Propaganda(プロパガンダ)の「PPG Wave」 シンセサイザー温故知新 #006

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

A Secret Wish-25th Anniversary

A Secret Wish-25th Anniversary

posted with amazlet at 13.12.24
Propaganda

Salvo (2010-07-27)

売り上げランキング: 58,692

ドイツの男2女2の4人組ニューウェーブバンド" Propaganda "(プロパガンダ)は、一般的にはシンセポップ、ニューウェーブにカテゴライズされるようですが、自分は勝手にプログレだと思っております。

1985年にZTTレーベルより発表されたアルバム「A SECRET WISH」は、Propagandaのデビュー作。当時はとにかく「音が凄い」と(一部で)評判になりました。シンセを中心とした最先端のサウンド、おどろおどろしい雰囲気の中にかいま見えるポップセンス、クラシック的素養の溢れる楽曲・・・今聞いてもしびれます・・

トレヴァー・ホーン(元バグルス、イエス、アート・オブ・ノイズ)、デヴィッド・シルヴィアン、ポリスのスチュアート・コープランド(Dr)やイエスのスティーヴ・ハウ(Gt)らがちらっと「参加」しています。

"Duel"

" Duel "(track4)、" p:Machinery "(track6)は日本車のCMや、TV番組でも使われていましたので、ご存知の方もいらっしゃると思います。なお"Duel"ではスチュアート・コープランドのドラムフレーズをサンプリングし、素片として再構築しているということですが、スネアの音はめちゃくちゃ良いですね。

" p:Machinery " 1:15~のブラス・フレーズのところがCMで使われておりました・・・ライブはもちろん「当て振り」です

さて本アルバムでフィーチャーされているのが「PPG Wave 2.3」(ピーピージー・ウェイヴ・ツーポイントスリー)というシンセです。PPG(Palm Productions GmbH)はWolfgang Palm氏が創立した、「WALDORF」(ウォルドルフ)の前身ともいえる企業(GmbH=有限会社)です。

この「PPG Wave」は同氏が開発した、世界初のデジタル方式のウェーブテーブル・シンセサイザー。

800px-PPG_WAVE_2.2wikipedia

私は数回ほど触った程度しかないのですが、オシレーターはウェーブテーブル(サンプリング波形のこと)方式、VCF(フィルター)とVCA(アンプ)はアナログ・・というハイブリッド・サウンドが特徴です(8音ポリフォニック)。

「Wave 2.2」は2,000種類のウェーブフォーム(8ビット)のオシレーターを搭載、「Wave 2.3」から12ビット、MIDI対応、マルチティンバーになりました。1985年の国内価格ですが、Wave2.2は198万円、2.3は250万円・・車の値段です。

PPGのサンプリング・レコーディング・システム「WAVE TERM」(348万)と組み合わせることで、Fairlight CMI(フェアライトCMI=1200万円)っぽいことができたと言われております・・・シンセで音楽やるのは金かかったんですね・・まあ昔の話ですが・・

※フェアライトCMI:サンプラー&ワークステーションの元祖、「ジャン」というオケヒットで有名

プラグインソフト

「PPG WAVE」をエミュレーションしたプラグインでは、waldorf社の「WALDORF PPG Wave 3.V」が発売されております。1985年当時600万円くらいのシステムが、現在ではパソコン込みで100分の1の値段で買えるわけですね。

sujpa200001spajy

INTEGRA-7で打ち込み

今回はRolandの音源モジュール「INTEGRA-7」を使用してアルバム1曲目の「Dream within A Dream」をサクッと打ち込んでみました(耳コピ&制作時間30分)

こちら原曲

【パート構成】

  • ドラム
  • シェーカー
  • コンガ
  • ベース
  • ギター
  • マリンバ
  • トランペット
  • シンセストリングス1 (Hi)
  • シンセストリングス2 (Mid)
  • アルペジオのシーケンスパートは面倒なので省略

「Dream within A Dream」はエドガー・アラン・ポーの詩を引用したポエトリーリーディング。

All that we see or seem Is but a dream within a dream.

「この世は夢のまた夢・・」みたいな詩の通り、耽美的で神秘的な楽曲です・・・インセプション思い出しました。

この曲は8分間ベースはずーっと「C」で、和声部はFsus4、F#(b5)、F#(#5)、Fm、EbM7、Dm7、Dsus4といった変なコードが使われていますが、非常にスリリングな展開で惹きこまれますね。

同じ音をルート保持するこうした手法をベダル・ポイント(※)と呼びますが、オープニングがいきなりこの曲というのは「ポップバンド」としてはかなりの冒険ではなかったかと思います。トランペットはサンプラーではなく生(by Allen L. Kirkendale)

コードは2種類のシンセパッドで演奏されていると思われますが、非常に重厚なハーモニーを奏でております。今回はオクターブレイヤーされたキラキラ系のシンセ・ストリングスを高音部に、中域にはモワっとしたパッド系サウンドを配置してみました。

ところで本作ではやはりFairlight CMIは使用されていたのでしょうか?・・・クレジットには無いのですが・・諸説あるのでどなたかご教示いただければ幸いです。

※バロック音楽等で行われる「通奏低音」は、低音の旋律に伴奏をつける演奏形態のこと。ペダル・ポイントとは違います。


この商品をオンラインストアで購入する

この商品をオンラインストアで購入する

この商品をオンラインストアで購入する

「温故知新」タグの関連記事

↑ページトップ