Korg / Nu:Tekt NTS-1 Digital Kit | 自分で組み立てるDIY デジタルシンセキット

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

2019年8月3、4日に開催されたMaker Faire 2019会場にて、KORG ( コルグ )のキットブランド「Nu:Tekt」の手のひらサイズのDIYシンセキット「NTS-1 Digital Kit」が国内初お披露目されました。5月にベルリンで開催されたSUPERBOOTH19で参考出品されていましたが、年内の国内発売が決まった模様です。

2019年9月4日:国内で正式に発表されました

SUPERBOOTH19でのデモ

NTS-1はアナログモデリングエンジンを搭載した、手のひらサイズのDSPシンセサイザー。4種類の波形と後述するユーザー波形を内蔵。マルチモード・フィルター、EG/MOD、Delay/Reverb、そしてアルペジエーターを搭載。そして注目すべきはなんと自分で組み立てる「DIYシンセキット」ということ。組み立てにハンダは不要で、同梱されているビスやドライバーを使用して基盤とパネルを組み立てるという仕様になっています(下記パッケージ写真参照)

外部入力端子、SYNC IN/OUT、MIDI IN、USB端子を装備し、会場でも一緒に展示されていた「Monotron」や「littleBits」「SQ-1」等のガジェットとの同期演奏も可能となっています。

またNTS-1は、Korgのシンセサイザー「prologue」や「minilogue xd」の開発環境である「prologue SDK(Software Development Ki)」に対応。自作のオシレーターやエフェクト・プログラムを本体へロードすることが可能です。prologue SDKのサンプル・コードはKorg社からも提供されていますので、かなり凝った音作りのバリエーションを楽しむことができるといえるでしょう。

カスタマイズも可能

サイドパネルのネジが長いため、簡単にカスタムサイドパネルを取り付けることができます。NTS-1を幅広いセットアップで使ってみてください。AUDIO IN、SYNC IN、SYNC OUT、MIDI INの4つのコネクターを備え、ほかのハードウェアやソフトウェアと組み合わせて使用することができます。

組み合わせ例

prologue SDK(Software Development Kit)

minilogue xdとprologueに共通のSDK(Software Development Kit)は、専用の開発ツールを使用してハードウェアの可能性を拡張できるオープンな開発API(Application Programming Interface)を提供します。このSDKを介してMULTI ENGINEのための自作のデジタル・オシレーターを作成できるほか、既存のモジュレーション・エフェクトに追加可能な自作のユーザー・エフェクトも作成することができます。ユーザーは、これらの自作のユーザー・オシレーターとユーザー・エフェクトをprologue Sound Librarian(Mac/Win)を介してprologueにロードできるようになります。

Maker Faire 2019の会場では参考出品と表示されていましたが、2019年内には国内で発売を開始するとのこと。価格は「Volcaシリーズよりは安い」とのことなのでおそらくは1万円前後となるのではないかと推測されます。

正式なアナウンスがあり次第追記していきます。

2019年9月4日:国内で正式に発表されました!

多数の音楽ソフトウェアをバンドル

NTS-1には、曲を作るだけでなくAIによるマスタリングができる「Ozone Elements」、キーボード演奏の上達に役立つ「Skoove」、DAWソフト「Reason Lite」に加え、コルグやその他ブランドのソフトウェア・シンセまで、多数の音楽ソフトウェアが最初からバンドルされます。※ダウンロード提供

iPad/iPhone用アプリ

  • ORG Gadget 2 Le (音源内蔵DAW音楽制作アプリ)
  • KORG Module (ピアノ・キーボード音源アプリ)

Mac/Windows用ソフトウェア

  • KORG Collection - M1 Le (シンセサイザー音源)
  • UVI Digital Synsations (シンセサイザー音源)
  • AAS Ultra Analog Session (シンセサイザー音源)
  • AAS Strum Session (アコースティック・ギター音源)
  • AAS Lounge Lizard Session (エレクトリック・ピアノ音源)
  • Propellerhead Reason Lite (DAW音楽制作ソフト)
  • Skoove プレミアム・プラン 3か月トライアル (オンラインピアノレッスン)
  • KORG Gadget 2 Le for Mac (DAW音楽制作ソフト) i
  • iZOTOPE Ozone Elements (マスタリング・プラグインソフト)

発売日

2019年11月予定 ⇒ 近日公開

販売価格

近日公開
JANコード:4959112192782

Nu:Tektブランドでは他にも、定番であるミント缶サイズのケースを採用し、フタ部分には透明アクリル・カバーを施した超小型の高音質ポータブル・ヘッドホン・アンプ「HA-KIT」などもリリースされています。

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ