BASTL INSTRUMENTS 1983 | 4chのMIDI to CVインターフェース・モジュール

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Bastl Instruments ( バストル・インストゥルメンツ ) が、自動チューニング機能を備えたポリフォニック MIDI to CVインターフェース「1983」を発売します。

4チャンネルのCV&GATE出力をもつ「1983」は、ベロシティ、コントロールチェンジ、ピッチベンド、クロック、アフタータッチ、そしてモノフォニック&ポリフォニックのボイスに対応しています。

各チャンネルは接続されたオシレーターからの波形を分析することができ、TUNEボタンを1回押すだけで、自動チューニングが行われ7オクターブ音域すべてにマッピング。デフォルトでは平均律で A = 440Hz となっていますが、異なるチューニングにも対応します。

4chで使用できるインターフェース機能以外にも、4つのCV入力を利用して、クリエイティブな「アルペジエーター/シーケンサー」としても使用することができます。


主な特徴

  • 4チャンネルのCVとGATE
  • 各チャンネルに自動チューニングのためのLISTEN入力を装備
  • ボタンを1回押すだけで自動チューニングを実行(オフセット&スケール補正)
  • いくつかのチューニングシステム(平均律、純正律、A=440/432 Hzなど)
  • レイアウト・セレクション(4ボイス、3+1ボイス、2ベロシティボイス、4×1ボイス、1ボイス、8ゲート、8 CC、4トリガー+ベロシティ、クォンタイズ)
  • 各レイアウトは、チャンネルDの出力をMIDIクロック(調整可能なディバイダー)とリセットにマッピング可能
  • MIDIチャンネルとその他プロパティをアサインするLEARNモード
  • 出力をクロックまたはトリガシーケンスにクオンタイズするためのUPDATEジャック
  • WINDOWジャック:バッファ内のノートを使用可能なボイスにクリエイティブに割り当て
  • TRANSPOSE CV:出力をセミトーン、フィフス、またはオクターブ単位でシフト
  • PORTAMENTO CV:グライドタイム/ポルタメントの調整
  • MIDIノートのオン/オフ、CC(サステイン)、ベロシティ、ピッチベンド、クロック、アフタータッチに対応
  • オクターブ単位で各半音ごとにµTuneスケールを編集
  • MIDI経由のファームウェアアップデートに対応

主な仕様

  • 7 HP
  • PTCヒューズとダイオードで保護された10ピンのパワーコネクター
  • 奥行き=24mm
  • 消費電流 +12: < 60mA, -12: <20 mA

発売日

2019年2月26日(火)

販売価格

(税抜)¥37,000 (税込 ¥40,700)
JANコード:4560482827695


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

アナログシンセ新製品一覧は ⇒ こちら

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ