Mackie SRM Flex | 持ち運びしやすくセッティングも簡単なポータブルPA システム

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Mackie ( マッキー ) から、SRMシリーズの最新モデルとなるコラム型ポータブルPAシステム「SRM-Flex」が発表されました。

「SRM-Flex」は、スピーカーとパワード・ミキサーが一体化したオールインワンの PA システムです。

「SRM-Flex」は、10インチ低域ユニットと1300Wのパワーアンプ、6チャンネル・デジタルミキサーを組み込んだベースモジュールに、ワイドディスパーションアレイ構造の高域ドライバーユニットを備えたコラム型スピーカーを装着することで構成されます。このタワーのようなスピーカー部分は3段階の高さ調整が可能で、使用現場に合わせて最適な明瞭度を確保することができます。

コラム型スピーカーは、90度のサウンドエリアがあるため、1箇所に設置するだけで部屋全体をカバー。カフェライブ、弾き語り、小規模バンドイベント、プレゼンテーション、DJといった用途におすすめです。

「SRM-Flex」は、最新の音響チューニングテクノロジーを採用しバランスの取れた低域とクリアで明瞭度の高い中高域のサウンドを特徴とします。

内蔵6chデジタルミキサーには、マイクや楽器などダイレクトに接続ができる2つのXLR/TRSコンボ入力端子を装備。この2つのチャンネルには2バンドEQと3種類のタイプから選べるリバーブ調節用ツマミが用意されています。
3-4チャンネルにはキーボードなどを接続できるデュアル標準フォンライン入力、ステレオミニ端子が用意された5-6チャンネルはスマートフォンからワイヤレス接続可能なBluetoothワイヤレスストリーミングにも対応。バックトラックやバンド転換時のBGMも簡単に再生することができます。

さらに、XLRミックス出力も実装しており、2本目の「SRM-Flex」やメインFOHミキサーへ送りたいときなどにも利用することができます。

また、iOSやAndroidデバイスからすべての機能をワイヤレスでコントロールできる「SRM-Flex Connect」アプリも用意。本体ではおこなえないフロントLEDのON/OFFや各チャンネルのレベルメーターの確認、プリセットデータの保存や呼び出しなどをコントロールすることができます。

「SRM-Flex」は、PAシステムながら重さ14kg以下の軽量コンパクト設計となっています。
また、持ち運びや収納用としてベースモジュールにはスリップカバー、スピーカーにはキャリーバッグが付属されています。

主な仕様

周波数帯域(-10dB) 40 Hz - 20 kHz
周波数帯域(-3dB) 50 Hz - 20 kHz
クロスオーバー 600 Hz (18 dB Butterworth)
水平カバレージ 90度
垂直カバレージ 40度
最大音圧レベル 118 dB
高域ドライバー 2.0 インチ
低域ドライバー 10 インチ
パワーアンプ 1300 W (Peak)
システム保護回路 ・Peak , RMS リミッター
・アンプ温度保護
プロセッサー ・2バンドEQ (1 ch/ 2 ch):+5 / -15 dB
Low:@90Hz / high:@6.0kHz
・出力ボイシングモード
・リバーブ(3種類)
入力端子 コンボジャック ×2 (1ch /2ch) / 8kΩ 
※Hi-Z 1MΩ
TRS ×2 (3-4ch)
Stereo mini 又はBluetooth
出力端子 XLR ミックスアウト / 600Ω
Bluetooth 4.2 version / Class 1
寸法(アレイ延長2本含む) 330 m × 366 m × 2002 mm
重量 13.4 kg
付属品 ・アレイモジュール用キャリングバッグ(延長2本+HF1本同時収納可能)
・ミキサー内蔵サブウーファー保護用カバー

発売日

2019年秋~冬

販売価格

(税抜)¥121,700 (税込 ¥133,870)予定
JANコード:0663961057812

PAスピーカー新製品一覧は ⇒ こちら

「スピーカー」タグの関連記事

↑ページトップ