API 312 Mic Pre | 500シリーズ対応マイクロフォンプリアン プ

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

API ( エーピーアイ )が、レコーディング業界でも有名なAPIの最も人気のあるマイクプリアンプ「312」の500シリーズ対応のモジュール版「312 Mic Pre」を発売します。

【FAQ】API500 規格 / モジュール / 互換について

1970年代にリリースされたapiのレコーディングコンソールでも採用されている「312」は、足元にプリアンプ回路が集約され、コントロールサーフェースにゲインポットのみが実装される設計でした。今回発売される「312」は、APIの共同創設者であるSaul Walkerのオリジナルデザインに基づいたapi 500シリーズに対応するモジュール仕様となっています。当時のサウンドを表現する為、入力トランスには独自のAP2516を搭載。王道の2520オペアンプとの組み合わせで、ウォームでありつつ、表現を損なわないapiトーンを得ることができます。

ヴィンテージモデルの内部基盤

さらに-20dBのパッド、出力トランスフォーマーを3:1のレシオでタップする機能(-10dB)等、より現代的なモディファイも施され、DAWやオーディオインターフェースに直接接続する現代の制作スタイルにもマッチする仕上がりとなっています。

512シリーズとの違い

  • ゲインレンジ:512は+34dB~65dB
  • 312 Mic Preの基板デザインは312Anniversaryモデルをベースにしています
  • 312 Mic Pre:入力トランスはオリジナルのAP2516を採用
  • 512:インストゥルメント入力を搭載

特長

  • APIの500シリーズモジュールのクラシック312マイクプリアンプ
  • ビンテージスタイルのアナログVUメーター(0VU=+4dBu)
  • 最大69dBのゲイン
  • 2520オペアンプを使用した従来のAPI完全ディスクリート回路設計
  • 独自のAP2516入力トランス
  • 20 dBパッドスイッチ
  • 3:1出力トランスタップ選択
  • 切り替え可能な48Vファンタム電源
  • ピークLED
  • APIの5年間保証

仕様

  • ゲインレンジ:+34dB to +69dB(;14dB to +49dB with pad)
  • 最大入力レベル:-4dBu(+16Bu with pad)
  • 最大出力レベル:+31 dBu
  • ピークLED:+18dBu output level
  • 出力インピーダンス:75Ω以下(トランスバランス)
  • 周波数特性:±0.5dB, 20Hz-40kHz
  • ノイズ:120dB
  • 接続:15position.156"sp.edge connector
  • 消費電力:±16V/DC@55mA
  • サイズ:1.5" x 5.25" x 6.75" deep
  • 重量:約680g

発売日

2020年6月26日

販売価格

(税抜)¥105,000 (税込 ¥115,500)キャンペーン期間特価(税抜)¥95,000 (税込 ¥104,500)

※キャンペーン期間:2020/06/29〜2020/07/31

プロセッサー / エフェクター新製品一覧は ⇒ こちら

「プリアンプ」タグの関連記事

↑ページトップ