Clavia Nord Wave 2 | 4種類のサウンドエンジンを搭載したバーチャル・アナログ・シンセサイザー最新モデル

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Clavia ( クラビア )が、バーチャル・アナログ・シンセサイザー「Nord Wave 2」を発表しています。

The NAMM Show 2020でのDOMiとJD Beckのセッション!!凄すぎます!

NAMM 2020 会場にて

Nord Wave 2は、サンプル、バーチャルアナログ、ウェーブテーブル、FMのサウンドエンジンを搭載した48ポリフォニックの61鍵盤(アフタータッチ対応)4パートシンセサイザー。

レイヤーセクション

Wave 2は、4レイヤーパートのボリュームまたはパンを一度にコントロール可能なフェーダー付きプログラムレイヤーセクションを搭載。レイヤーセクションには、レイヤーのクイックフォーカス、パンコントロール、ソロおよびマルチ編集のための便利な機能もあります。

新機能のグループモードを使用すると、2、3、4レイヤーをグループ化し、同じフィルター、エンベロープ、アルペジエーター、LFO、エフェクト設定を共有できます。

オシレーターセクション

NORD SAMPLE LIBRARY 3.0互換

NORD SAMPLE EDITOR画面

サンプルセクションには1 GBのメモリがあり、弦楽器、ブラス、ギター、聖歌隊、クロマチックパーカッション、伝説のメロトロンとチェンバーリンのエクスクルーシブライセンスサウンドなど、幅広い高品質のサンプルがロードされています。すべてのサウンドは、Nord Sound Managerを使用して簡単に交換できます。

フィルターセクション

フィルターセクションには、クラシックな12および24 dBローパス、ハイパス、ハイパス/ローパス、バンドパスフィルターを備えた6つのフィルタータイプと、伝説的なMiniMoogのトランジスターラダーフィルターのエミュレーションを搭載。

LFOとモジュレーションセクション

Wave 2は、各レイヤーに専用のLFOを備えており、波形の選択と、専用の速度設定と反転モードを備えたAD / AR変調エンベロープを選択できます。LFOにはいくつかのモーフィング可能なパラメーターがあり、レートはマスタークロックに同期できます。

AMPエンベロープ

アンプセクションには、サウンドにさらにパンチを加えるための強力な新しいトランジェントアタックモードを備えたフルADSRエンベロープが装備されています。

ホイールアサイン

LFO、オシレーターコントロール、フィルターをモジュレーションホイールに割り当て可能。

ゲート付きの高度なポリフォニックアルペジエーター

クラシックなアルペジエーターと、直接編集可能なポリフォニックモードを搭載。

ポリフォニックモード

Polyモードはポリフォニックアルペジエーターで、ホールドされているすべてのキーを直線またはパターンでリトリガーします。

ゲートモード

Gateモードは、深さを調整できるリズミカルなパターンでサウンドをスライスします。

エフェクトセクション

クラシックストンプボックスをモデルにした高品質のステレオエフェクトを豊富に搭載。レイヤーごとの個別のエフェクトを設定可能です。

その他詳細は順次更新していきます。

特徴

  • General
    • 4パートシンセサイザー(ボリューム/パン独立)
    • サウンドエンジン:サンプル、バーチャルアナログ、ウェーブテーブル、FM
    • 48ポリフォニック
    • OLEDディスプレイ(プログラム/オシレーターセクション)
    • 1 GB メモリー(Nord Sample Library 3.0)
    • ユーザーサンプルエリア
    • 61鍵盤(アフタータッチ対応)
  • パフォーマンス
    • アドバンスドアルペジエーター(ポリフォニックトリガーモード)
    • リズミックなエフェクトを生み出すゲート機能
    • Impulse Morphによる高度なモーフィング機能
    • アルペジエーター、LFO、エフェクトのマスタークロックコントロール
  • オシレーター
    • アナログ:Basic, Shape, Multi, Sync、Noise(最大16 オシレーター)
    • サンプル
    • ウェーブテーブル
    • ハーモニックアルゴリズム搭載FA音源
    • ユニゾンモード
  • モジュレーション
    • LFO(5種類の波形)
    • フレキシブルなシンクとルーティング
    • AD/AR エンベロープ
  • アンプ
    • ADSRエンプエンベロープ
    • トランシエント・アタックモード
  • フィルター
    • 12/24 dB lowpass, lowpass M, band pass, high pass, LP+HP
    • フィルタードライブ
    • ADSR エンベロープ
  • エフェクト
    • Tremolo、Pan、Ring Modulation、Chorus、Ensemble、Vibe.
    • EQ(ドライブ対応)
    • ディレイセクション
    • Reverb(5種類のサイズ)、Dark、Bright、Chorale modes

発売日

未定

販売価格

未定

「synthesizer」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ