ハードシンセの逆襲?シンセメーカー御三家の新製品比較

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こんにちはサカウエです。突然ですが「シンセ御三家」は「ヤマハ、コルグ、ローランド・・」とすぐ言えるあなたは只者ではありませんね?

現在、音楽制作の世界では、「シンセ」=「ソフトシンセ」という感じになってます。

「ソフトシンセ」というのはその名の通りパソコン上で動作するシンセサイザー。

Lyle Maysのデモ:すごいこのクオリティー! ソフトかハードかという次元を超え、純粋に音楽として素晴らしいですね。

ベース音源の決定版 Spectrasonics Trilian

さてiPhoneのアプリでお分かりの通り、最近はシンセに限らず何でもかんでもみんなアプリケーション化されておりまして、書籍はKindle、音楽はiTunesみたいな感じで「ソフト化」されております。

シンセも例外ではありません。

ちょっと昔のソフトシンセは「おーパソコンで動いてるースゴ!」という物珍しい程度のクオリティーで残念な感じの物が多かったんですが、現在のソフトシンセは「ムーアの法則それ何?」的に進化しているCPUパワーで今は凄まじいほどのクオリティーとなっております。しかも安い

iPadのGarageBandなんて、たったの450えん。

後半演奏してるオケなんてたった5分でできちゃうわけですので、まあ恐ろしいことです。

ちなみに動画で使ってる鍵盤は、iPhone、iPod、iPad、Mac、PCで動作する「iRig KEYS」という一万円くらいのキーボードです。どれだけデフレやねん!という話です。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

ただ誤解のないように言っときますが、これで本格的な音楽制作ができるかというと「?」で、まあレベルにもよりますが、そりゃあパソコンとDAWソフトとオーディオ・インターフェース・・といった本格的制作システムを凌駕するという話ではありません・・でもあくまで今のところ、将来はわかりませんが・・・

あーいかん前置きが長くなりました、本題のハードシンセですが、シンセ御三家(死語)が最近頑張っておりまして、立て続けに「ハードシンセ」を発表してるんですね、エライです。

さてハードの良さというのはおそらく

  • 安定感:最近はそーでもないけどパソコン落ちおたりしたら困る
  • 存在感:ステージで目立つ、カッコイイみたいな、すぐ音出るってのもある。
  • 所有感:古い人間なので・・

まあ他にもいろいろあると思いますが、こんなあたりでしょうか。

個人的にはソフトシンセ便利だけど、環境によってはレイテンシー(遅れ)が少々気になりますーー環境整備すればほとんど遅れは無くなるのですが、環境に左右されるというシチュエーション自体に束縛感を感じます(年のせいもあるかも)。

いずれにせよ仮にソフトシンセ・メインで行くぜ!と決めたとしても、やはりデータ入力の鍵盤は必要なわけです。その場合、音源入っていないコントローラー・キーボードもいいけど、どうせならすぐ音の出るハードシンセ(まあピアノでも良い)がやはり必要かな・・と。

とうわけで非常に長い前振りでしたが、各社のシンセを比較してみましょう。

コルグ KROME

販売価格

KROME-61:(税抜)¥100,000 (税込 ¥108,000)⇒価格改定(税抜)¥74,000 (税込 ¥79,920)

JANコード:4959112099128

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

ヤマハ MX49, MX61

(MX49とMX61の違いは鍵盤数だけ)

ネタはライル・メイズ、エマーソン、アート・オブ・ノイズ、グルーシン、デビフォス、です。

このシンセの凄いところは、出音と値段のギャップ・・なんと¥49,800-(MX49)!!

しかもこのシンセは非常に軽いです。MX49だとなんと3.8Kg、持ち運びもらくらく、しかもマニュアルいらずのイージーオペレーション。

全国の女子中高生の皆さんこれは買いですよ〜

販売価格

MX61 BU

(税抜)¥72,000 (税込 ¥77,760)

JANコード:4957812606301


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

最後にローランドさんのINTEGRA-7

これはローランドさん久々の鍵盤ついていない「音源モジュール」ですね。

SuperNATURAL音源という非常にリアルなサウンドエンジンを積んでおります。

ベース

アコギ

ジャズ・ギター

バイオリン

ハーモニカ、ハープ

アコーディオンざます

いままでどんなに音源が「リアル」であっても、それなりの弾き方(または打ち込みワザ)がないとそれっぽくは聞こえなかったのですが、このINTEGRA-7の場合はリアルタイム演奏でも「それっぽく」聞こえるという優れもの・・とまるでデモンストレーターのようなこと言ってますが、でもホントです。

これは少々お値段張りますが、分かる人から見れば安いもんです。モジュールなんで、女子高生とかはあまり縁がないと思います。買う人は制作系の人とかプロミュージシャンですねおそらく。

販売価格

INTEGRA-7:(税抜)¥180,000 (税込 ¥194,400)

JANコード:4957054502676

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

そんなわけでシンセ=¥248,000という時代からはかなり状況が変わってきてはいますけども御三家には今後共、ぜひ素晴らしい製品をリリースしていっていただきたいと思います。

【関連記事】

パット・メセニー&ライル・メイズの「September Fifteenth」をINTEGRA-7で再現してみた

「synthesizer」タグの関連記事

Namm Show 2018

↑ページトップ