムの選び方がわからない方、初心者の方必見!!選び方のポイントまとめました!-ららぽーとEXPOCITY店-

ドラムを始めたい、ドラムを練習したい、でも家でどうやって練習したらいいのかわからない・・・

そんな方にオススメの電子ドラムの選び方、ポイントをご紹介致します!

メニュー コンテンツ
ドラムについて ・ドラムとは
・選ぶポイント
電子ドラムラインナップ ・コンパクトモデル
・持ち運び可能モデル
・入門モデル
・練習に最適オススメモデル
・本格派モデル

まず初めにドラムって何?

みなさん、ドラムと聞いてどんな楽器をイメージしますか?

きっとこの写真のようなイメージをされる方が多いと思います!

このようにドラムはいくつかの太鼓といくつかのシンバルが集まって構成されています。

上から見るとこんな感じです。

ではここでそれぞれの楽器について簡単にご紹介いたします!

①みんな知っている小太鼓「スネアドラム」

鼓笛隊やクラシック曲でも使われることが多い「スネアドラム」

楽曲で一番聞こえる太鼓の音はスネアドラムの音であることが多いです!

②一番低い音が鳴る大太鼓「バスドラム」

一番大きくて低い音が鳴るのが「バスドラム」です。

この「バスドラム」はスティックではなく自分の足でペダルを踏んで音を鳴らします。

このペダルもたくさんの種類があって、どのペダルで踏むかで踏み心地や音が変わります!

③フレーズを繋いだり、盛り上げたり大活躍の中太鼓「タム」

タムの中でも一番小さく高い音が鳴る「ハイタム」、中くらいの音が鳴る「ロータム」、

一番右に配置されている低音が鳴る「フロアタム」

このドラムはタムが3つですが、タムが2つだけ、4つや5つのドラムセットもあります。

④スネアドラムの相棒であり2枚で一つの「ハイハットシンバル」

2枚のシンバルを合わせて鳴らすのが「ハイハットシンバル」

スティックで鳴らすのはもちろん、左足でも鳴らすことが出来ます。

左足でペダルを踏んでいるときはシンバルが閉じ「チッチ」という音が鳴り、

ペダルを踏まない時はシンバルが開き「シャーンシャーン」という音が鳴ります。

⑤曲を華やかにしてくれるシンバル「クラッシュシンバル」

みなさんがイメージされるジャーン!といったシンバルの音は「クラッシュシンバル」であることが多いです!

クラッシュシンバルを鳴らすだけでとっても華やかで派手に演出出来ます。

⑥おしゃれにリズムを刻めるシンバル「ライドシンバル」

右側に位置する大きなシンバルが「ライドシンバル」です。

ジャズなどでハイハットシンバルに代わってリズムを刻みます。

シンバルの中央部分のカップと呼ばれる部分を鳴らすとはっきりした音でおしゃれに鳴らせます。

ドラムはこのような太鼓・シンバルを両手両足を使って鳴らします。

とっても大きな音から小さな音までならせて楽曲を支えて、引っ張って、華やかにしてくれる楽器です。

ぜひ一度本物のドラムを鳴らして生の音を聴いてみてください!!

電子ドラムって何?

ではこちらの楽器は何でしょう?

さきほどのドラム(アコースティックドラム・生ドラム)とは異なる電子ドラムです!

ご自宅で練習する際に大きな音を鳴らさずに静かに演奏することが出来るのが電子ドラムです。
ヘッドホンを繋げば楽器の音(ドンドン、シャンシャン)が聞こえるのは自分だけで、
外に聞こえるのはパッド(打面)を叩く音(ポコポコ)だけです。
また、スピーカーに繋いで音を鳴らせば、楽器の音を外に出すことが出来るので、
他の楽器と一緒に演奏することもできます。
また、ご自宅だけでなくライブやステージで、アコースティックドラム(生ドラム)と同じように鳴らしたり、
生ドラムでは鳴らせない音を鳴らすことも出来ます。

電子ドラムを選ぶ際には生ドラムにどれだけ近づけられるか、をポイントに選びましょう!

メニューへ戻る

選び方

①置き場所で選ぶ

ご自宅で鳴らす際に、まずどこに置くかを決めましょう。
電子ドラムはマットをひいて演奏することで、より静かに演奏できますので、
それぞれのモデルにあったマットの外寸を見て確認しましょう。
ただし、置き場所が狭くなればなるほど、セッティングも狭くなりますので、
生ドラムと同じセッティングで練習したい場合はある程度の置き場所が必要になります。

セッティング

セッティングとはパッドやシンバルの位置を決めることです。
人それぞれセッティングは異なります。

メタラーのスタッフと、杉浦のセッティングをRolandのTD-11KV-Sで比べてみました。

比べてみると、ライドシンバルの位置やフロアタムの位置に違いがあります。
ある程度セッティングを自由に決めることが出来るモデルがオススメです。
いつもとセッティングが違うと叩き辛く、演奏中にスティックが飛んでいってしまうこともあります。

②叩き心地で選ぶ

ヘッド(叩くところ・打面)の種類によって叩き心地が変わります。

1.ゴムパッド

練習パッドなどによく使われている素材で、安価なものが多いです。
叩き心地は生ドラムに比べて固く、跳ね返りが強いです。

2.Rolandのメッシュヘッド

とても静かで生ドラムと同じようにチューニングキーで張り具合を変えることができます。
(※張りを変えても音は変わりません。モデルによって音は音源モジュール側で変えることができます。)

3.YAMAHAのTCSヘッド

跳ねすぎず、よりリアルな叩き心地です。演奏をしていても手首やひじに負担をかけずに演奏できます。

③踏む感覚で選ぶ

ドラムは手だけでなく両足も使います。
右足はバスドラム(大太鼓)を鳴らし、左足はハイハットシンバル(二枚重なったシンバル)を鳴らします。
生ドラムの場合、バスドラムはペダルを使って鳴らし、ハイハットシンバルはスタンドについているペダルを使って鳴らします。

電子ドラムにはこのペダルをつけられるモデルと、つけられないモデルがあります。
生ドラムと同じ感覚で踏み、鳴らすためにはつけられるモデルをオススメします。
また、バスドラムペダルはどのメーカーのペダルでも取り付けが可能です。

④音で選ぶ

どれだけ細かい表現ができるか、どれだけ生ドラムに近い音が鳴るかは音源モジュールで変わります。
また電子ドラムならではの、ポップスやジャズ、ロックなど音楽のジャンルに合った音色や、
ドラム以外のパーカッションの音、など様々な音を鳴らすことが出来ます。
音の種類の多さや、コーチング機能など、鳴らしたい音や、好きな音を見つけモジュールを選びましょう。

メニューへ戻る

こんな方におすすめです

①とにかくコンパクトに!置き場所を少なくしたい方にオススメのモデル

Roland

TD-1シリーズ(ペダル付属。イスは別途必要。)

メーカー 型名 販売価格(税込) コメント
Roland TD-1K ¥49,680(込) 全てゴムパッドのビギナー向けドラムです!

メーカー 型名 販売価格(税込) コメント
Roland TD-1KV ¥59,400(税込) 低価格ながらしっかり練習できるコンパクトモデルです!

YAMAHA

DTX400シリーズ(イスとペダル付属。)

メーカー 型名 販売価格(税込) コメント
YAMAHA DTX400KS ¥54,000(税込) 静粛性に優れたキックユニットを搭載。

メーカー 型名 販売価格(税込) コメント
YAMAHA DTX430KS ¥63,720(税込) キックペダルが付属しているので、バスドラムを同じ感覚で踏み込めます。

メーカー 型名 販売価格(税込) コメント
YAMAHA DTX450KS ¥68,040(税込) スネアドラムにクローズドリム・オープンリムショットが可能な3ゾーンパッドを搭載。

DTX480KSC(YAMAHAと島村楽器のコラボモデル・ペダル付属。イスは別途必要。)

メーカー 型名 展示品特別価格 コメント
YAMAHA DTX480KSC ¥64,800(税込)

メニューへ戻る

②いろんな所で鳴らしたい!持ち運びをしたい方にオススメのモデル

Roland

Portable Series(イス・キックペダル別途必要。)

メーカー 型名 販売価格(税込) コメント
Roland TD-4KP-S ¥76,680(税込) 全てがゴムパッドのコンパクトモデル。

メーカー 型名 販売価格(税込) コメント
Roland TD-1KPX2 ¥99,900(税込) 全てメッシュヘッドでツインペダルにも対応

メニューへ戻る

③省スペースかつ自分のセッティングで鳴らしたい方にオススメのモデル

Roland

TD-17シリーズ(イス・キックペダル別途必要。)

生ドラムと同じハイハットスタンド・キックペダルがつけられます。

メーカー 型名 販売価格(税込) コメント
Roland TD-17KVX-S ¥172,800 ハイハットスタンド・キックペダル・イス・マット別売

メーカー 型名 販売価格(税込) コメント
Roland TD-17KV-S ¥129,600 キックペダル・イス・マット別売

メーカー 型名 販売価格(税込) コメント
Roland TD-17K-L-S ¥99,900 キックペダル・イス・マット別売

YAMAHA

DTX500シリーズ(キックペダル・イス・ハイハットスタンド付属)

メーカー 型名   販売価格(税込) コメント
YAMAHA DTX522KFS ¥99,360(税込) タムがゴムパッドで全て3ゾーンパッドになっているので、細かな表現も出来ます。

メーカー 型名   販売価格(税込) コメント
YAMAHA DTX532KFS ¥131,760(税込) ハイハットスタンドを搭載したタムがゴムパッドのモデル。

メーカー 型名   販売価格(税込) コメント
YAMAHA DTX562KFS ¥155,520(税込) すべてDTX-PADでハイハットスタンド搭載のモデル。

メーカー 型名   販売価格(税込) コメント
YAMAHA DTX582KFS ¥187,920(税込) キックパッドもリアルな踏み心地になっている本格派モデル。

メニューへ戻る

④家でも生ドラムと同じように練習したい!本格派の方にオススメのモデル

Roland

TD-25シリーズ(キックペダル・イス・ハイハットスタンド別途必要)

メーカー 型名 販売価格(税込) コメント
Roland TD-25K-S  ¥224,640(税込) ハイクオリティのサウンドで演奏できます。

メーカー 型名 販売価格(税込) コメント
Roland TD-25KV-S ¥280,800(税込) クラッシュシンバル2つ、ライドシンバルが1つ搭載されたドラマーに最適のモデルです。

TD-25SC-S(Rolandと島村楽器のコラボモデル。キックペダル・イス・ハイハットスタンド別途必要)

メーカー 品番 販売価格(税込) コメント
Roland TD-25SC-S ¥226,800(税込) フラッグシップモデルTD-30直系の音源を使用。本物志向の方にオススメの機種です。

YAMAHA

DTX700シリーズ(キックペダル・イス別途必要)

メーカー 型名   販売価格(税込) コメント
YAMAHA DTX720K ¥221,400(税込) 大型キックパッドで心地よい演奏感を生みます。

メーカー 型名   販売価格(税込) コメント
YAMAHA DTX760K ¥372,600(税込) スネアドラムをスタンドに設置し独立したセッティングが出来ます。

メニューへ戻る

⑤ステージでも、レコーディングでも使いたい方にオススメのモデル

Roland

新製品!TD-50SC-S(ローランド×島村楽器コラボレーションモデル)

メーカー 品番 販売価格(税込) コメント
Roland TD-50SC-S ¥465,696(税込) 最上位機種TD-50の音源をご自宅でも楽しめます!※キックペダル・スネアスタンド・ハイハットスタンドは別売です

TD-50KV-S(最上位モデルの組み合わせです)

メーカー 品番 販売価格(税込) コメント
Roland TD-50KV ¥531,360 Rolandが誇る電子ドラムシリーズ、V-Drumのフラッグシップモデルがリニューアルして新登場!※パッド、シンバルのみのモデルです
Roland MDS-50KV ¥96,120 TD-50KV専用のスタンドラックです!
Roland KD-140-BC ¥96,120 14インチの大型口径のバスドラムキックパッド!自然な叩き心地に、抜群の安定性を誇ります!

※キックペダル・ハイハットスタンド・スネアスタンドは別売です

YAMAHA

DTX900シリーズ(キックペダルは別途必要です。)

メーカー 型名   販売価格(税込) コメント
YAMAHA DTX920K ¥480,600(税込) フラグシップモデルの最上位機種です!生ドラムに劣らない迫力で演奏できます。

メニューへ戻る

この記事を書いた人のお店

店舗名 島村楽器 ららぽーとEXPOCITY店