Mackie MC-350 / MC-450 | ミキシングやレコーディング向けMCシリーズ上位機種

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Mackie ( マッキー ) が、プロフェッショナル密閉型ヘッドホン「MCシリーズ」に新たなラインナップ「MC-350」と「MC-450」を発表しました。

「MC-350」および「MC-450」は、原音に忠実な20 Hz〜20 kHzのフルレンジサウンドを再生するプロフェッショナルヘッドホンです。
人間工学に基づいたアジャスタブルな本革製ヘッドバンドと快適なつけ心地のイヤーパッドにより、長時間の作業に向いています。

両モデルとも3m 高耐久性ファブリックケーブル、1.2m のストレートケーブル、電話コントロール&マイク付きの 1.2m のケーブルを付属。さらにステレオミニ - 標準プラグ変換も付属し、音楽鑑賞にも配慮されています。

「MC-350」は、レコーディング用途に適したモニタリング向け密閉型ヘッドホン、「MC-450」は、ミキシング用途に適したセミオープンバック型ヘッドホンとなっています。

ラインナップ

「MC」シリーズは、クローズドバック・モニタリングヘッドホン「MC-350」とセミオープンバック・プロフェッショナルヘッドホン「MC-450」以外に、「MC-150」「MC-250」の4機種をラインナップしております。

MC-350

「MC-350」は、「MC-150」「MC-250」の上位機種です。
高遮音性を実現した密閉型タイプで、ミキシングやスタジオレコーディング、また音漏れが気になる電車でのリスニングや深夜のミックス作業などに最適なヘッドホンです。高品位16.5mmボイスコイルを搭載した50mmドライバーを採用。同社のプロフェッショナルチームによって緻密なチューニングが施されており、優れた低域特性と滑らかな中高域、および幅広い帯域の音源を原音に忠実なサウンドで再生します。

  • 周波数特性: 20Hz – 20kHz
  • インピーダンス: 32 Ω
  • トランスデューサーサイズ: 50 mm
  • 感度: 97 dB
  • 重量: 370g

MC-450

セミオープンバック型の「MC-450」は、低音のこもりや高音の共鳴を抑えられており、その広く深いサウンドはミキシング作業に向いています。
歪のないハイヘッドルーム、滑らかな中高域、スピード感のある低域を実現しクリアで明瞭度の高いサウンドを再生。マスタリングなどのミックスのみに専念できる静かな環境やプライベートリスニングルーム、ハイエンドオーディオマニアなどに最適です。

  • 周波数特性: 20Hz – 20kHz
  • インピーダンス: 54 Ω
  • トランスデューサーサイズ: 42 mm
  • 感度: 101 dB
  • 重量: 350g

NAMM2020 会場にて

発売日

2020年春を予定

販売価格

MC-350
(税抜)¥24,400 (税込 ¥26,840)予定
JANコード:0663961058062

MC-450
(税抜)¥36,500 (税込 ¥40,150)予定
JANコード:0663961058093

ヘッドホン・イヤホン新製品一覧は ⇒ こちら

「ヘッドホン(オーバーイヤー/オンイヤー)」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ