Behringer 2600 | 銘機ARP2600のリプロダクトを発表!

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Behringer ( ベリンガー )がセミモジュラーシンセサイザーの銘機ARP2600のリプロダクト「Behringer 2600」を発表しました。

2020年10月追記:量産が始まったようです。

2600 is now in production. The baby is getting ready 🙂

Behringerさんの投稿 2020年9月30日水曜日

ARP2600といえば、先日KorgがARP Instrument 社の共同創業者であるDavid Friend 氏をアドバイザーに迎えて開発した「ARP 2600-FS」が発表されたばかりです。しかし本家お墨付きとはいえ、超品薄の限定発売で価格も¥363000(税抜)と高額。behringer社の2600を待っていた方も少なくないのではないでしょうか? 2010年1月追記:※korg ARP 2600-FSは国内完売

【関連記事】KORG ARP 2600-FS | セミモジュラーシンセサイザーの銘機が完全復刻!

動画では4012ラダーフィルターと4072フィルターを登載し切り替えが可能で、スライダーはBehringer Odysseyと同じく調光可能なLED仕様、キャビネットではなくラックスタンド仕様のようですね。3620キーボードの姿はここにはありませんが、将来的には発売してくれるのではないかと期待します。

おそらくまだプロトタイプと思われ、発売まではもう少々時間がかかりそうですが、詳細が分かり次第追記していきます。

発売日

未定

販売価格

未定 Behringerのインフォメーションでは$599

【関連記事】ウエザーリポート / ブラックマーケット ARP2600 シンセサイザー温故知新 #003

シンセサイザー新製品一覧は ⇒ こちら

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ