iZotope Nectar 3 | 最先端のAIテクノロジーを搭載したボーカル用のチャネルストリップ型プラグイン

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

iZotope ( アイゾトープ )が、最先端のテクノロジーを搭載したボーカル用のチャネルストリップ型プラグイン「Nectar3」を発売します。

Nectar3はピッチ補正、EQ、コンプから空間系、ハーモニーの生成にモジュレーション系まで網羅。更にAIによるアシスタントテクノロジーやUnmaskの機能を利用することで、短時間でハイクオリティなボーカルミックスを実現する画期的なプラグインです。

Vocal AssistantとUnmask

Nectar 3の「Vocal Assistant」機能はAIがボーカルトラックの音量のばらつきや耳障りな周波数、不要な周波数などを自動で認識し、必要と思われるEQポイントやコンプレッサー、ディエッサーの設定など、個々のボーカルの音響特性に最適なカスタム・プリセットを用意します。

Unmask機能は、ボーカルとギターなど、同じ周波数帯域でぶつかるサウンドを、「Nectar 3」または別売りの「Neutron 2 Advanced」「iZotope Relay (Nectar 3に同梱)」のいずれかとコミュニケーション機能で連動して解消します。例えばボーカルとギターのトラックがぶつかっている場合、ボーカル側のサウンドを分析した上で、ギター側のプラグインに自動で処理をし、ボーカルがギターに埋もれないよう処理します。

楽器フェア2018会場にて

プラグイン間コミュニケーション

Nectar 3のコミュニケーション機能は、この他にも「Neutron 2」や「Ozone 8」「Insight 2」などともコミュニケーションし、Visual Mixer, Masking Meter, Tonal Balance Control, Intelligibility Meter,など多くのiZotopeの最先端のミックス手法を利用することができます。

※Neutron 2, VocalSynth 2, Insight 2, Ozone 8, Tonal Balance ControlはMusic Production Suite 2に同梱されています。

オートメーション不要の最先端のEQ

Nectar 3は最大24バンドまで利用できるDynamic EQを搭載。新たに搭載された Follow EQ モードは、設定したポイントの周波数の動きに自動で追従しながらEQ処理を行います。オートメーションを設定する必要はありません。

Follow EQ

Follow EQモードはボーカルサウンドの動きにリアルタイムで追従し、周波数の動きに合わせて耳障りな周波数や不要な低域などをカットします。一度、ポイントを設定するだけで、後は自動で周波数の動きに合わせて補正するので、オートメーションでメロディの動きなどに合わせてEQポイントを動かす必要はありません。

ボーカルのための完全なプラグインチェーン

Nectar 3はボーカルのほぼすべての処理に必要な14個のモジュールから構成されています。ボーカルの録音レベルのばらつきを自動で調整し、過大なブレスの低減、EQによる補正やコンプレッサーなど基本的な処理から、ボーカルに深みやキャラクターを加えるエフェクト、ハーモニーの生成にいたるまで、ワンストップで処理できます。

ブレスの音量を簡単にコントロール

iZotope RX Breath Controlをバンドルしているので、録音したボーカルの音質を損なうことなく、ブレスの音量だけをプラグインで簡単に均一に除去・低減させることが出来ます。

Celemony Melodyne 4 essentialを同梱

Nectarにもモダンなピッチエフェクトを搭載していますが、より精細な手作業でのピッチ補正用途として、Celemony Melodyne 4 essentialを同梱。

主な機能

Nectar 3の新機能

  • Vocal Assistant: ワンクリックでAIがボーカルに最適なプラグイン設定を提案。
  • Unmask ボーカルとぶつかるギターやピアノなどをAIが処理し、ボーカルのミックスがより簡単に。
  • Follow EQ EQがボーカルの周波数の動きを自動で追従
  • Auto Level Mode ボーカルの録音レベルのばらつきをオートメーションを書くことなく自動で調整。
  • プラグイン間コミュニケーション: Nectar 3はiZotopeの対応するプラグインとコミュニケーションすることで、より効率よく作業することが出来ます。

その他の特徴

  • RX 7 Breath Control ノイズリダクションの定番RX 7のプラグインを搭載し、ブレスのみを特定してブレスを除去・または低減できます。
  • Melodyne 4 essential 定番のピッチ補正ソフトを同梱
  • iZotope Relay: 別のトラックとの接続・連携を行うためのプラグイン。
  • プロフェッショナルなプリセット 音楽・ポストプロダクション用に多くのプリセットを内蔵

プラグイン処理の改善

  • 再構築された12のモジュール Dynamic EQs, Compression, Harmony、Pitch、De-Esser、Saturation、Reverb、Gate、Dimensionなど、ボーカルのミックス、クリエイティブ作業に必須のモジュールを内蔵。
  • 各モジュールの改善点:
    • Delay: 2つの新しいモード、ステレオ時の独立コントロール
    • De-esser: オーディオ周波数情報に重ねながらスレッショルド設定できる新しいデザインを採用。また、Vocal Assistantによる各パラメーターの自動設定に対応。
    • Saturation: 新しいサチュレーションDecimateとDistortを追加
    • Harmony: 追加できるボイス数が増加、また MIDIモードでの動作改善
    • EQ: ウィンドウサイズが可変になり視認性が向上、最大24のEQポイント設定
    • Compressor: コンプレッサーを2個使用可能に。スレッショルドを波形に重ねて設定できる新しいデザインを採用。
    • Reverb: EQポイントを3つに増加。より柔軟なサウンドを構築。
    • Dimension: 新しいChorus と Phaser を追加

動作環境

  • OS
    • OS X 10.8-10.14 - macOS 10.12 (Sierra)
    • Windows: 7, 8, & 10
  • Plug-in Formats
    • VST2, VST3, AudioUnit (Mac Only), AAX (Real-time & AudioSuite; 64-bit only), RTAS (Real-time & Audiosuite (DPM); 32-bit only)
  • Melodyne 4 essential
    • macOS
      • Intel Dual Core processor (Quad Core 以上推奨), 4 GB RAM (8 GB 以上推奨), macOS 10.6.8、10.11.x ~ 10.13
    • Windows
      • Intel or AMD Dual Core processor (Quad Core 以上推奨), 4 GB RAM (8 GB 以上推奨), Windows 7, 8.1 、 10 (64-bit 推奨), ASIO互換オーディオ・インターフェイス

 

発売日

2018年11月2日

販売価格

(税抜)¥25,000 (税込 ¥27,500)
JANコード:4560263765291


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「プラグイン・ソフト」タグの関連記事

↑ページトップ