【FAQ】DSD とは?

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

DSD

DSD=「Direct Stream Digital」の略。

CD-DAやDVDビデオのPCM方式(16bit44.1kHzなど)ではなく、ΔΣ変調(デルタシグマへんちょう)とよばれる原理でデジタル化する方式。DSDは高サンプリング周波数、低ビットが特徴で、たとえばCDの64倍の「2.8224MHz(=2822.4kHz)、1bit」という、サンプリング周波数が非常に大きな単位でデジタル化される(5.6448MHz、1bitなどもあります)

PCM方式と比較すると低ノイズ、瞬発力の高さ、データ量の軽減等々の特徴があり、PCMに代わる今後の主流となるといわれている。

【詳細・関連記事】

ハイレゾとは?DSDって何?【今さら聞けない用語シリーズ】

⇒FAQ:オーディオ基礎知識に戻る

⇒FAQ:トップページに戻る

「レコーダー」タグの関連記事

↑ページトップ