Roland Aerophone mini / AE-01 | 重さ500gの軽量設計!電子管楽器 エアロフォンミニ

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Roland Aerophone mini リリース

Roland ( ローランド ) の人気電子管楽器シリーズ「Aerophone」から、軽くコンパクトな「Aerophone mini」(AE-01)が発表されました。

「Aerophone mini」(以下:AE-01)は、リコーダーのように吹いて演奏を楽しむことができるデジタル管楽器です。

定番のサックスやフルートからバイオリン、クラリネット、トランペット、シンセサイザーの6つ音色を搭載。リコーダーのように簡単に演奏できるボタン配列と運指のため、楽器をしたことがない方でもメロディーを奏でることができます。

本体にはヘッドホンやイヤホン、外部スピーカーを接続できる3.5mmのステレオミニジャックのほか、スピーカーを内蔵。Bluetooth にも対応しているため、iOSやAndroidのスマートフォンから音楽を内蔵スピーカーで流して練習や気軽にセッションすることができます。

Aerophone miniのスピーカーとヘッドホン端子

Bluetooth はオーディオの受信するのみでなく Bluetooth MIDI にも対応しているため、互換性をもつDAWソフトやソフトシンセ、音楽アプリなどにワイヤレスで MIDI 打ち込みすることも可能です。

Aerophone mini Bluetooth対応

また、本体には6音色のみ内蔵されていますが、専用アプリ「Aerophone mini Plus」を通すことでアプリ内音源として50音色を使用することもできます。
さらに、アプリ内にはレッスン機能も用意されています。11曲の練習曲では譜面に加えて運指表も表示。曲の再生スピードの調節や演奏を正しく行えたかを点数化する採点機能もあり、楽しく練習しながら上達することができます。

Aerophone miniの専用アプリ

Aerophone 比較

Aerophone シリーズは、人気モデルの「Aerophone」(以下:AE-10)をはじめ、AE-10を一回り小さくした「Aerophone GO」(以下:AE-05)、と今回発売される「AE-01」の3つのラインナップとなっています。

以下では、新製品「AE-01」を中心に各モデルの違いをご紹介します。

最上位機種「AE-10」と「AE-01」の違いですが、「AE-10」は、よりリアルなアコースティック楽器を演奏できる音源エンジンを搭載しているほか、グロートーンやポルタメントといった奏法表現、(サックスとバイオリンなど)音を重ねて演奏できる機能、豊富な音色数と7オクターブ範囲まで演奏できるいった多くの違いがあります。そのため、より美しい音色、そしてさまざまな楽器で幅の広い演奏表現をしたい方向けといえます。

AE-10とAE-01の違い

「AE-10」に比べ「AE-05」や「AE-01」は演奏表現にフォーカスしていない分、どちらかといえば音を出して楽しみたい方向けと言えるかもしれません。
スマートフォンやタブレットに保存されている曲の中からメロディを消去して演奏したり、テンポを落として練習したりできる専用アプリが用意されているのは「AE-10」と異なります。

AE-05とAE-01の違い

「AE-05」と「AE-01」の違いで大きなポイントとなるのは3つあり、その1つは音色数です。

「AE-05」は本体に内蔵されている音色が11音色に対し「AE-01」は6音色(下記写真)となっており、「AE-05」のようにサックスの種類をアルトやテナーなど細かく選ぶことはできません。

AE-01は6音色を内蔵

次の違いは運指です。「AE-05」はサックスやリコーダーなど全部で6つの運指が用意されていますが、「AE-01」では全部で2つ。アプリを用いてトランペット運指、本体操作ではリコーダーのみとなっています。「AE-05」同様にアプリから自分で運指を作成する機能は「AE-01」にもありますので、サックス運指にしたいという場合には設定する必要があります。

最後のポイントとしてはセンサーに違いがあります。

管楽器をデジタルで表現するのにとても重要なのが、吹く息の強さを感知するブレスセンサーとマウスピースを咥え込む強さを感知するバイトセンサーです。「AE-01」はブレスセンサーのみ搭載されています。そのためバイトセンサーによるビブラート表現は行なえませんが、その分音は出しやすいと思います。

AE-01はバイトセンサーの搭載なし

この他にも違いはありますので、スタッフまでお気軽にご相談ください。

また、電子管楽器ポータブルサイトも合わせてご覧ください。

電子管楽器ポータルサイト

主な仕様

キー配列 リコーダー配列
音源 PCMシンセ
プリセット・音色 トーン:6
エフェクト
  • リバーブ
コントローラー
  • ブレス・センサー
  • 演奏キー
  • オクターブ・キー
  • ファンクションボタン
Bluetooth Bluetooth標準規格Ver 4.2

  • 対応プロファイル:A2DP(オーディオ)、GATT(MIDI over Bluetooth Low Energy)
  • 対応コーデック:SBC(SCMS-T方式によるコンテンツ保護に対応)
内蔵スピーカー 2.8cm×1 (1.5W×1)
接続端子
  • PHONES/OUTPUT端子(ステレオミニタイプ)
  • USB COMPUTER端子(マイクロBタイプ、電源用)
電源
  • USB ACアダプター
  • 充電式ニッケル水素電池単3形(別売)×4
消費電流 400mA
連続使用時の電池の寿命(使用状態によって異なります) 充電式ニッケル水素電池:約10時間(容量1,900mAh使用時)
※ マンガン乾電池、アルカリ乾電池は使用不可
外形寸法(幅 × 奥行き × 高さ) 43 mm × 76 mm × 444 mm
質量 500 g (電池含む)
付属品
  • 取扱説明書
  • 保証書
  • ローランド ユーザー登録カード
  • マウスピース・キャップ
  • ネック・ストラップ
  • バンド
  • USBケーブル(電源用 TypeA)
別売品 交換用マウスピース(OP-AE05MPH)

▼本体リアとサイドパネル。(拡大できます)ファンクションボタンと演奏キーを押して音色など切り替えることができる。

▼付属品。

Aerophone mini / AE-01

発売日

2019年9月21日(土)

販売価格

(税抜)¥32,000 (税込 ¥35,200)
JANコード:4957054513863


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

.

ウインドシンセ新製品一覧は ⇒ こちら

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ