AVANTONE CLA-10A | あの定番スピーカーがアクティブタイプで復活?強力なクラスA/Bパワーアンプを搭載したアクティブスタジオモニター

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Avantone Pro ( アヴァントーン・プロ ) が、Chris Lord Alge(クリス・ロード・アルジ)の監修のもとに開発されたニアフィールド・スピーカー「CLA-10」のアクティブタイプ、2ウェイ・アクティブ・ニアフィールド・スピーカー「CLA-10A」を発売します。

CLA-10AはCLA-10と同仕様のAV10MHF、AV10MLFドライバーとキャビネットに加えて、強力なクラスA/Bパワーアンプを搭載したアクティブ・スタジオモニターです。強力なクラスA/Bパワーアンプと新機能 VTPC(Variable Tissue Paper Control)(ティッシュペーパー!注※)を搭載し、ユーザーはそれぞれのニーズにマッチしたツイーターのブライトネスを選択して使用することができます。

注)CLA-10の原型と考えられるYAMAHAのNS-10M(日本では通称「テンモニ」「テンエム」)は1978年の発売から長くに渡り世界中のレコーディングスタジオの定番モニタースピーカーとして愛用されてきました(累計販売台数は30万台以上で、現在でも使用しているレコーディングスタジオもあります)

YAMAHA NS-10M

発売以来、長年の間に多くの改良が施され続けましたが、初期モデルにおいては広域の特性を調整するためにツイーターにティッシュをかぶせて使用するエンジニアも多くいました。CLA-10Aのティッシュペーパーコントロール(VTPC)はこれの本気のシミュレーションと思われます。(「NS-10M Tissue」で画像検索すると見れます)

リニア電源と200ワットのクラスA/Bパワーアンプを採用

ほとんどの2ウェイ・アクティブ・モニタースピーカーにはスイッチング電源とクラスDアンプが採用されています。近年ではほとんどの場合この方法でうまくいくことが立証されてはいますが、AVANTONEは伝統を重んじ、世界中のエンジニアの期待に応えるべく、CLA-10Aにはリニア電源と200ワットのクラスA/Bパワーアンプを採用しました。ヒートシンクも必要になり、重量もその分重くなりますが、サウンドを重視するブランド・ポリシーを優先したのです。

ノイズの発生しやすいスイッチング電源ではなくリニア電源を選択し、クラシックなクラスA/Bパワーアンプのパフォーマンスを再現する為に旧式のトロイダルトランスを採用しています。 多くの人が連想するレガシーサウンドを提供するためにこういったクラシックなテクノロジーにこだわり、全世界で高い評価を受けた CLA-10 のドライバー、キャビネットを伝統的なハイパフォーマンス・アンプサウンドでドライブさせることに成功しました。

特長

  • 強力なクラスA/Bパワーアンプを搭載したアクティブスタジオモニター
  • 新機能 VTPC(Variable Tissue Paper Control)
  • オリジナルモニターのあらゆるバージョンをシミュレート

仕様

  • タイプ: Active Full-Range Two-Way Stereo Pair
  • 周波数応答: 60Hz-20,000Hz (Accessible Musical Range)
  • Components: Low Frequency: AV10-MLF 18Cm Cone, High Frequency: AV10-MHF 3.5Cm Soft Dome
  • Cabinet: 10.4 Liter Sealed Design, 18mm MDF With Real Wood Veneer
  • Cabinet Dimensions: 381.5mm X 215mm X197.5mm (15”X 8 ½”X 7- ¾ ”)
  • 重量: 8.2Kg(一本)
  • SPL: 104dB
  • Peak Musical Output: 110dB (Music Program Material)
  • アンプ: 200W Class Ab Linear Supply
  • THD: 0.05% At 1Khz, 1W
  • Balanced Inputs: Combination XLR & Phone Jack
  • Unbalanced Input: RCA Phono Jack
  • Volume: +0dB, -120dB
  • VTPC: Variable Tissue Paper Control Fc 1.8Khz +6dB, -30dB.
  • Power: On/off Switch
  • Ground Lift Switch
  • Power: 115Vac/230Vac Selectable
  • 消費電力:
    • StandBy: 3W
    • Full Output: 250W

発売日

2020年7月14日

販売価格(ペア)

(税抜)¥110,000 (税込 ¥121,000)
JANコード:4562218730071

「スピーカー」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ