ESI MIDIMATE eX | ケーブル一体型USB MIDIインターフェース

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

ESI Audiotechnik GmbH(以下、ESI)が、IN / OUT 自動検出機能を備えたケーブル一体型USB MIDIインターフェース「MIDIMATE eX」を発売します。

MIDIMATE eXは、独立したIN/OUT兼用(自動認識)のふたつのMIDIコネクターによる柔軟な接続性を実現し、シンプルながらユーザビリティに優れた、ケーブル一体型のUSB MIDIインターフェースです。PCとMac、そしてiOSにも対応し、USB端子を装備していない様々なMIDIデバイスをコンピューターに接続することができます。

特徴

  • ケーブル一体型のUSB 2.0 MIDI インターフェース、PC またはMac のUSB 3.0、2.0 または1.1 ポートに接続可能
  • IN / OUT 兼用の2 つのMIDI コネクタを採用し、それらを区別することなく使用可能(IN / OUT 自動検出
  • 低レイテンシー設計で遅延のないMIDI パフォーマンス
  • 外部電源不要のバスパワー駆動、軽量・コンパクトでポータブル性に優れたデザイン
  • ドライバー不要、プラグ&プレイですぐに使用可能
  • 動作状態を示すLED インジケーター搭載
  • iOS 対応(要Apple 製Lightning - USB カメラアダプタ)
  • 丈夫かつ柔らかくて取り回しが容易なファブリックケーブル / ケーブル長約1.9m

動作モード

ふたつのMIDIコネクターが、それぞれ16chのIN/OUTを備えたポート1/ポート2(計32ch)として動作しますので、柔軟な接続性を実現します。

1 IN/1 OUT

ポート1と2がそれぞれMIDI In端子、MIDI Out端子として動作します。

2 IN

ポート1と2は、どちらもそれぞれ16chのMIDI In端子として動作します(計32ch)。2台のMIDIキーボードから同時にMIDI信号を受け取ることができます。

2 OUT

ポート1と2は、どちらもそれぞれ16chのMIDI Out端子として動作します(計32ch)。2台の音源モジュールやシンセサイザーに同時にMIDI信号を送信し、鳴らすことができます。

※各DIN コネクタは、MIDI IN またはMIDI OUT のどちらにも使用可能

対応OS

  • Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8.1、Windows 10(いずれも32/64bit 対応)
  • Mac OS X(10.4 以上)

MIDIMATE eX

発売日

2020年1月10日(金)

販売価格

(税抜)¥4,300 (税込 ¥4,730)
JANコード:4534217738051


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

.

DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「midiインターフェース」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ