ZOOM H8 | 8チャンネル入力、最大12トラック同時録音可能なハンディーレコーダー

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

ZOOM ( ズーム )が最大8チャンネルの入力に対応したハンディーレコーダーの最上位機種「H8」を発売します。ところで非常に個性的なルックスですね~

H8 は、4系統のXLRインプットを装備し、各インプットに専用のゲインコントロールとPADスイッチを搭載。2系統のXLR/TRSコンボジャックはHi-Zスイッチが用意され、ラインレベルの信号からマイク、エレキギターやベースもダイレクトに接続が可能です。

BWF準拠のWAVファイルまたはMP3ファイルで録音可能で、各トラックの音声モニタリングは、3.5mmヘッドフォン端子から。またはステレオラインアウトからカメラにダイレクト接続して行えます。単3乾電池4本で15時間以上の録音ができ、またオプションの「AD-17」ACアダプターを使用すれば、録音時間を気にすることなく使用できます。

『H8』は、XYステレオマイク(XYH-6)を標準付属

マッチング済みの単一指向性マイク2個を装備することで、自然で立体的なステレオ録音を可能にします。また別売りの各種マイクカプセルを交換することで、様々なシチュエーションに応じたレコーディングが行えます。

USBオーディオインターフェース機能

H8 はパワフルなUSBオーディオインターフェースとしても機能します。パソコンやタブレットをUSB接続することで、最大12チャンネルの同時録音が可能です。


録音時間とフォーマット

  • 44.1kHz / 16-bit
  • 44.1kHz / 24-bit
  • 48kHz / 16-bit
  • 48kHz / 24-bit
  • 96kHz / 16-bit
  • 96kHz / 24-bit

3つのアプリで快適に

フィールドレコーディングでも、音楽制作でも、ポッドキャスティングでも。『H8』のカラータッチスクリーンなら、プロジェクトに合わせて選べる3つのアプリで、最適なワークフローで作業を進められます。

ポッドキャスティング

PODCASTアプリを使用すれば、完成度の高いポッドキャストを簡単に制作できます。アプリ画面上の4つのサウンドパッドをタップして、効果音やジングルを任意のタイミングで鳴らすことができます。13種類のプリセットサウンドに加え、SDカード経由で好みのサンプルをロードすることも可能です。

PODCASTアプリでは、4系統のマイク入力と4つのサウンドパッドを使用できます。

ミュージック

MUSICアプリでは、オーディオレベルやフェーダー、メーターといったレコーディングに重要なポイントのすべてをコントロール。最大10トラック(※)のMTRとして機能し、大編成バンドのレコーディングも可能です。ミックス、オーバーダブが可能なほか、EQやコンプレッサも使用可能。また、USB経由でGuitar Labに接続して、アンプ/キャビネットモデルやエフェクトの膨大なライブラリにアクセスできます。

※別売マイクカプセル(EXH-8)使用時

フィールドレコーディングに

Rick Owens, Foley Artist and John Sanacore, Sound Mixer
Once Upon A Time In Hollywood, The Revenant, Spiderman: Into the Spider-verse

最大12トラック(※)の録音が可能なフィールドレコーディング用アプリ。各トラックのレベルチェックが容易に行える大型メーター表示に加え、ローカット、コンプレッサ、リミッタ、ノイズゲートなどの主要な設定が行えます。

(※)別売マイクカプセル(VRH-8/EXH-8)使用時

映像のオーディオ制作に

「WaveLab Cast」にビデオファイルをインポートするとオーディオを自動抽出します。これにより、不要なノイズのレベルを下げたり、過大な歯擦音(サ行の音)を抑えるなどの調整が行えます。メーターオプションを使用すれば、新規トラックの作成や音楽のフェイドイン、EQやコンプレッサーも使用できます。こうして完成したオーディオトラックを、「WaveLab Cast」のエクスポート機能でビデオファイルに再び結合させることができます。

特長

  • フィールドレコーディング、音楽制作、ポッドキャスト制作に適した3タイプのアプリ
  • ZOOM独自のマイクカプセル交換システムを採用
  • 最大12トラック同時録音(ステレオマイク+バックアップ録音、6系統の外部入力、L/Rミックス)
  • 4系統のXLRマイク入力と2系統のXLR/TRSコンボジャックを装備
  • 各インプットにゲイン調整ノブと-20dBのPADスイッチを装備
  • 付属の『XYH-6』カプセルには3.5mmステレオジャックのMic/Line入力を装備
  • +24/+48Vのファンタム電源供給が可能
  • 大型カラーLCDタッチスクリーンディスプレイを装備
  • 最大512GBのSD、SDHC、SDXCカードにダイレクト録音
  • 録音ミスを防止するオートレコード、プリレコード、バックアップレコード機能を内蔵
  • ローカット、コンプレッサ、リミッタ、ノイズゲートを内蔵
  • PC/Mac/iPad用のUSBオーディオインターフェースとしても使用可能
  • 単3アルカリ乾電池またはNiMH(ニッケル水素)充電池が使用可能
  • 単3アルカリ乾電池で15時間以上駆動

仕様

  • チャンネル数
    • 入力チャンネル数:8(XY マイクカプセル、1-4、A、B)
    • 出力チャンネル数:1(ヘッドフォン、LINE 共通)
  • 接続端子
    • MIC IN:ZOOM マイクコネクタ
    • INPUT 1-4:XLR ジャック (2 番HOT)
    • INPUT A、B:XLR/TRS コンボジャック(XLR:2 番ホット TRS:TIPホット)
    • USB:USB Micro-B

      ( オーディオインターフェース機能、マスストレージ機能、GuitarLab 接続機能)

    • ※ データ転送に対応したUSB ケーブルを使用してください。USB バスパワー動作可能。
    • REMOTE:専用無線アダプター(ZOOM BTA-1 など)
    • LINE OUT:3.5 mm ステレオミニ
    • PHONE OUT:3.5 mm ステレオミニ
  • ファンタム電源
    • +24 V/+48 V、INPUT1 ~ 4、A、B 個別にON/OFF
  • レコーダー
    • 記録メディア:SD/SDHC/SDXC 規格対応カード
    • フォーマット
      • WAV:44.1/48/96 kHz、16/24-bit、モノ/ ステレオ
      • MP3:128、192、320 kbps
    • 最大同時録音トラック数:12(MIC IN、バックアップ録音、1-4、A、B、LR)
  • オーディオインターフェース
    • マルチトラックモード:44.1/48/96 kHz、16/24-bit、12in2out
    • ステレオミックスモード:44.1/48 kHz、24-bit、2in2out
  • チューナー
    • Chromatic/Guitar/Bass/Open A/Open D/Open E/Open G/DADGAD
  • 内蔵スピーカー
    • 400 mW 8 Ωモノラルスピーカー
  • ディスプレイ
    • 2.4" フルカラ—LCD(320 × 240)、タッチスクリーン
  • 電源:
    • 単三電池× 4(アルカリ乾電池、ニッケル水素蓄電池、リチウム乾電池)
    • AC アダプター(ZOOM AD-17):DC 5 V/1 A
    • ※ USB バスパワー対応
  • 連続使用時の電池持続時間の目安:
    • アルカリ乾電池使用時
    • XY マイク使用、44.1 kHz/24-bit( ステレオ x1) 約15時間
      • ※上記の値はあくまで目安です。
      • ※電池持続時間はZOOM社の試験法によるものです。使用条件により大きく変わります。
  • 外形寸法:
    • H8:116.4 mm(W) × 163.3 mm(D) × 48.6 mm(H)
    • XYH-6:78.9 mm(W) × 60.2 mm(D) × 45.2 mm(H)
  • 質量:
    • H8:354 g
    • XYH-6:130 g

※充電専用のUSBケーブルを使用した場合、オーディオインターフェース機能/SD カードリーダー/Guitar Lab接続機能は使用できません。

同梱物

  • H8 ハンディレコーダー
  • XYH-6 XYステレオマイク
  • 単3電池 ✕ 4本
  • クイックガイド

発売日

2020年7月20日 予定

販売価格

(税抜)¥40,500 (税込 ¥44,550)
JANコード:4515260023042

DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「レコーダー」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ