Mackie CR-X BT シリーズ | Bluetooth対応デスクトップスピーカー

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Mackie(マッキー)がBluetoothワイヤレスストリーミング対応のコンパクトなデスクトップスピーカー「CR-X BT」シリーズを発表いたしました。

デスクトップPC用のスピーカーとして最適な「CR-X BT」シリーズは、手ごろな価格とコンパクトデザインを実現したマルチメディアモニタースピーカーです。

同社のプロフェッショナルスタジオモニタースピーカーの技術をふんだんに取り入れており、この価格からは驚くほどのサウンドを提供。ミュージシャン、コンテンツクリエーター、ポッドキャスト配信、コンピューターゲーム、ビデオ制作などのニーズを満たすように設計されています。

「CR3-XBT」と「CR4-XBT」には50ワット、「CR5-XBT」には80ワット、「CR8-XBT」には160ワットのパワーアンプを搭載。各スピーカーの全モデル(CR8S-XBT以外)には、木製キャビネット、ポリプロピレンコーティングのウーファーユニット、0.75インチ磁性流体冷却シルクドームツイーターとMackieが独自に設計開発をしたウェーブガイドにより全周波数帯で比類なき明瞭度の高いサウンドを最適なリスニングエリアに提供いたします。

新たにラインナップに追加された「CR8S-XBT」はCRシリーズフルレンジモデルと組みあわせて使用することにより迫力のある低域サウンドを構築できる200Wハイパワーサブウーファーです。入出力コネクターにTRS、RCAを採用。さらにBluetoothワイヤレスストリーミング接続も可能です。

「CR8S-XBT」には、独立した入力レベル、出力レベルコントロールノブ、さらに可変クロスオーバーノブと位相反転スイッチも実装し、設置場所や用途に応じて最適なシステムを構築することができます。また、付属のデスクトップボリュームコントローラー「CRDV」を使うことによりサブウーファーのレベルとシステム全体のレベルを好みや音源に合わせて手元でコントロールすることができます。

▼ 「CR8S-XBT」に付属のコントローラー

各スピーカーの全モデル(CR8S-XBT以外)には、スピーカーケーブル、パソコンのアナログ音声出力端子(ステレオミニ)から入力端子に接続するステレオミニ/RCA Y字ケーブルが同梱。さらに、「CR5-XBT」「CR8-XBT」には無駄な低域を排除してくれるアイソレーションパッドが付属されています。

ラインナップ

3インチタイプ「CR3-XBT」、4インチタイプ「CR4-XBT」、5インチタイプ「CR5-XBT」、8インチタイプ「CR8-XBT」と、低域拡張のための8インチサブウーファー「CR8S-XBT」から用途や設置場所にあわせて選択することができます。

Bluetooth 非対応モデルはこちら

CR3-XBT

CR4-XBT

CR5-XBT

CR8-XBT

CR8S-XBT

NAMM 2020 会場にて

発売日

2020年夏頃

販売価格

下記はすべてペアの価格です。

CR3-XBT
(税抜)¥14,600 (税込 ¥16,060)予定
JANコード:0663961059991

CR4-XBT
(税抜)¥20,700 (税込 ¥22,770)予定
JANコード:0663961060065

CR5-XBT
(税抜)¥26,800 (税込 ¥29,480)
JANコード:0663961060133

CR8-XBT
(税抜)¥42,600 (税込 ¥46,860)
JANコード:0663961060164

CR8S-XBT
(税抜)¥24,400 (税込 ¥26,840)
JANコード:0663961060195

スピーカー新製品一覧は ⇒ こちら

「スタジオモニタースピーカー」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ