Ableton Live 11 | 理想の演奏に仕上げるコンピング機能を追加!MPEにも対応

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Ableton ( エイブルトン ) から、作曲&編曲およびライブパフォーマンスでもご活用いただけるDAWソフト「Live 11」が発表されました。

「Live 11」では、理想の演奏テイクを作り出すコンピング機能をはじめ、新たな演奏表現を可能とするMIDIポリフォニック・エクスプレッション(MPE)への対応など、さらに強力な機能とコンテンツが追加されました。

新しく追加されたコンピング機能では演奏した楽器の音声やMIDIを複数のテイクとして個別に録りためることができます。複数のテイクの中から、うまく演奏できた部分を選んで組み合わせれば理想のテイクが完成。 独創的な組み合わせで、まったく異なるフレーズや音作りを模索することも可能です。

また、トラックの連結編集では複数のトラックを相互関係がわかるように表示して、同時に編集することができます。

さらに「Live 11」はMPE(FAQ:MPEとは?)に対応いたしました。

コードを構成するノートのひとつひとつで、ベンドやスライドといった奏法や、鍵盤を押す力(プレッシャー)による操作が可能。演奏で繊細な違いをつけることはもちろん、異なるコードにモーフィングさせたり、テクスチャーを次々と変化させたりと、多彩な表現を実現します。

また新しく設けられた専用タブ「エクスプレッションビュー」では、ピッチ、スライド、プレッシャーといったパラメータを変更して、演奏のニュアンスをノートごとに調節することができます。

MPEに対応する純正デバイスは現在(2020年11月)「Wavetable」「Sampler」「Arpeggiator」の3種類のデバイス。MPE対応のサードパーティー製プラグインでは、ノートごとにパラメータを設定および操作することができます。

MPEに対応するMIDIコントローラー

新デバイス

Hybrid Reverb
コンボリューションリバーブとアルゴリズミックリバーブを組み合わせ、現実の環境を忠実に再現するものから、物理的には不可能な世界まで、あらゆる空間を表現します。

Spectral Resonator
入力音の構成をばらばらに分割して引き延ばし、まったく違う響きに変えてしまうデバイス。周波数やノートによって、繊細な変化と過激な変化の両方を生み出します。 MIDIサイドチェイン入力により、調性の取れた状態で音を処理することや、ポリフォニックシンセのように演奏することができます。

Spectral Time
音を断片に変容させて周波数ベースのディレイで処理することで、金属的なエコーのほか、ピッチシフトやリバーブのような効果を生み出します。 ビートのタイミングに同期させる設定や、テンポにとらわれない自由なエフェクトの適用が可能。作成した音をフリーズ機能で維持して、つんのめるようなグルーヴやグリッチのほか、洗い流すような音色へさらに変更していくことができます。

Inspired by Nature
自然界と物理現象に着想を得た6種類のインストゥルメントとエフェクトを収録。 DillonBastanとの共同制作により誕生しました。

PitchLoop89
小刻みなグリッチ、艶やかなデジタルディレイ、奇妙なビブラートなどを生み出します。Robert Henkeとの共同制作により誕生しました。

パフォーマンス向け新機能

リアルタイムでテンポ追従
入力音のテンポをリアルタイムで検出して、Liveのテンポを自動で調節します。 Liveのテンポに合わせてバンドが演奏するのではなく、バンドの変化に富む生演奏にLiveが追従します。

マクロスナップショット
マクロの設定状態を保存して、好きなときに呼び出すことが可能になります。保存した設定を呼び出して音色にすばやく違いを付けたり、ライブパフォーマンスの展開に起伏をつけたりと、多彩な使い方で活躍します。

ラックの機能向上
ラック内のマクロの数を1~16基に設定することが可能になるほか、マクロの値をランダマイズするボタンが搭載されます。

新音源

Voice Box
多彩な声から録音した最新のボーカルサンプル集、声を使って演奏するインストゥルメント、そしてボーカル処理用に設計されたエフェクト・ラックを収録。

Mood Reel
自然な音と人工的な音を重ね合わせ、情感豊かな響きを奏でるインストゥルメント。ムード、空間、動きといった要素を制作で表現します。

Drone Lab
多彩な聞き心地の持続音サンプル、自動生成されるノイズ、マルチサンプリングした楽器音、実験的な音作りを可能にするデバイスやエフェクト・ラックなどを豊富に収録。

Upright Piano
閉ざされた環境で録音した音源により、多くの音楽スタイルで重宝される“身近さ”を演出します。Spitfire Audioと共同制作。

Brass Quartet
自然な息づかいや、幅広い表現力と音色で金管四重奏の魅力を引き立てます。Spitfire Audioと共同制作。

String Quartet
2本のバイオリン、ビオラ、チェロを録音。そのままでも、感情を揺さぶる響きを奏でるほか、自由に変更を加えて音を作り込んでいくことも可能です。Spitfire Audioと共同制作。

発売日

2021年2月23日

販売価格

※2020年11月10日より「Live 10」を購入された方は、「Live 11」の発売時に同等のエディションへ無料でアップグレードすることができます(2021年2月22日まで)。

Live 11 Suite
(税込) ¥80,800 (税抜 ¥73,455)
JANコード:4042921885362


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

.

Live 11 Standard
(税込) ¥48,800 (税抜 ¥44,364)
JANコード:4042921885430


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

.

Live 11 Intro
(税込) ¥10,800 (税抜 ¥9,819)
JANコード:4042921885485


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

.

Ableton Push2 + Live11 Suiteバンドル
(税込) ¥151,481 (税抜 ¥137,710)
JANコード:4042921885751


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

.

Live 11 Suite EDU
(税込) ¥48,480 (税抜 ¥44,073)
JANコード:4042921885423

Live 11 Standard EDU
(税込) ¥29,280 (税抜 ¥26,619)
JANコード:4042921885478

Ableton Push2 Live専用コントローラー


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

.

DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「dawソフト」タグの関連記事

↑ページトップ

DTM安心サポート