KENTON | 16×16 ルーティングマトリックス対応MIDIパッチベイ

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こちらの製品の国内発売および取り扱いは本記事公開時では未定です

MIDI→CVコンバーターでおなじみの KENTON Electronics ( ケントン・エレクトロニクス )が16×16内部ルーティングマトリックス(8x DIN I / O、4x USBホスト、4x USBデバイス)を備えたUSB-MIDIパッチベイ「Interchanger」を発表しています。同社によれば開発中のモデルとのことですが、ユーロラックやモジュラー、各種グルーヴ・ギアのMIDI/CV対応機器のユーザーが増加している中、こうしたMIDIパッチベイの存在は貴重かと思われます。

特長

  • リアパネルの8xDINMIDI入力・出力。
  • 最大4つのクラスコンプライアント USB-MIDI デバイス用の4xUSB「ホスト」ポート。それぞれがルーティングマトリックスの送信元とディスティネーションになります。
  • インターチェンジャーをコンピューターに接続できるようにするUSB​​「デバイス」ポート。ルーティングマトリックスの送信元およびディスティネーションとして使用できる4倍の入力および出力として表示されます。
  • 16×16内部ルーティングマトリックス(8x DIN I / O、4x USBホスト、4x USBデバイス)–入力の任意の組み合わせを出力の任意の組み合わせにルーティングできます。
  • MIDIマージ、フィルタリング、スケーリング、転置、メッセージ変換など、ルーティングマトリックスで複数の操作を連鎖させることができます。
  • リモートエディタプログラム(開発中)ユニット自体で完全にプログラム可能です。
  • 255個のパッチと255個のシーンを保存・呼び出し可能。シーンの一部として、インターチェンジャーはMIDIプログラムの変更を送信し、各ポートの-各チャンネルのバンク選択メッセージを送信できます。
  • 現在のシーン番号を表示する視認性の高い専用の3桁のLEDディスプレイ。
  • デュアル割り当て可能なフットスイッチ入力。
  • 複数のユニットをリンクして、拡張ルーティングマトリックスを作成できます。
  • 取り外し可能な耳を備えた1Uラックユニット。

発売日

未定

販売価格

未定

こちらはMOTUの「MIDI Express」


DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「アナログシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ

DTM安心サポート