エマーソン・レイク・アンド・パーマー / タルカス Moog Modular シンセサイザー温故知新 #001

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Moog_Modular_55_img1

wikipedia

シンセの名演をたずね新しきを知ろうということで「シンセサイザー温故知新」第一回目です。やはりトップは「Moog」シンセサイザーです。

 

今回のお題:エマーソン・レイク&パーマー(ELP)の“TARKUS”

CDタイトル:TARKUS

Tarkus

Tarkus

posted with amazlet at 13.03.05
Emerson Lake & Palmer

Sony UK (2011-02-22)

売り上げランキング: 3,190

リリース:1971年

使用シンセ:Moog Modular、mini moog、etc.

モーグといえばELPですよねやっぱり。ちなみに「Moog」は「モーグ」と読みます。「ムーグ」と呼ぶ方もいらっしゃいますが、これはシンセの祖、故モーグ博士のお名前ですので正しくは「モーグ」です。

参考Wikipedia

Moogは現在も続々と新製品を発売しているアメリカの企業ですが、今回は元祖の「モジュラーシンセ」を使用したサウンド、そしてELPのキース・エマーソンのプレイにフォーカスしてみたいと思います。

で、モジュラーシンセってどんなものかというとこの写真の右側に鎮座している「タンス状態」のものがモジュラータイプです。左の人物はモーグ博士。

Bob_Moog3

wikipedia

モジュラーシンセ

日本では冨田勲先生が1970年にアメリカから購入(当時で1000万!)された際、こんな風貌ですから楽器と認められずに、なかなか通関できなかったという逸話が有名ですね。

えー突然の昔話ですが:

コレ、音出すまでが一苦労なんですよね。このワタクシめも昔、松武秀樹氏のMoog Modular(通称タンス)をお預かりさせていただいた会社に在籍していたことがあるのですが、とにかくセッティングから大仕事。

まず大中小の3つのモジュールをタンス状態に重ねてそれぞれをマルチケーブルで接続します。ちなみに見た目よりは全然軽いです。

続いてキーボードコントローラーをごついケーブルでモジュールと接続します。これで一様セッティングは完了ですが、音出すためにはミキサーとかアンプに接続してやらないといけません・・が,しかし・・・「音はどこからでてくるんだ?」・・・冨田先生も松武氏も最初そう思われたに違いありませんが、とにかくジャック穴だらけ。まずこの時点で「??」。

仮に最終的に音が出てくる(ハズの)ジャックが見つかったとしても、それだけではダメなんです。何本かのケーブルでモジュール同士をパッチングしてやらないといけないんですね・・・マニュアルなんて無いし、実際ワタクシもキーボード弾いて音を出すまで1日かかりました(これホント)デタラメにやっていてもまず無理。ちゃんとそれぞれのモジュールの意味を理解しないといけないんですね。

これはIIIC

VCO(電圧制御発信機) ⇒ VCA(電圧制御増幅器)という流れのパッチングをすれば音出しは可能ですが、キーボード弾いてないのに「ブーン」という音が出っぱなしになったりします(泣)音色も変えられませんし~だれか助けて~という有様。両氏はどうやってあんなにスゴイ音作りをされていたのでしょうか?スゴすぎる・・

・・というわけで、キーボード弾いた時だけ音が出る、という楽器として当然の行為を可能にするためのセッティングだけで半日かかりましたよ~でも非常に貴重な経験をさせていただき、とても楽しいひとときでした。松武様どうもありがとうございました・・

 

 

 

Emerson, Lake & Palmer(エマーソン・レイク・アンド・パーマー)

ということでこの初期型モジュラー・シンセですが、なんとこれをライブで使って有名なのがなんといってもEmerson, Lake & Palmer(EL&P)のキース・エマーソン。2013年現在でもバリバリの現役、大スター・キーボーディストです。

EL&Pはキーボード&ベース&ドラムというトリオ編成。ロックにシンセサイザーをいち早く取り入れ、見事に昇華させたスーパー・プログレッシヴ・ロック・バンドです

アルバム「TARKUS」はキースがシンセを使い倒し始めた頃のELPの大作ですね。一曲目の「Eruption」は、吉松隆氏によってオーケストラ・ヴァージョンとして編曲され、何年か前のNHK大河ドラマでも使われておりました。

さて、4th interval build (フォースインターバルビルド) =4度堆積の和音を中心に作られた組曲「TARKUS」で聴くことができるのが、今回のお題、モーグモジュラーのサウンド。

20120207152729

4th interval buildに関してはこちらの記事も参照していただくとよろしいかも。

音楽力をアップする「耳コピのすゝめ 」第10回 マイナーでもメジャーでもないコード

1:12~の「ソファソシb」~サウンドに注目してください。

http://youtu.be/YJINce7l3P4

http://www.youtube.com/watch?v=YJINce7l3P4&w=420&h=315

アンプから出しているんでしょうか?あたかも猛獣の咆哮の如き「ワイルドだろー」というサウンドでございます。おそらくこんな音出せるシンセは現役では絶対無理でしょう・・と書くとこのコーナーも終わってしまうので頑張って行きたいと思います。

今回使用したのはArturiaの「Modular V」ソフトシンセです。

MVTARCUS

見た目はほぼ一緒なので、同じ音が出せそうですw

VCO(ホントは違うけど)を3個重ねただけのシンプルセッティング。

もちろんノコギリ波です。デチューン(チューニングずらし)かけてミキサーで3オシレーターをミックス、フィルター経由でアンプ部という非常にスタンダードなセッティングです。忘れてならないのはポルタメント。原曲の音痴っぽさを出すためにエンヴェロープ音程をしゃくりあげる効果を与えています。

30分頑張ったんですが、いかがでしょうか?

そういえば、昔のライブではオシレーターの4度重ねサウンドで、sus4フレーズ弾いたりしていますね。3つのオシレーターを使用して、それぞれのチューニングをずらし、単音で弾いてもsus4ボイシングサウンドになる音色です。

20120207152730

製品情報 Arturia Modular V(株式会社フックアップ)

Jordan Rudess氏のTarkusカバー

ドイツのELPとか呼ばれていた「トリアンヴィラート」少々ポップ路線です

TRIUMVIRAT "THE CAPITAL OF POWER"


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「温故知新」タグの関連記事

 

↑ページトップ