【動画】Pioneer DJ BEAT FXの通な使い方3つ!機材選びのポイント!

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

最近は低価格のDJコントローラー等が良く売れているわけですが、詳しい人に聞くとちょっと高めの機材をススメられますよね?
でも初心者の方だと違いなんて分からないからとりあえず低価格のものを購入したりします。低価格のものでも最近は凄いです!当然大抵のプレイには対応していますので、DJができないなんてことは全然ありません!

しかし、高い機材をススメるのにはわけがある!
その中のほんの一例ですが、エフェクターの裏技をご紹介します。こんな小さなテクニックができるDJとそれ以外の違いだったりしてくるわけですね。

ECHO + TIMEでリングモジュレーションっぽくRISE UP

  1. BEAT FXでECHOのエフェクトを選択(SPIRALでも似たようなことができます。)
  2. 1/8拍、1/4拍、1/2拍のいずれかを選ぶ
  3. ECHOを掛けるチャンネルを選ぶ(A/Bは不可)
  4. DEPTHは0からスタート
  5. エフェクトをONにして、DEPTHを少しずつ上げていく
  6. TIMEのつまみを左に回していく(DEPTHもいじりながら効果的な位置を探る)
  7. サビなどでエフェクトをOFF
このプレイができる機材
(現行品)
DJM-900NXS2
DJM-750MK2
XDJ-RX2
DJM-450
たぶん無理 XDJ-RR
DDJ-1000SRT
DDJ-1000
DDJ-800
DDJ-400
DJM-S3
DDJ-SR2
DDJ-SB3

このプレイはTIMEのつまみで、1/16以下にする必要がありますので、TIMEのつまみが無い機材では使用できません。実はDDJ-1000にもTIMEつまみが無かったというのはビックリ!


REVERBで空間演出してRISE UP

DJ peechboyインタビューclubberia

  1. BEAT FXでREVERBのエフェクトを選択(SPIRALでも似たようなことができます。)
  2. REVERBを掛けるチャンネルを選ぶ(A/Bは不可)
  3. エフェクトをONにする。
  4. TIMEのつまみを徐々に右に上げていく。
  5. TIMEのつまみを左に回していく(DEPTHもいじりながら効果的な位置を探る)
  6. サビなどでエフェクトをOFF
このプレイができる機材
(現行品)
DJM-900NXS2
DJM-750MK2
XDJ-RX2
DJM-450
TIMEが無いけど可能
BEATボタンで行う
XDJ-RR
DDJ-1000SRT
DDJ-1000
DDJ-800
DDJ-400
たぶん無理 DJM-S3
DDJ-SR2
DDJ-SB3

このエフェクト効果もTIMEのつまみが重要になってくるのですが、上の方にあるBEATのボタンでもできないことはありません。ただ、1回ボタンを押すと一気に%が上下するので、ゆっくり変化させたりができません。

ROLLで組んだLOOPを別のチャンネルにコピー

2つのプレーヤーを3つ分として使用可能だったり、ビートをコピーしてスクラッチの練習をしたりできます。

  1. BEAT FXでROLLのエフェクトを選択
  2. ROLLのエフェクトで、4拍、8拍、16拍のいずれかを選ぶ
  3. ROLLを掛けるチャンネルを選ぶ(A/Bは不可)
  4. エフェクトをONにして、指定した拍数を記録(指定拍数後プレーヤーはストップ)
  5. CHセレクターで別のチャンネルに切り替える
このプレイができる機材
(現行品)
DJM-900NXS2
DJM-750MK2
DJM-450
XDJ-RX2
DDJ-1000SRT
条件付きで
OK
DDJ-1000(EXTERNALモード時のみ)
たぶん無理 DDJ-800
DDJ-400
XDJ-RR

このプレイに関しては"機材側で"ROLLがかかる機種であればプレイ可能です。DDJ-400や、DDJ-800はソフトウェア内のエフェクトをコントロールする仕組みですので、このプレイができませんでした。DDJ-1000は機材側にエフェクトが内蔵されていますが、PCに接続して使用する場合はソフトウェア内のエフェクトをコントロールするようになるため、PCを接続するときは使用できません。DDJ-1000SRTはPCに接続しているときも使用可能です。


今回紹介した機材を購入する

3つ全てができる機材

  • DJM-900NXS2
  • DJM-750MK2
  • XDJ-RX2
  • DJM-450

DJM-900NXS2


この商品を展示している店舗

↑DJM-900NXS2の展示店舗はこちらから

DJM-750mk2


この商品を展示している店舗

↑DJM-750MK2の展示店舗はこちらから

XDJ-RX2


この商品を展示している店舗

↑XDJ-RX2の展示店舗はこちらから

DJM-450


この商品を展示している店舗

↑DJM-450の展示店舗はこちらから

この記事についてのお問合せ

この記事についてのお問合せなどは、下記バナーをクリックするとDJ HAGIのいる時間を公開していますので、お気軽にお問合せ下さい。ただし、展示していない店舗でもお取り寄せ等での対応は可能ですので、できる限りお近くの島村楽器で機材を購入するようにお願いいたします。


DJ Jiro


この記事を書いた人
DJ HAGI a.k.a DRAGON
三宮オーパ店 DJ.デジタル楽器アドバイザー 萩尾(はぎお)
2001年のDMCのビデオ映像に衝撃を受け、バトルDJに憧れる。その後すぐにDJバトルを企画し、10年以上定期的に草DJバトルをプロデュース。機器のチューンナップや修理が趣味。


DJ HAGI a.k.a DRAGON の記事を見る
三宮オーパ店 ホームページ

「dj-hagi-a-k-a-dragon」タグの関連記事

↑ページトップ