ART D7 | 大口径ダイアフラム搭載のダイナミック・マイク

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

ART ( エーアールティー )が大口径ダイアフラム搭載のダイナミック・マイク「D7」を発売します。

D7は、本格的なレコーディングやライブに欠かせない大口径のダイアフラムを備えたダイナミック・マイクです。小口径のダイアフラム・マイクでは得られない、音楽に最適なトーンを得られます。大口径ダイアフラムならではの特長や多様性は、ライブやスタジオのエンジニアにとって欠かせないマイクとなるでしょう。

単一指向性

D7は単一指向性なので、ライブやレコーディング時でもフィードバックに強く不要な音を拾うことがありません。レンジが広いので、ボーカルは勿論、金管楽器|低音域の木管楽器|大音量のギターアンプ|ドラムやパーカッション等、ソロ楽器を含む様々な音源にもおすすめです。音源の近くにマイクを設置した場合に低域を強調する近接効果も優れています。

近接効果

ボーカリストであれば近接効果を活用し、豊かな低域を強調できます。放送局のアナウンサーやベテランの方であればマイクテクニックとして活用できます。

ハイパス・フィルター&ミッドブースト

D7はハイパス・フィルターとミッド・ブースト回路を搭載。不要な低域の共振を取り除いたり、ボーカルに存在感をプラスできる等、汎用性も優れています。

優れた耐久性

D7のシャーシはとても精巧で、頑丈なステンレス鋼製のウインド・スクリーンを備えています。付属のショックマウントは、振動やハンドリング・ノイズを排除し録音中にマイクをしっかりと固定します。またアルミニウム製のキャリーケースも付属。

特長

  • 大型のダイアフラムを搭載したダイナミック・マイク
  • 高域と低域のバランスに優れたフラットな特性
  • 高電磁界内でも使用可能な、非常に優れたシールド効果を持つシャーシ
  • 放送に最適なマイク
  • ハイパス・フィルターとミッド・ブースト回路を搭載

仕様

  • タイプ:ラージ・ダイアフラム・ダイナミック
  • 指向性:ハイパーカーディオイド
  • 感度:-53dB (@1kHz)
  • 周波数特性:50 Hz~16 kHz
  • 最大SPL:136 dB (1 kHz @ 1 % THD)
  • 開回路電圧:-56dB +/-2dB (0 dB=1 v/Pa)
  • インピーダンス:250Ω
  • 寸法:φ53 mm × 205mm
  • 重量:725 g

ART D7(ARTD7)

発売日

2020年7月

販売価格

(税抜)¥ (税込 ¥0)
JANコード:4519581037122

【関連記事】コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違い~おすすめマイク【今さら聞けない用語シリーズ】


マイクロフォン新製品一覧は ⇒ こちら

「マイクロフォン」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ