Nugen Audio : Stereoizer Elements | サウンドの広がりを自在にコントロールするプラグイン

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Nugen Audioが3つのステレオ幅のアルゴリズムを搭載し、サウンドの広がりを自在にコントロールするプラグインソフト「Stereoizer Elements」を発売します。

Stereoizer Elementsは、「Stereoizer」をより手軽に使いやすくしたプラグイン。サウンドの広がりを調整するLinear Width、両耳間強度差(IID)、両耳間時間差(ITD)を自由にコントロール可能です。

ステレオイメージの拡大

モノラルからステレオへ、ステレオからスーパーワイドへ。Stereoizer Elementsは、ステレオイメージを瞬時に拡大または縮小します。Stereoizer Elementsは、NUGEN Audioの定評ある品質で、シンプルで使いやすく音像のコントロールもたらします。

プロが求めるビッグサウンド

Stereoizerは、モノラルとの優れた互換性と不要なノイズやがないことを保証します。穏やかなステレオ幅の調整から極端な変換まで、音像のエンハンスメントの全範囲を提供します。視覚的なフィードバックとシンプルなコントロールにより、Stereoizer Elementsは簡単に使用でき、最小限の努力で素晴らしい結果を得ることができます。

スムーズでリッチに。モノラルにも対応

Stereoizerは、モノラル、ステレオを問わず、あらゆるオーディオレコーディングに、オリジナルソースの特徴をそのままに、幅、深さ、スペースを変更できます。人工的な残響やコーラス、ディレイを加えません。洗練されたバランスの取れた、よりまとまりのあるサウンドを求めているなら、Stereoizer Elementsが最適です。

特長

  • モノラル録音やトラックに幅を持たせる
  • 乱れた周波数を開く
  • 前方の音を落ち着かせる
  • FXリターンチャンネルの深みを増す
  • インサートとリターンを微妙にブレンドする
  • スポットFXを「整える」

NuGen Audio プラグイン・エフェクト動作環境

  • Mac OS X 10.7-10.14
  • Windows 7-10 64bit
  • CPU – Intel Core Duo 1.66GHz以上
  • AU、VST(2.4/3)、AAX Native & AudioSuite(LM-CorrectはAudioSuiteのみ)、RTAS(Pro Tools 10)スタンドアローン
    • スタンドアローン対応: VisLM-H、LM-Correct、Visualizer
  • VisLM-H DSP、Halo Upmix、Halo Downmix: 要iLok2 USB Smart Key(別売)および接続用のUSBポート×1基
  • 他の製品はハードディスク/iLok2からオーサライズの選択が可能
    • その他、基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。本製品をご使用いただくにはインターネット接続環境が必要です(インストーラのダウンロード、およびオーサライズ時)。製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

発売日

2021年5月12日(水)

販売価格

(税抜)¥5,700 (税込 ¥6,270)
JANコード:4533940135403

DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「プラグイン・ソフト」タグの関連記事

↑ページトップ

digilandbeats