Korg opsix | 6オペレーター32アルゴリズムのFMシンセサイザーを参考出品

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

KORG ( コルグ )が The NAMM Show 2020 で61鍵盤、6オペレーター32アルゴリズムのFMシンセサイザー「opsix」を参考出品しています。

本体左セクションには6本のスライダー、ノブが配置され、右上には32種類のアルゴリズムがプリントされております。アルペジエーターとシーケンサー内蔵らしく、アルゴリズムはYAMAHA DX7を踏襲しているように見えます。

YAMAHA DX7(1983年発売のFMシンセシス代表機種)

オリジナルと異なり、データエントリーとレシオ専用のコントローラーが装備されているようで、サウンドメイキングが難解と言われているFMシンセシスシンセサイザーにおいては、opsixの操作性の高さが期待できます。他にもFM以外のシンセシス機能も備わっているようです。

なお会場では次期ワークステーションの新製品と思しきキーボードの61/88鍵モデルのモックも展示されております。こちらも楽しみですね。詳細が分かり次第追記していきます。

発売日

未定

販売価格

未定

シンセサイザー新製品一覧は ⇒ こちら

「synthesizer」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ