Erica Synths Bassline DB-01 | 64ステップ・シーケンサー内蔵のベースラインシンセ

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Erica Synths ( エリカシンセ ) は、テーブルトップのベースライン・シンセ「Bassline DB-01」を発表いたしました。

ベースラインやレイブサウンドから分厚いドローンやドラムの音まで「Bassline DB-01」を使用するとメロディーやノイズの新しいサウンドとパフォーマンスを広げます。

Erica Synths(エリカ・シンス/シンセ)とは?

ラトビア共和国の首都リガに位置するシンセサイザーブランドです。先見の明と創造性あふれるミュージシャンとエンジニアによって設立され、モジュラーシンセサイザーシステムを中心に、サウンド、外観、機能の面で一線を画するモジュールおよび楽器を開発製造してきました。

「Bassline DB-01」には、同社 Acidbox シリーズ譲りの切り替え可能なローパス / バンドパス・フィルター、攻撃的なサウンドのワンノブ仕様のオーバードライブ、低音に厚みを加えるBBDベースのデチューンやサブオシレーターを搭載。最大64ステップのシーケンサーを内蔵し、VCFをオートメーションできるモジュレーショントラック、ランダマイズやアルペジエーターも装備されています。

また、シーケンサーのボタンはキーボードとしても使用可能で、プリセットスケールのほかマイクロトーナルに対応したユーザースケールにて演奏することもできます。

主な特徴

  • Acidbox 設計のアグレッシブなLP / BPフィルター
  • 破壊的なサウンドにするワンノブ・オーバードライブ
  • トランジスタベースのサブオシレーター
  • 独立したアンプエンベロープ、フィルターカットオフ、ピッチエンベロープ
  • 分厚いスウォームサウンドのためのBBDベースのデチューン
  • FMおよびVCFモジュレーションのための複数の波形を備えた同期可能なLFO
  • 直感的で使いやすい最大64のステップパターンのシーケンサー
  • シーケンストランスポーズ
  • パターンのランダマイズ
  • アルペジエーター
  • VCFカットオフをオートメーションコントロールできるモジュレーショントラック
  • マイクロトーナルも行える内蔵およびユーザー定義スケール
  • アナログクロック出力/入力
  • CV / Gate 出力/入力
  • MIDI スルー/入力
  • 4バンク × 16パターンメモリ
  • コンパクトで耐久性のあるアルミニウム筐体

発売日

2020年5月予定

販売価格

(税抜)¥59,000 (税込 ¥64,900)
JANコード:4751030826769

シンセ新製品一覧は ⇒ こちら

「アナログシンセ」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ