KORG NC-Q1 / VOX VH-Q1 | DJやプレーヤーの耳を守るワイヤレスヘッドホン

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

KORG( コルグ )が、Korg / VOX ブランドからノイズキャンセリング付きワイヤレスヘッドホン Korg「NC-Q1」VOX「VH-Q1」を発表しました。ブラックとホワイトの2カラーラインナップ。

会場は中野サンプラザのチャペル

NC-Q1

Korg「NC-Q1」は先進的なノイズ・キャンセリング・システムを搭載し、クラブやライブハウスなどの大音量の過酷な環境の中で耳を保護しつつ、ノイズのない高解像度のサウンドをモニタリングできる全く新しい種類のDJ ヘッドホンです。

NC-Q1 は、最先端のアクティブ・ノイズ・キャンセリング、周辺からの音の減衰、そして一連のスマートな機能を組み合わせることで、高度に制御できる強力で素晴らしいサウンドを体験することができます。このユニークなノイズ・キャンセリング機能を搭載したNC-Q1 は、DJ、ドラマー、フロント・エンジニアのような音量を調整するのが困難な環境でパフォーマンスをする方たちの使用に最適です。

聴覚の保護

DJ やミュージシャンは非常に危険な音量レベルのサウンドに頻繁にさらされています。適切な聴覚の保護を施すことなく、このようなレベルのノイズに数分もさらされていると、回復不可能な聴覚の低下につながります。(105-110dB の音に5 分間さらされると取り返しのつかない難聴に陥る可能性があります。*)

NC-Q1の特徴

  • 突出したノイズ・キャンセリングとサウンド・フィルタリング
  • ノイズの多い環境下での音量減衰機能
  • サウンドエンハンシングを備えたスマート・モニタリング機能 (ボリューム/EQ コントロール)
  • 広い周波数応答性によるクリアで高解像度の音楽再生
  • Bluetooth, Siri/Google アシスタントなどのAI アシスタントのサポート
  • 充電池内蔵;一度の充電で36 時間使用可

Anc(アクティブノイズキャンセリング)

NC-Q1 は先進的なノイズ・キャンセリング・システムを搭載しています。これはフィードフォワードとフィードバックをともに利用したアクティブ・ノイズ・キャンセリング(ANC)技術で、多くのモニタリング環境でみられる過酷な状態に合わせて機能するようになっています。ほかのANC ヘッドホンでは正しく機能することが難しいような騒音下でもNC-Q1 のノイズ・キャンセリングはうまく機能します。NC-Q1 はイヤーカップの内外にそれぞれマイクを搭載しています。あらゆる方向からノイズを徹底的にシャットダウンします。この強力なノイズキャンセリング機能は一般的なノイズキャンセリングヘッドホンでは適正に機能しなくいこともあるDJ ブースのような大音量下でも正確に機能します。

Pnc(パッシブノイズキャンセリング)

形状記憶フォームが採用されたイヤークッションは、快適さと耳へのフィット感に優れ、ノイズとサウンドを的確に分離します。イヤーカップの内側と外側に配置されたマイクが適切なノイズを拾い、非常に正確なノイズキャンセリングを実現します。それだけでなく、VH-Q1 は他のヘッドホンより一歩進んで、特殊なフレーム構造によりフレームを経由して伝達されてくるノイズまでも最小限に抑え、これまでにないノイズキャンセリング体験を届けます。

DJ の新しい相棒

強力なノイズキャンセリング機能以外にも、NC-Q1 はDJブースで使用するのに適した機能があります。「スマートモニタリング」と「サウンドエンハンシング」機能はEQ のプリセットや音量バランス、どちらの耳(右、左、両耳)でモニターするかを選ぶことで周囲の音の聴こえ方をカスタマイズすることが出来ます。DJ は外の音を聞くためにヘッドホンを外す必要がなくなるので、聴覚を保護するのに効果的です。

完全な接続性、簡単な操作

NC-Q1 は様々な種類のBluetooth 規格(SBC, AAC,aptX, aptX-LL, aptX-HD)に対応しているだけではなく、Google アシスタントとSiri どちらのAI アシスタントにも対応しています。さらに専用のビームフォーミング処理によりハンズフリー通話中のクリアな音声も保証します。いつでも世界中とつながっていることが出来ます。

NC-Q1 は物理ボタンやスイッチ、タッチセンサーなどすべての操作子をイヤーカップに集約しているので、素早く正確で直観的に操作できます。一度触れたり触れ続けたりすることでモニタリング機能を片耳あるいは両耳で有効化、無効化できます。「マルチファンクションスイッチ」では再生、停止、早戻し、早送り、スキップなどの機能を簡単にコントロールできます。ヘッドホンを取り外す場合では、スマートトランスポートコントロール機能で自動的に再生を停止、再び装着したときに再起動します。これでお気に入りの音楽を聞き逃すことはありません。

クリアな音とプロ仕様のパフォーマンス性

NC-Q1 は広い周波数応答性と幅広いダイナミックレンジをほこっており、41mm 径のカスタムPEEK ハイグレードフィルムダイアフラムがクリアでバランスの取れたサウンドを再生します。イヤークッションとイヤーカップはノイズを分離するだけではなく快適な付け心地を実現します。最高のプロフェッショナル企画に準拠したこれらのヘッドホンは、ハイレゾ音源の再生に対応しており、左右2 か所のAUDIO IN プラグを通じてあらゆるオーディオプレイヤー、ミキサー、オーディオインターフェースなどと接続することが出来ます。(ステレオミニジャックケーブルと3.5mm→6.35mm ステレオ変換プラグ付属)

仕様

  • 色:ブラック、ホワイト
  • 外形寸法:158.5 × 204.0 × 84.0 mm
  • 重量:約320g (ケーブルを除く)
  • ヘッドホンの種類:ダイナミック/クローズ ヘッドホン
  • ダイアフラムの材質:5 レイヤーのPEEK&PU
  • 周波数応答性:10 Hz ‒ 25,000 Hz
  • 対応するBluetooth 規格:SBC、AAC、aptX、aptX-LL、aptX-HD
  • 利用可能なEQ:3 種類 (High Boost / High Cut / Low Boost / Low Cut / Mid Scoop /Flat)
  • ケーブル長:1.5m
  • プラグ:ステレオ・ミニ・フォーン・ジャック
  • 内蔵バッテリー:1,200mA リチウムポリマー電池
  • 充電時間:3.5 時間 ~6 時間
  • 連続使用時間:36 時間 (最大)
  • 接続:USB 2.0 (充電用)、Bluetooth 5.0
  • 付属品:ステレオ・ミニ、ステレオ・フォーン変換プラグ、キャリーバッグ、USB ケーブル

NC-Q1 BK / NC-Q1 WH

発売日

2020年4月下旬予定

販売価格

(税抜)¥31,800 (税込 ¥34,980)前後を予定
JANコード:NC-Q1 BK:4959112195660
JANコード:NC-Q1 WH:4959112195677

VH-Q1

VOX「VH-Q1」は、ギターなどのセッション向きに開発されたサイレントセッション用ヘッドホン

VH-Q1 BK

VH-Q1 WH

ともにSiriGoogleアシスタントの呼び出しにも対応し、コーデックは aptX / aptX HD / AAC /SBCに対応。バッテリーも36時間(ノイズキャンセル時)、29時間(Bluetooth接続時)、26時間(ノイズキャンセル+Bluetooth)と十分なスペックを備えている。

特徴

  • 広い周波数応答性によるクリアで高解像度の音楽再生
  • 突出したノイズ・キャンセリングとサウンド・フィルタリング
  • ノイズの多い環境下での音量減衰機能
  • サウンド・エンハンスを使ったスマート・モニタリング (ボリューム/EQ コントロール)
  • 直観的で柔軟なコントロール
  • Bluetooth, Siri/Google アシスタントなどの一般的なコーデックのサポート
  • クリアな再生とビームフォーミングによる明瞭な声のピックアップによるハンズフリー通話
  • 充電池内蔵;一度の充電で36 時間使用可能.
  • ロー・レイテンシー(40msec 以下)を実現

VH-Q1 は、高品質サウンドのワイヤレス・ヘッドフォンです。ワイヤレス機能に加えて多くの機能が搭載されています。VH-Q1 は自宅でも、職場でも、通勤でも、毎日の忙しい生活シーンを便利にサポートします。

VH-Q1はスマホデバイス等からの音声をバックに、ギターの音などをマイクから取り込んで没入型のセッションができる「持ち運ぶセッションスタジオ」。

アコースティック・ギターとボーカル・トレーニングに最適

パワフルなモニタリング技術により、VH-Q1 はアコースティック・ギターの周波数をピックアップし、マイクを介して必要のない音をカットすることができます。あなたが聞きたいものだけを残し、ノイズや他の不純物から完全に切り離された、自然のままで良い響きの音がVH-Q1 から再生されます。また、Bluetooth もしくはその他の外部入力を介し音源を供給することもできます。外部オーディオとモニタリング音声は音量の調節が可能です。

完全な接続性。簡単な操作

VH-Q1 は様々なBluetooth 規格と互換性に加えて、Siri とGoogle アシスタントどちらのリモート・アクセスにも対応しています。さらに専用のビームフォーミング処理によりハンズフリー通話中のクリアな音声も保証します。VH-Q1 は、ボタンやスイッチをイヤー・カップの触覚センサーと統合しているので、素早く正確で直観的に操作できます。シンプルなタッチでスマート・モニタリング機能をオン/オフでき、「マルチファンクション・スイッチ」で再生機能を簡単にコントロールできます。バッテリーは36 時間の長寿命を誇り、充電のわずらわしさからあなたを解放します。ヘッドホンを取り外すと、スマート・トランスポート・コントロール機能で自動的に再生を停止、再び装着したときに再起動(再生)します。

クリアで高解像度のオーディオ

VH-Q1 は、広い周波数応答性と幅広いダイナミックレンジをほこっており、41mm 径のカスタムPEEK ハイグレード・フィルム・ダイアフラムがクリアでバランスの取れたサウンドを再生します。イヤー・クッションとイヤー・カップはノイズを分離するだけではなく快適な付け心地を実現します。また、プロのエンジニアが使用する環境に準拠したハイレゾ音源の再生に対応しており、左右2 か所のAUDIO IN プラグを通じてあらゆるオーディオ・プレイヤー、ミキサー、またはオーディオ・インターフェースと接続することができます。(ステレオミニジャックケーブルと3.5mm→6.35mm ステレオ変換プラグ付属)

ANC(アクティブ・ノイズ・キャンセリング)

VH-Q1 はフィードフォワードとフィードバックの両方を組み合わせたアクティブ・ノイズ・キャンセリングという高度なノイズ・キャンセリング・システムを搭載しています。他の多くのノイズ・キャンセリングヘッドホンと異なり、VH-Q1 にはイヤー・カップの内側と外側にマイクが搭載されています。これにより広い周波数帯の音を抑え、外部の環境に合わせて自動調整します。さらに絶えず変化するノイズ環境に対応するため、キャンセリング・レベルが調節可能で、いかなるノイズ・レベルでも最小限に抑える強力な機能を備えています。

PNC(パッシブ・ノイズ・キャンセリング)

形状記憶フォームを採用したイヤー・クッションは、快適さと耳へのフィット感に優れ、ノイズとサウンドを的確に分離します。イヤー・カップの内側と外側に配置されたマイクが適切なノイズを拾い、非常に正確なノイズ・キャンセリングを実現します。それだけでなく、VH-Q1 は他のヘッドホンより一歩進んで、特殊なフレーム構造により私たちの体の中から伝達されてくるノイズも最小限に抑え、これまでにないノイズ・キャンセリング体験を届けます。

アイコニックなVOX ルックス

ブラック/ゴールド、ホワイト/ピンク・ゴールドの高級感あふれる外観、VOX おなじみのダイヤモンド・パターンで装飾されたイヤー・パッド。

仕様

  • カラー・バリエーション:ブラック・ゴールド、ホワイトピンク・ゴールド
  • ヘッドホン構造:ダイナミック/クローズド・ヘッドフォン
  • ダイアフラム:5 レイヤーのPEEK&PU
  • 周波数特性:10 Hz ‒ 25,000 Hz
  • Bluetooth:SBC、AAC、aptX、APTx-HD
  • EQ:3 種類 (Hi, Lo, Loud)
  • ケーブル長:1.5m
  • プラグ:ステレオ・ミニ・フォーン・ジャック
  • 内蔵バッテリー:1,200mA リチウムポリマー電池
  • 充電時間:約3.5 時間
  • 連続使用時間:最大36 時間
  • USB 2.0 (充電用)、Bluetooth 4.1
  • 外形寸法:158.5 × 204.0 × 84.0 mm
  • 質量:約321g (ケーブルを除く)
  • 付属品:ステレオ・ミニ-ステレオ・フォーン変換プラグ、キャリーバッグ、USB ケーブル

VH-Q1 BK / VH-Q1 WH

発売日

2020年4月下旬予定

販売価格

(税抜)¥31,800 (税込 ¥34,980)前後を予定
JANコード:VH-Q1 BK:4959112195646
JANコード:VH-Q1 WH:4959112195653

11月2日に開催された新製品発表会の模様

ブシロードの新たなメディアミックスプロジェクト「D4DJ」 燐舞曲(RONDO) の 加藤里保菜(中央右) さん、もものはるな さん(中央左)によるステージ。技術開発部の河村裕司氏(左)による開発エピソードなども紹介された。司会進行は藤本健氏(右)

「操作も簡単でプライベートでも現場でも使いたい」「自分のユニットのDJにも教えたい!」と感想をかたるお二人

ヘッドホン / イヤホン新製品一覧は ⇒ こちら

「ヘッドホン」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ