reProducer Epic 5 | ミックスやマスタリング向けスタジオモニター

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

reProducer Audio ( リプロデューサー・オーディオ ) は、アクティブタイプのスタジオモニタースピーカー「Epic 5」(エピックファイブ)を国内で発売いたします。

「Epic 5」は、精細なサウンドと美しいデザイン、そしてプロフェッショナルな制作現場向けにもかかわらずリーズナブルな価格設定を目指したスタジオモニターです。

同社では可能な限り正確なパフォーマンスを得るべく、ドライバーユニット、パッシブラジエーター、アンプ、ハウジングなどの関連部品を自社開発。その第一弾の製品となる「Epic 5」は、フラットな周波数特性、全周波数帯域における速いトランジェント・レスポンス、広大かつ自然なダイナミックレンジ、低ノイズと低歪みと、「正しいサウンド」をもたらす条件を備えています。

「Epic 5」は、ツイータードーム、ウーファー、パッシブラジエーターコーンをアルミニウム素材に統一し、速いトランジェント・レスポンスを実現しています。また、パッシブラジエーターを底部に設置しているため、付属のアルミ製スパイクを装着。これにより接地面との距離を稼ぐとともに、ラジエーターを保護します。また通常は設置場所を保護するために、付属のシリコンパッドをスパイクに装着します。

ユニークな外観は決して奇をてらうためにデザインされたわけではありません。モニター前面部の傾斜はドライバー間の精密な時間差調整のためであり、これによってより正しいサウンドをモニターできるように設計されております。

コンパクトな筐体からは想像できないほど正確なサウンドをもつ「Epic 5」は、細やかなミックスやマスタリングを行う際に重宝します。プロジェクトスタジオ、大規模スタジオのサブモニターに最適です。ぜひ、2倍~3倍の価格帯のモニタースピーカーと実際に聴き比べてほしいクオリティーです。

主な仕様

周波数特性(± 3 dB) 56~40,000 Hz
周波数特性(± 10 dB) 45~46,000 Hz
アンプ出力 2 x 75W rms、2 x 150W peak
アンプ仕様 Class-D、ダイナミックレンジ115dB、高電流、高ダンピング、超低ノイズ、100 kHz以上の周波数特性
最大SPL 109 dB(C) @100 Hz以上、ペアで1mの距離にて計測
最大消費電力 200 VA
ツイーター 1 インチ、自社開発
ウーファー 5.25 インチ、自社開発
パッシブラジエーター 6.25 インチ、自社開発
クロスオーバー周波数 2 kHz、24dB/oct
入力インピーダンス 12 kΩ(XLRバランス)/3.3 kΩ(RCAアンバランス)
基準入力レベル +4 dBu(XLRバランス)/-10 dBV(RCAアンバランス)
補正用EQ(高域) ± 5 dB、2.5 kHz から 1 dB 刻み
補正用EQ(低域) ± 5 dB、250 Hz から 1 dB 刻み
本体寸法(スパイク非装着時) 270 x 190 x 240 mm
本体寸法(スパイク装着時) 310 x 190 x 240 mm
本体重量(1本につき) 5.2 kg
付属品 電源ケーブル x 2本、スパイク x 6本、シリコンパッド x 8個、フライトケース

周波数特性 (on axis)

歪率 (94dBSPL / 30cm)

発売日

2019年1月25日(金)

販売価格

(税抜)¥150,000 (税込 ¥162,000) (ペアの価格)
JANコード:4530027280001

スタジオモニター新製品一覧は ⇒ こちら

「スピーカー」タグの関連記事

↑ページトップ