SOMA The Pipe | 自分の声を楽器として使用できる新しいスタイルのエフェクト・プロセッサー/シンセサイザー

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

ユニークなコンセプトを持った電子楽器を開発するモスクワに拠点を置くロシアのメーカー SOMA が、入力した声やブレスからリードやヒューマン・ビートボックスなど様々なサウンドを生み出すデバイス「THE PIPE」を発売します。

自分の声を楽器として使用できる新しいスタイルのエフェクト・プロセッサー/シンセサイザー

THE PIPEは、独創的な製品で管楽器のマウスピースの様なコンタクト・マイクから入力した声やブレスを12のアルゴリズムと2つのタッチ・センサーによりシンセサイザーとダイナミック・エフェクト・プロセッサーをコントロールしてリードやヒューマン・ビートボックスなど様々なサウンドを生み出すことができます。

THE PIPEは手に持って演奏するハンドヘルド・パートと、L/R オーディオ出力ジャック(1/4 インチ)、電源用DC入力を備えた小型のブレイクアウト・ボックスで構成されています。ハンドヘルド・パートとブレイクアウト・ボックスはオーディオ信号の出力と DC 電源の両方を含む1本のケーブルで接続します。

ハンドヘルド・パートはコンタクト・声・マイク(1/4 インチ・ジャックで接続)、電子部品、コントロールで構成されています。マイク入力は汎用的な1/4インチ・ジャックなので、付属のコンタクト・マイク以外にもダイナミック・マイクやピックアップ・マイクを簡単に接続する事ができます。マイクはスタンドへ取り付けるか、ドラム、ギター、トランペットなどのアコースティック楽器の内部または表面に取り付けます。こうしてマイク入力ジャックを外部入力として使用し、the PIPE をエフェクターとして使用する事もできます。

コンタクト・マイクは中高域を強調した音質のStandard が付属。オプションで、より自然な特性のFlat と低音をより強調したBassyの2 種類が用意され、サウンドの変化を楽しむことができます。

Flat

Bassy

サウンド比較

12 種類のアルゴリズム

THE PIPEにはバリエーションに富んだ 12 種類のアルゴリズムが搭載。それぞれ独自のテクニックが必要で、個性的なサウンド・キャラクターを持っています。

ORPHEUS

the PIPE のために最初に作られたアルゴリズムです。声によって反応する2つのバーチャル・レゾネーターにによって構成されています。声の高さを変える事でレゾネーターをコントロールし、様々な周波数で共振させる事ができます。

FILTERRA

ダイナミック・レゾネーターとリバーブのコンビネーションです。美しいリード・サウンドやパーカッシブなサウンド、ノイズまで演奏する事ができます。FREEZE センサーを使用してリバーブのサウンドをフリーズし、合唱団の様なバックトラックを作成できます。

SYNTH

シンセサイザーのようなリードサウンドを演奏します。カットオフ・フリーケンシーを調節可能なダイナミック・ローパス・フィルターを備え、リバーブ/ディレイ、オクターバーと一緒に使用できます。

REVERB

リバーブと調整可能なディストーション、ディレイのコンビネーションです。FX センサーでディストーションをオンにし、サウンドに柔らかいドライブを加えるサチュレーターとして使用できます。DLY DB ノブを回すとディストーションにディレイが追加され、最大値近くまで回すと自己発振します。

MADELAY

あるポイントから別のポイントへとリードポイントがリズミカルにジャンプするユニークなディレイです。ジャンプのスピードは TEMPO ノブでコントロールしてトラックや他のビートに同期できます。テンポは次のアルゴリズムと同期しているので、演奏中に次のアルゴリズムと切り替えてクリエイティブな演奏ができます。FREEZE センサーはディレイのごく一部をフリーズさせ、シンセティックな効果を生み出します。

PULSE

入力した声をリズミカルにアルペジエートされたシンセサイザーの様なサウンドに変えます。DECAY ノブでパルスの長さを調整し、より明確なサウンドにする事ができます。このアルゴリズムにはリンギング・リバーブが含まれており、入力した声にメタリックなトーンを加えます。

BASS DRUM

ボイス・コントロールによる TR-909 風のバスドラムです。入力音に対し敏感に反応し、様々なバリエーションやアクセントをつけた演奏が可能で、ドラムマシンでプログラムするのが難しい複雑なリズムを直感的に作成できます。このアルゴリズムはスネアドラムの演奏も可能です。高域の量がしきい値を超えると、バスドラムのサウンドの代わりにマイクからの処理済みのサウンドが再生されるので、このサウンドをスネアドラムとして演奏できます。

SWITCHABLE BASS DRUM

BASS DRUM アルゴリズムのバリエーションで、入力音の周波数ではなくFXセンサーでサウンドを切り替えます。通常時はマイクからのサウンドを出力し、FX センサーをタッチしている間、バスドラムを演奏する事ができます。

BASS DRUM + SNARE

BASS DRUM アルゴリズムにスネアドラムを追加したアルゴリズムです。FX センサーを押さないとスネアドラムが鳴り、FX センサーを押すとバスドラムに切り替わります。

OKTAVA

オクターブ・ピッチシフター、フィルター、ディレイのコンビネーションです。ディープなベース・パッドやシュールなリード・サウンド、うなり声や珍しい発声方法を使って、野獣の咆哮や不思議な生命体の歌を演奏する事ができます。

GENERATOR

the PIPE の中でも最もユニークなアルゴリズムで、声でコントロールされたサウンド・ジェネレーター、フィルター、リング・モジュレーター、動的フィードバックを搭載したディレイで構成されています。長く大きなサウンドを入力するとディレイのフィードバック・レベルが100%を超え、入力レベルが下がるまでサウンドの一部が自己発振しフリーズします。FX センサーに触れると、この自己発振を止める事ができます。

HARCHO

アルゴリズムは3種類のデジタル・ディストーション、ディレイ/リバーブ、ローパス・フィルターを組み合わせた、the PIPE の中でも最も極端なアルゴリズムです。グルジア語の「HARCHO」の語感は英語の「HARSH(耳障り、とげとげしい、荒い)」に似ており、エクストリームなノイズや強烈な電子音が必要な場合は、このアルゴリズムを選択すれば間違いありません。

発売日

2019年11月23日

販売価格

The Pipe Black

(税抜)¥72,546 (税込 ¥79,800)
JANコード:4582348929961


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

The Pipe White

(税抜)¥72,546 (税込 ¥79,800)
JANコード:4582348929978


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

The Pipe Mic Bassy

(税抜)¥4,528 (税込 ¥4,980)
JANコード:4582348929992


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

The Pipe Mic Flat

(税抜)¥4,528 (税込 ¥4,980)
JANコード:4582348929985


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

The Pipe Soft Case

(税抜)¥6,355 (税込 ¥6,990)
JANコード:4580646110234


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「synthesizer」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ