YAMAHA YC61 | 高品位ビンテージサウンドを搭載した軽量ステージキーボード

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

YAMAHA ( ヤマハ )が、VCM Organ、AWM2、FMなどのサウンドエンジンを搭載したステージキーボード「YC61」を発表しています。

The NAMM Show 2020

本記事公開時において、日本のヤマハサイトでの情報は確認できておりません。国内発売は未定です。

YC61は、61鍵セミウェイテッド・ウォーターフォール鍵盤を採用。音源部にはVCM Organ, AWM2, FMを搭載し、9本のドローバーを装備。トグルスイッチ、ノブ、スライダー等、パネルデザインはステージピアノCP73/88を思わせるルックスになっています。

61鍵セミウェイテッド・ウォーターフォール鍵盤

Virtual Circuitry Modeling (VCM)テクノロジーによるヴィンテージオルガンサウンド

YC61のVCMにより、ビンテージアナログEQ、コンプレッサー、フェイザーの回路をトランジスターや抵抗器まで再現。他のデジタルシミュレーションでは不可能な微妙な変化を実現しています。VCMオルガンのサウンドはもちろん、グランドピアノ、アップライトピアノ、エレクトリックピアノなどあらゆる音楽ジャンルで活躍する音色が満載のステージキーボードです。

VCMオルガン

YC61はVCMオルガンサウンドエンジンによる3種類のトーンホイールをモデリング。キークリック、リーケージ、ロータリースピーカーを忠実再現しています。回路を元のアナログコンポーネントレベルまでモデリングすることにより、ビンテージエフェクトとハイエンドスタジオ信号プロセッサのサウンドと動作を再現します。

カスタマイズ可能なLEDライトカラーを備えたシースルードローバーも装備。

FMオルガン

YC61は、1983年発売のDX7に代表されるFM(Frequency Modulation)シンセシスも搭載。FM Organに切り替えるだけで、ドローバーは8つのFMオペレーターを制御し、直感的なコントロールでオルガンサウンドを生み出すことができます。またクラシックなトランジスタオルガントーンからリードサウンドまで多彩なシンセシスが可能です。

ヤマハプレミアムアコースティックピアノ

YC61は、ヤマハCFXとヤマハS700の2つのプレミアムコンサートグランドピアノサウンドを搭載。これらのピアノは、細心の録音とボイシングにより、完全にダイナミックな表現とニュアンスを提供します。

[CFX]

ヤマハCFXは、フラッグシップのコンサートグランドピアノです。CFXは、きらめく高音、信じられないほどのダイナミックレンジを備えたパワフルな低音を再現。

[S700]

S700は手作りのアコースティックグランドピアノ。S700は、S90ESステージシンセサイザーやMOTIF ESでも定評のあるグランドピアノボイスの1つでした。

[C7]

ヤマハC7は、世界で最も録音されたピアノの1つであり、パワーと明瞭さが特徴です。

[U1]

U1は、世界で最も人気のあるアップライトピアノ。

エレクトリック・ピアノ

[F​​Mエレクトリックピアノ]

DX7で有名なReal 8-operator FMシンセシスによる得々のサウンド。サンプルでは再現できない完全なダイナミックと表現を実現しています。

[CP80]

1978年発表のCP80およびCP70エレクトリックグランドピアノ。YC61のCP80サウンドは強力で太く、幅広いダイナミックレンジを実現。

[78 Rd ]

78年ローズタイプ。ダイナミックレンジが広く、高品質ですべてのジャンルの音楽に適しています。

[75 Rd Funky ]

75年ローズタイプ。ダーティーでファンキーなサウンドを持ちます。

[73 Rd]

73年ローズタイプ。バラードに最適な、ヴィンテージで太くて温かみのあるエレクトリックピアノサウンドが特徴。

[Wr]

ウーリツアータイプ。ダイナミックレンジの広いビンテージバージョンとモダンバージョンを収録。

優れた可搬性と強靭な設計

YC61は強靭な設計でツァーやステージでも安心して使用することができます。また7.1 kgの軽量ボディーでソフトケースを使用してどこにでも持ち運部ことができます。

PC / iOS との連携

YC61は、Mac、PC、iOS用のUSBステレオオーディオとMIDIインターフェイスを内蔵。1本のUSBケーブルで、YC61のオーディオとMIDIをDAWにレコーディングすることが可能です。

仕様

インターフェース
キーボード 鍵盤数 61
タイプ セミウェイテッド・ウォーターフォール鍵盤
音源部
音源方式 音源方式 VCM Organ、AWM2、FM
ポリフォニー 最大同時発音数 [VCM Organ + AWM2]:128 VCM Organ+AWM2合計 [FM]:128
ライブセットサウンド 160 (Preset Live Set Sounds:80)
音色数 145 (Organ:6 / Keys:139)
エフェクト
タイプ インサーション Organ 1 systems (Pre Drive) / Key A 2 systems (1: 32 types, 2: 32 types) / Key B 2 systems (1: 32 types, 2: 32 types)
エフェクト 32
スピーカー・アンプ 6 types (Rotary Speaker: 2 types, Amp: 4 types)
リバーブ 1 type
マスターEQ 3 band (with sweepable Mid)
Connectivity
端子 Line Out OUTPUT [L/MONO]/[R] (6.3 mm, standard phone jacks, UNBALANCED)
Headphones [PHONES] (6.3 mm, standard stereo phone jack)
Foot Controller FOOT CONTROLLER [1]/[2], FOOT SWITCH [SUSTAIN]/[ASSIGNABLE]
MIDI MIDI [IN]/[OUT]
USB USB [TO HOST]/[TO DEVICE]
AUX INPUT [L/MONO]/[R] (6.3 mm, standard phone jacks)
Connectors [AC IN]
Display Full Dot LCD (128 x 64 dots)
同梱物 マニュアル x 1, 電源ケーブル x 1
重量・サイズ
サイズ W 896 mm
H 108 mm
D 309 mm
Weight 重量 7.1 kg

発売日

未定

販売価格

未定

シンセサイザー新製品一覧は ⇒ こちら

「synthesizer」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ