Steinberg Cubase Pro 10 / Artist 10 / Elements 10 発表

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Steinberg ( スタインバーグ )が世界中に多くのユーザーを持つ同社の人気DAWソフト「Cubase」の最新バージョン「Cubase Pro 10 / Cubase Artist 10 / Cubase Elements 10 」を発売します。

本記事の画面は開発中のものも含まれます。リリース版ではGUIが変更になる場合があります。

Cubase 10 シリーズはユーザーインターフェイスを一新、オーディオ編集における作業効率をさらに向上させた「VariAudio 3」や、プロジェクトの異なるミックスや設定を即座に呼び出して比較できる「MixConsoleスナップショット」等、多くの新機能を搭載。音楽制作のワークフローの効率を加速させるDAWに仕上がっています。

Cubase 10 シリーズの主な新機能

  • VariAudio 3:新搭載のスマートコントロールで作業効率が向上[Pro]
  • 再設計された新チャンネルストリップ:優れた視認性と機能[Pro / Artist / Elements / AI / LE]
  • MixConsoleスナップショット:プロジェクトの異なるミックスや設定を素早く呼び出して比較可能。ミックスノートも追加可能です[Pro]
  • オーディオアライメント:レコーディングを素早くスタックし、リファレンストラックと簡単に同期可能[Pro]
  • 簡略化したサイドチェイン設定:サイドチェインを素早く簡単にセットアップ[Pro / Artist]
  • Groove Agent SE 5 付属:ユーザーインターフェイスを一新[Pro / Artist / Elements / AI / LE]
  • 6人の著名プロデューサーによる5 GBの高音質サウンドとループを収録[Pro / Artist / Elements / AI / LE]
  • Distroyer:新プラグイン。倍音やキャラクターを調整し、ミックス全体にアナログの暖かさを加えます[Pro / Artist]
  • REVerence用Vintage Verbs: 20の新しいインパルスレスポンスを追加しました[Pro]
  • メディアラックの改良:項目にエフェクトを追加。ドラッグアンドドロップ機能と表示の改善[Pro / Artist / Elements / AI / LE]
  • レイテンシモニター:レイテンシが生じているチャンネルとレイテンシ値を正確かつ迅速に表示[Pro / Artist / Elements / AI / LE]
  • AAFサポート:Advanced Authoring Formatフォーマットで他のアプリケーションとデータを共有[Pro]
  • MPEサポート:MPE(MIDI Polyphonic Expression)コントローラ設定を簡単に行えます[Pro / Artist]
  • 高解像度ディスプレイに対応。[Pro / Artist / Elements / AI / LE]
  • ビデオサウンドトラック制作のための映像表示の改善。[Pro]
  • Steinberg Virtual Reality:プロフェッショナルで直感的なバーチャルリアリティのオーディオ制作ツール[Pro]
  • ARA2対応(予定):ARA(Audio Random Access)対応プラグインとCubaseの間のデータ通信が可能[Pro]

VariAudio 3  [Pro]

VariAudioを改善、拡張し、より創造的なツールに進化。スマートコントロールは、各セグメントのすべてのパラメータを直接制御可能。マイクロ・ピッチ・レベル編集、フォルマント・シフト調整、極端なピッチ補正などオーディオを自由自在にコントロールする事ができるようになりました。

新チャンネルストリップ [Pro / Artist / Elements / AI / LE]

Cubase 10で完全に再設計されたチャンネルストリップは優れた視認性と機能が特徴。モジュールごとの視認性が高いメーター、コンプレッサーは詳細設定で微調整を可能にします。

MixConsoleスナップショット [Pro]

プロジェクト内のミックスを記録して、数秒で結果を比較できます。様々なミックスを保存しておくことで複数ミックスバージョンを一つのプロジェクトで管理することができます。ミックスノートも追加可能。

オーディオアライメント [Pro]

新しいオーディオアライメントツールを使用すると、複数トラックを指定したリファレンストラックに簡単にマッチングし、タイミングを修正することができます。ダブリング時のタイミングのズレの補正やスタッキングを高速、簡単、効率的に行います。

簡略化したサイドチェイン設定 [Pro / Artist]

FXプラグインでサイドチェーンを有効にし、トラックリストからソースを選択するだけで準備が整います。数回のクリックで目的のルーティングを作成できます。

Groove Agent SE 5 付属  [Pro / Artist / Elements / AI / LE]

ユーザーインターフェイスを一新。アコースティックドラムキット「The Kit SE」、エレクトロ系の新しいBeat Agentキット20セットを搭載。

5 GBの高音質サウンドとループを収録  [Pro / Artist / Elements / AI / LE]

各ジャンルで活躍する著名なプロデューサーが独自に制作した5 GBのサウンドとループが付属。

  • Analog Techno:ベルリンに本拠を置くFlorian Meindl氏によるモジュラーシンセサイザーによるアナログテクノのライブラリ。
  • Hip Hop Vault:Jay-Z、Beyonce、Mobb Deepなど多くのプロデュースを務めるThe Beat Butchaによるドラムと独自のループ。
  • Soul Assembly:Soul Surplusのコレクション。
  • Raw Ambience:ドラムンベース デュオのRawtekkが作成したエレクトロニカ、アンビエンス、ダブステップのサウンドライブラリ。
  • Blockbuster:ナッシュビルに拠点を置くプロデューサーのAllen Morganが制作したサウンドトラックサウンド。
  • Mystic Spaces:ミュージシャン、サウンドデザイナー、楽器制作者Ferdinand Förschが製作した、実験音のコレクション。

Distroyer [Pro / Artist]

倍音やキャラクターを調整し、ミックス全体にアナログの暖かさを加える歪み系エフェクト。ミックス全体に微妙なアナログの暖かさを加えたり、キックドラムを激しいサウンドにするなど、Distroyerはサウンドに倍音の付加やキャラクターを追加します。

REVerence用Vintage Verbs [Pro]

REVerenceを再設計し拡張。EMTビンテージアナログとデジタルリバーブの20種類の新たなインパルスレスポンスがファクトリライブラリに追加されました。

メディアラックの改良 [Pro / Artist / Elements / AI / LE]

エフェクトプラグインをトラックに直接割り当てることができます。また、VSTインストゥルメントプラグインをプロジェクトに直接ドラッグしてインストゥルメントトラックを作成することもできます。

レイテンシモニター[Pro / Artist / Elements / AI / LE]

MixConsoleの新しいチャンネルレイテンシセクションでは、エフェクトチェーン内の各プラグインのレイテンシとレイテンシの合計を表示できます。レイテンシが生じているチャンネルとレイテンシ値を正確かつ迅速に知ることができます。

AAFサポート  [Pro]

Advanced Authoring Formatフォーマットで他のアプリケーションとデータを共有できるようになりました。

MPEサポート [Pro / Artist]

MPE(MIDI Polyphonic Expression)コントローラ設定を簡単に行えます

高解像度ディスプレイに対応 [Pro / Artist / Elements / AI / LE]

Cubase 10のユーザーインターフェースは、高解像度ディスプレイに対応します。現在macOSコンピュータはHDPiをサポートしていますが、Windows 10のサポートは制限されているため、デフォルトでは無効になっています。

ビデオサウンドトラック制作のための映像表示の改善。[Pro]

映像に対してより快適にオーディオ編集をするために、オーディオを編集する必要がある場所で、ビデオをフレーム単位で正確に表示します。

Steinberg Virtual Reality:プロフェッショナルで直感的なバーチャルリアリティのオーディオ制作ツール[Pro]

オーディオキャプチャから最終的なミキシングまで、Virtual Realityコンテンツを制作するためのツールを提供します。 VRプロダクションスイートは、3次Ambisonicsバス、ヘッドトラッキング用HMDコネクタ、VST Multipannerに含まれている完全統合型バイノライザー、VRパンニングデバイスなど、一連のプラグインとシームレスに統合された機能を提供します。

ARA2対応(予定)[Pro]

ARA(Audio Random Access)対応プラグインとCubaseの間のデータ通信が可能


無償バージョンアップ(グレースピリオド)について

10月15日以降にCubaseをアクティベーションした方は、バージョン10へ無償でアップデートしていただけます。

無償バージョンアップ対象かどうかの確認や詳細につきましては下記をご参照ください。

https://japan.steinberg.net/jp/support/grace_period.html

※URシリーズ等に付属のCUBASE AIは、2019年初頭よりCubase AI 10のダウンロードが開始となります。

※Cubase AIは無償バージョンアップ(グレースピリオド)非対象となります。

動作環境

Mac Windows
macOS Sierra (10.12) / High Sierra (10.13)/ Mojave (10.14) Windows 7 / 8.1 / 10 (すべて 64ビット版のみ)
64ビット Intel / AMD マルチコアプロセッサー (Intel i5 以上推奨)
推奨 RAM サイズ: 8 GB (最低 4 GB)
ディスク空き容量: 30 GB 以上(Cubase Pro 10 / Cubase Artist 10 )、20 GB 以上(Cubase Elements 10)
推奨ディスプレイ解像度: 1920 x 1080 (最低 1440 x 900 以上)
Direct X 10、WDDM 1.1 に対応したグラフィックボード (Windows のみ) * オンボードを含む
USB 端子: USB-eLicenser (コピープロテクトキー) 接続用(Cubase Pro 10 / Cubase Artist 10 )
OS 対応オーディオデバイス (ASIO 対応デバイス推奨)
インターネット環境: インストール、ライセンスアクティベーション、ユーザー登録等
インストール時にアプリケーションや関連データ等のダウンロードが必要です
高速ブロードバンドインターネット環境を推奨いたします

※Cubase 10 シリーズは32ビット環境ではご使用になれません。また 32ビットプラグインにも非対応です。

発売日

発売中

販売価格

Cubase Pro 10 通常版
(税抜)¥57,000 (税込 ¥61,560)
JANコード:4513744075716


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

Cubase Pro 10 アカデミック版
(税抜)¥38,000 (税込 ¥41,040)
JANコード:4513744075723

Cubase Pro 10 クロスグレード版(※)
(税抜)¥38,000 (税込 ¥41,040)
JANコード:4018271472286

Cubase Artist 10 通常版
(税抜)¥32,000 (税込 ¥34,560)
JANコード:4513744075730

Cubase Artist 10 アカデミック版
(税抜)¥18,000 (税込 ¥19,440)
JANコード:4513744075747

Cubase Elements 10 通常版
(税抜)¥12,000 (税込 ¥12,960)
JANコード:4513744076812

Cubase Elements 10 アカデミック版
(税抜)¥7,000 (税込 ¥7,560)
JANコード:4513744068237

クロスグレード対象製品

Ableton Live、Apple Logic、Avid Pro Tools、Avid Sibelius、Image-Line FL Studio、makemusic Finale、MOTU Digital Performer、PreSonus Studio One、Propellerhead Reason、Tascam Sonar

DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「dawソフト」タグの関連記事

↑ページトップ