Arturia MicroFreak | デジタルオシレータとアナログフィルタ搭載のハイブリッド・シンセ

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Arturia ( アートリア )が、ウェーブテーブル / デジタルオシレータとアナログフィルタを組み合わせたハイブリッド・シンセ「MicroFreak」を発売します。

2019年1月28日追記:※本記事公開当初は「Mutable Instrumentsとのコラボレーション」という表記をしておりましたが、正しくはMicroFreakは、Mutable Instrumentsのオープンソースである「Plaits’ code」を使用した製品とのことです。Mutable Instrumentsの product designer Émilie氏のコメントはこちら

Émilie氏によればArturia社とMutable Instrumentsのコラボレーション(共同作業)ということではなく、Mutable Instrumentsのオープンソースの使用を同社が了承しただけ・・ということのようです。記事内容を一部修正いたしました。

2019年2月:Korg新製品発表会会場にて デモンストレーション:yasushi.k

The NAMM Show 2019会場にて

MicroFreakは、13のオシレータ、5つのオーダーメイドのArturiaエンジン、を備えています。オシレーターはデジタルで、SEMフィルターをベースに開発されたアナログスレイトバリアブルフィルタ(ローパス、バンドパス、ハイパス)を搭載。

本体にはポリアフタータッチ対応の25鍵PCBキーボード(静電容量無接点方式)を搭載。最大4つのオートメーションを録音したり、ステップごとにメモを編集したり、革新的な「Spice and Dice」シーケンサー機能を使用してサウンドメイキングか可能。まるでサイコロを投げるかのように偶発的なランダムパターンを作成し、その信号チェーンとコントロールを5×7の変調マトリクスで再構築することができます。

 

主な特徴

  • 192のプリセットスロット、128のファクトリープリセット
  • 可変モードを備えた11のデジタルオシレータ、アナログスレイトバリアブルフィルタ、12dB /オクターブ、レゾナンス、ローパス、バンドパス、ハイパス
  • ADSRエンベロープ
  • サイクリングエンベロープ(2モード)
    • エンベロープ
    • LFO
  • シンクLFO:Sine, Tri, Saw, Square, Random, Slew Random
  • 5つのソースと7つのデスティネーションを持つモジュレーションマトリックス(3つのカスタムデスティネーション)
  • モノラルまたはパラフォニックモード - 最大4ボイス
  • ポリフォニックアフタータッチ付きPCB25キー(静電容量無接点方式)
  • 静電容量式タッチストリップ
  • 鮮明なOLEDディスプレイ
  • 強力なアルペジエーター
    • アップ、オーダー、ランダム、パターンモード
    • Spice&Dice Gateランダマイザー
  • 64ステップシーケンサー
    • プリセットごとに2パターン
    • プリセットごとに4つのオートメーショントラック
  • CV /ゲート/モジュレーション出力
  • USB、クロック、MIDI入出力
  • 6.35mmマスター/3.5mmヘッドフォン出力
  • サイズ: 311 x 233 x 55mm
  • 重量:1.02 Kg

発売日

2019年4月28日予定

販売価格

4月26日(金) 17:00より予約受付開始

(税抜)¥32,000 (税込 ¥34,560)前後を予定
JANコード:4959112193277


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

シンセサイザー新製品一覧は ⇒ こちら

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ