reProducer Audio Epic 55 | MTMタイプのミッドフィールド・スタジオ・モニター

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

reProducer Audioが、Epic 5 ニアフィールド・モニターで得られた高い評価とフィードバックに基づく、MTMタイプの進化モデル「Epic 55」ミッドフィールド・スタジオ・モニターを発売します。

Epic 55は、reProducer が自社開発した2基の5.25インチのウーファーと、1基のツイーターを搭載。

Epic 55 は、Epic 5 ニアフィールド・モニターとの相性も抜群。その小さな兄弟機と同様に、素晴らしい同相設計とピュアなアナログ信号経路によって、低歪み、高速なトランジェントレスポンス、広大なダイナミックレンジ、そしてフラットな位相特性を実現しているため、DSPによる補正は必要ありません。Epic 55 は、Epic 5 よりも大きな部屋での使用を想定した設計となっており、高精度なサウンドクオリティーを提供しながら、より豊かなローエンドを届けてくれます。

Epic 55 のポートレス・デュアル・パッシブラジエーターは、エアフローノイズを排除しながら低音を最大化します。

高電流、高ダンピング、超低ノイズのクラスDアンプは、自社設計の5.25インチウーファー2基に 120W RMS、1インチツイーターに 75W RMS を供給し、高速なトランジェントレスポンスと透明度の高いサウンドをもたらします。調整可能なゲインと高/低域のトリムによって、リスニングルームに合わせたチューニングも行えます。

仕様

  • 周波数特性
    • 40 ~ 30,000 Hz ±3dB
    • 35 ~ 33,000 Hz ±10dB
  • アンプパワー
    • 1 x 75W RMS
  • 2 x 120W RMS
  • アンプテクノロジー
    • クラスD、ダイナミックレンジ 115 dB、高電流、高ダンピング、100 kHz 以上の周波数特性、超低ノイズ
  • 最大SPL
    • 112 dB (C) @ 100 Hz 以上、ペアで1mの距離にて計測
  • 電源
    • 100 ~ 240VAC、50/60 Hz、ユニバーサル仕様
  • 最大消費電力
    • 200 VA
  • ツイーター
    • 1インチ、自社開発、メタルドーム(リアチャンバー付き)
  • ウーファー
    • 5.25インチ(2基)、自社開発、高速トランジェント、寄生共振なし
  • パッシブラジエーター
    • 6.5インチ(2基)、自社開発
  • クロスオーバー周波数
    • 2.5 kHz、24 dB/oct
  • 入力インピーダンス
    • 12 kΩ
  • 入力感度
    • :+4 dBu
  • 補正用トリム
    • (高域)± 5 dB、2.5 kHz から 1 dB 刻み
    • (低域)± 5 dB、250 Hz から 1 dB 刻み
  • スタンバイモード
  • 背面スイッチにてオン/オフの切り替えが可能
  • 本体寸法
    • (スパイク非装着時)515 x 190 x 320 mm
    • (スパイク装着時)535 x 190 x 320 mm
  • 本体重量
  • 14.1 kg
  • 付属品
    • 電源ケーブル x 1
    • スパイク x 4
    • シリコンパッド x 4
    • パッシブラジエーター(トップ部)保護用グリル x 1
    • フライトケース x 1

周波数特性

発売日

2020年11月13日(金)

販売価格(1本)

(税抜)¥155,000 (税込 ¥170,500)
JANコード:4530027280018

1本の価格です

スピーカー新製品一覧は ⇒ こちら

「スピーカー」タグの関連記事


↑ページトップ

digilandbeats