UDO Audio Super 6 | バイノーラルシンセシス・アナログハイブリッド・シンセ

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

英国のUDO Audio(ユーディーオー・オーディオ)が、昨年のSUPERBOOTH19でも展示されていたバイノーラルシンセシス・アナログハイブリッド・シンセ「Super 6」を発表しています。写真はプロトタイプです

Super 6は最先端のFPGA(構成を設定可能な集積回路)デジタルハードウェアオシレーターと電圧制御アナログテクノロジーが高次元で統合した12ボイスのポリフォニック・アナログハイブリッド・シンセサイザーです。なおここでいう「バイノーラル」ですが、「バイノーラル録音」で使われるような臨場感を再現する立体音響を意味するのではなく、ステレオ感を生み出すシンセシスの名称のようです(詳細は不明)

特長

  • 12ポリフォニックナログハイブリッド・シンセ
  • Fatar 製ベロシティー&アフタータッチ鍵盤。エクスプレッション、サステイン
  • ステレオ・バイノーラルアナログシグナルパス
  • ダウンロード対応の7コア・スーパーウェーブテーブルオシレーター
  • DDSオシレーター×2(FM含む)、シンク、サブオシレーター、クロスフェードモード
  • フレキシブルハイブリッド FPGA & アナログヴォイスアーキテクチャ
  • 堅牢なボディーとパーツ
  • 多機能でフレキシブルなLFO、エンベロープ、モジュレーションマトリックス
  • アルペジエーター、ステップシーケンサー
  • オーディオトリガー付きのEXTオーディオ入力
  • デュアル・ステレオ24bitデジタルエフェクト

写真等、詳細は追記していきます。

発売日

未定

販売価格

未定

シンセサイザー新製品一覧は ⇒ こちら

「synthesizer」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ