【作曲に役立つ「耳コピ」のコツ】 vol.1 作曲・コード進行・メロディー予備知識編

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

コードとメロディーの関係

ひとつのメロディーに対し考えられるコード進行は「ほぼ無限」なので、同じ曲であっても編曲次第で全く印象(場合によっては曲の善し悪しも)が変わってしまいます。下記は同一曲が全く異なったコード進行にアレンジされている例です。

オリジナル Adele - Rolling in the Deep

コレやり過ぎだろ~DirtyLoops・・・でもカッコイイね

・・・とても同じ曲には聞こえませんね。

逆に「同じコード進行」を持つ曲も沢山あります(チャーリー・パーカーに代表されるビバップ・ジャズの時代ではコード進行は同じでメロディーが異なる曲が沢山演奏されました)

微妙に違うんですけどね

前述のとおり、コード進行を創ることが作曲なのか編曲なのかは状況によりますが、いずれにせよバックのハーモニー(やコード進行)はメロディーと同じくらい曲想を決定する大事な要素なんですね。逆に考えると、どんなにメロディーが素晴らしくても編曲次第でぶち壊し・・・ということもありうるわけです・・(泣)

作曲と編曲

ということで、作曲と編曲というのは表裏一体のようなもので「どこまでが作曲でどこまでが編曲」という厳密な区別は非常に難しいのではないかと思います(※注)メロディーとコード進行を作ることが必ずしも作曲でない場合もありますし。楽曲によってはこれらすべてを作曲と呼んだりするわけです。

※日本の著作権法上では「ある曲を他と区別し、特定することのできる主な要素(この場合はメロディー:旋律)」を創作した人が作曲者(著作者)として認められます。もちろんアレンジャーにはまた別の権利が派生しますが「曲を特定できるかどうか」という観点で考えるとコード進行には通常は著作権を主張するのは難しいのかもしれません・・・・なお歌詞にはもちろん著作権があります。

パソコンを使った作曲

昨今の音楽制作の過程は昔とは大きく変わってしまい、パソコンやDAW、シンセ等を使って誰でも「楽曲」の制作ができるようになりました。譜面を一切使わなくなったという方も多いと思います。

hero-whats-new01

したがって単にメロディーとコード進行を作ってバンドで演奏するだけでなく、シンセサイザーを使ってドラム、ベース、ギター、オーケストラ・・・等々の演奏を打ち込む「楽曲制作」が「作曲」であるという認識の方も多くなってきているのではないでしょうか。

「楽曲制作」が「作曲」だとすると、必要な知識というのは非常に多岐にわたりますね・・ざっと挙げると

  • 音楽理論
  • 編曲(アレンジ)技術
  • レコーディング技術
  • ミキシング技術
  • センス

でもこれらを極めることは=「プロの作曲家であり、アレンジャーでもあり、エンジニアでもある」というとんでもないことになってしまうので、次回からは作曲の基本となる「コード(進行)」「メロディー」そして「楽曲構成」等について「これだけは押さえておいてね!」という内容を「耳コピ」を通してご紹介できればと思います。それでは~

おまけ

「Quincy Jones-Tell Me A Bedtime Story」中盤からのストリングスのフレーズは、ハービー・ハンコック(key)のローズのソロを「耳コピ」して採譜し演奏したもの。クインシーはこうした手法を他の曲でも使っています(What's going onではトゥーツ・シールマンスのハーモニカソロをストリングスで再現しています)

【耳コピ】シリーズ

【作曲に役立つ「耳コピ」のコツ】 vol.2 コードとコード進行 基本編

【作曲に役立つ「耳コピ」のコツ】 vol.3 曲の構成 & DAWソフトを使った耳コピ

【作曲に役立つ「耳コピ」のコツ】 vol.4 コード進行とメロディー その1

【関連記事】

曲のコード進行を簡単表示する「無料」耳コピ 神アプリ「Chord Tracker」を試してみた

 

【関連記事】耳コピに必要な知識については公式ブログ「音楽力をアップする耳コピのすゝめ」もあわせてご覧ください。

【関連記事】初心者向け音楽制作のすゝめ 002 DTM(DAW)ソフト選び

【関連記事】無料でDTMソフトを使ってみよう!DTM体験版まとめ(随時更新中)

お問い合せの際は「【デジランド】を見た」とお伝えいただければ幸いです。link_shop

「耳コピ」タグの関連記事

続きを読む: 1 2 3

↑ページトップ