EastWest : Hollywood Orchestra Opus Edition | 更なる進化を遂げた究極のオーケストラ音源

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

EastWest ( イーストウェスト )が、更なる進化を遂げたオーケストラ音源「Hollywood Orchestra Opus Edition」を発売します。

Hollywood Orchestra Opus Editionは、最多のアワード受賞を誇るHollywood Orchestraシリーズの続編のあたる新タイトルです。Hollywood Orchestra Opus Editionにはオーケストラ・アレンジをプロクオリティでサポートするSonuscore共同開発の「Hollywood Orchestrator」が追加されており、入力されたMIDIノートに応じたアレンジを生成する支援ツールも実装。最高峰のサウンドと、それを奏でるツールを網羅したオーケストラ音源の新しい金字塔を担う、最先端のインストゥルメンツに仕上がっています。

新たにレコーディングされたサンプルと新たな想像を実現したオリジナル・コンテンツ

新たにレコーディングされたサンプルには、Hollywood Strings用の18人編成のバイオリン・ストリングス・セクション、Hollywood BrassとHollywood Orchestral Woodwinds用の新しいアンサンブル、そしてストリング、ブラス、ウィンドにマルチアンサンブルが追加されています。またHollywood Orchestraのオリジナル・コンテンツのプログラミングがアップデートされ、新しいOpusソフトウェアエンジンに含まれる機能とともにを利用できるようになります。特にHollywood Orchestraの木管楽器には焦点が当てらています。

新しいパワフルなコントロールセクション

新たなコントロール機能では、収録されたすべてのアーティキュレーションを、新しいOPUSアーティキュレーションパレットで完全にカスタマイズできるマスターキースイッチ機能が含まれています。

新機能”MOODS”を使用した各楽器のサウンド・カスタマイズも可能としています。新機能”MOODS”に含まれる「Classic Mood」は、Hollywood Orchestraのオリジナルサウンドです。 そして「Soft Mood」は、よりゆっくりとした、より感情的なサウンドにキャラクターを変更します。「Epic Mood」はその逆で、アクションやアドベンチャーのスコアにぴったりなサウンドを提供します。

それぞれのムードは、Hollywood Strings、Hollywood Brass、Hollywood Orchestral Woodwinds、Hollywood Orchestral Percussion、Hollywood Solo Violin、Hollywood Solo Cello、Hollywood Harp、これらのために完全に再設計されたインターフェースの設定と外観を変更します。

さらに、すべてのインストゥルメンツ・バージョンをLITEとMAXに簡略化し、特にHollywood Stringsをナビゲートしやすく設計されています。

“MOODS”機能は、ショーン・マーフィによってミックスされ、すべてのマイク・ポジションを収録した含むDiamondエディションで最適に機能します。

革新的なOPUS ソフトウェア・エンジン

長年に及ぶ開発が進められたEASTWESTの新しいOPUSソフトウェア・エンジンは現行の「PLAYエンジン」に取って代わるポテンシャルと斬新な機能を備えます。

Hollywood Orchestrator

Sonuscoreと共同で開発されたHollywood Orchestratorは、Hollywood Orchestra Opus Edition収録のすべての楽器を使用できる革新的なスコアリング・エンジンで、入力されたMIDIデータに基づいてリアルタイムのアレンジを作成します。

Hollywood Orchestratorは、ハリウッドサウンドをすばやく、かつ簡単に作成したいフレッシュなクリエイターにとっても、大量の締め切りを抱えたプロフェッショナルなコンポーザーにとっても完璧なツールです。

注意:Hollywood Orchestratorの使用にはHollywood Orchestra Opus Editionのライセンスが必要です。Hollywood Orchestratorはスタンドアロンの製品ではなく、Hollywood OrchestraオリジナルバージョンやHollywood Solo Instrumentsシリーズとの互換性は担保されておらず、Opus Editionの新しいインストゥルメンツに含まれています。

カスタマイズ可能な500以上のプリセットを使用することで、ハリウッド・クオリティ最高の作曲家のスタイルによる音楽を、即座に作成できます。“ENSEMBLES”プリセットから選択し、豊かなオーケストラ・アレンジをすばやく作成します。“OSTINATOS”プリセットでは、数音を変更するだけで、リズミカルなテンションや、動きのあるメロディーラインを実現します。“SCORES”機能を使用すると、クラシックなHollywoodオーケストレーションがインスピレーションの無限の源にもなりえます。既存のプリセットを変更し独自のユーザープリセットを構築することも可能で、ユニークなアンサンブルを一から作成することにも対応します。

革新的なスコアリング・エンジン

Hollywood Orchestratorの中心には、革新的なスコアリング・エンジンが存在します。これは、弦の配置から、フルオーケストラが演奏する、非常に複雑なオーケストラまでさまざまな結果を生み出すことを可能としています。入力されたMIDIノートをパワフルなステップシーケンサーに送出し、プログラムされたリズムでコードを奏でます。より高度なアレンジを必要とする場合は、オプションでステップシーケンサーをアクティブにすることができます。例えばシーケンサーにリズミカルなパターンをプログラムし、ハ長調のコードを演奏すると、シーケンサーはノートを取得し、そのリズムでコードを奏でます。

ミキサーセクションでは、ボリューム、パン、イコライゼーション、リバーブプ・リセット、リバーブセンド量、プリディレイ、レングス、フィルターなどの他のリバーブコントロールを調整して、各インストゥルメントの最終出力の調整を担います。

Hollywood Orchestra Opus Editionの動作条件、推奨環境

  • 最小条件:
    • CPU: 4 core、2.7 GHz以上
    • RAM: 16 GB以上
    • OS: macOS 10.13以降、ASIOドライバ使用のWindows 10
    • Drive:HW Orchestra Opus Editionを使用するためのSSD
  • 推奨環境:
    • CPU: 8 core (eight cores), 2.7 GHz以上
    • RAM: 32 GB以上
    • OS: macOS 10.13 以降; ASIOドライバ使用のWindows 10
    • Drive: NVMe SSD

発売日

2021年4月21日

販売価格

Hollywood Orchestra Opus Edition Diamond Edition

近日公開
Janコード:4580101327320

Hollywood Orchestra Opus Edition Gold Edition

近日公開
Janコード:4580101327337

Hollywood Orhchestra Opus Editionの「Diamond」と「Gold」の違い

  • Diamond版は24bit / 44.1kHzによるサンプル、収録マイクポジション全数をご利用いただけます。Goldは16bit / 44.1kHzサンプル、マイクポジションを1つご利用いただけます。
DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「ソフトシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ

digilandbeats