Joué (ジョウエ)| 着せ替えできるMIDIコントローラー

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

クラウドファンディング「kickstarter」で1100万円以上を調達した、フランス「Joué SAS」社の着せ替えできるMIDIコントローラー「Joué」(ジョウエ)がいよいよ日本でも発売されます。

楽器フェア2018会場にて

Joué」はフランス語でPLAYを意味する、ラバーパッド状の「モジュール」を自由に交換可能な革新的なMIDIコントローラーです。

Jouéは、ノートオンはもちろん、ビブラート、スライド、アフタータッチなどの自然なジェスチャーに反応します。ソフトで有機的なモジュールは、デジタルサウンドに新感覚のアナログ感をもたらします。

Jouéには3つのスロットがあり、ラバー状の「モジュール」で埋めることができます。深いパッドの音から歪んだギターのソロに簡単に切り替えて、直感的に演奏表現が可能となっています。

各モジュールにはチップが埋め込まれており、専用ソフト側で自動的に認識して各種セッティングが可能です。

Jouéは、USBケーブルを使用してスマートフォン、タブレット、またはコンピュータに接続します。、Ableton Live、Apple Logic、BitWig Studio、等のDAWや、Native Instrumentsプラグイン、Max / MSP、またはGarageBandなどのiPadアプリを再生し、コントロールすることができます。

その間にコンピュータを必要とせずにUSB to MIDIコンバーターを使用してお気に入りのハードウェアに接続することも、同じデバイスにいくつかのJouéを接続してセットアップを拡張することもできます。さらに、JouéはMPE(Multi-dimensional Polyphonic Expression)にも準拠しています。

モジュール

モジュールは、最も自然な感触で最高の演奏体験を提供するように注意深く設計されています。柔らかいシリコンで作られており、遊ぶときにジュエのボードにフィットするように磁化されています。現在のライブラリには、Synth、Pads、Stripsのような使い慣れたインターフェースだけでなく、Bubbles、Scaler、Fretboardなどのフレッシュなインターフェースも含まれています。それらのほとんどは、ベロシティ、ビブラート、アフタータッチ、およびYコントロールに敏感で、デジタル音や楽器を広範囲かつユニークに演奏します。

※発売時に製品に同梱されるモジュールはグレードによって異なります。

Pack Joué Essential

2018年10月に発売される「Pack Joué Essential」には、Joué Boardに加え、MPE(Multidimensional Polyphonic Expression)に対応したモジュール(スケーラー、フレットボード、パッド、ストリップ、エリア)5枚が同梱。

Pack Joué Essential に同梱されるモジュール

専用コントローラーソフトウエア「Joué Editor

RFID(radio frequency identifier)によりJoué Boardが自動的にモジュールを認識。Joué専用のコントロールソフトJoué Editorは無料でダウンロードできる。

Area

エリアは指で滑らせてテーピングして演奏します。モジュールは、デフォルトで3つのMIDIコントロールの変更であるX、Y、Z値を送信します。各メッセージはカスタマイズできます。

Fretboard

ギターのフレットのような形状をしたモジュール。6つの弦と9つのフレット+オクターブ+/-ボタンと2つの設定可能なボタンがあります。文字列は、すべて一緒にまたは個別に調整することができます。ビブラートと曲は切り替えが可能です。

Pads

ドラム、パーカッション、メロディー、またはクリップを起動するための4×4マトリックスの敏感なパッド。各パッドはベロシティ、ビブラート、アフタータッチに敏感で、個別またはグループで設定できます。

Strips

4つのストリップに指をスライドさせて、任意のパラメータを制御します。min、mid、maxの値に簡単にアクセスできる区切りの区域があります。水平または垂直に使用できます。

Scaler

Scalerには、ハープ、キシロフォン、バラフォンのなどの楽器を演奏するのに最適な17個のキーがありますが、シンセサウンドを完全に新しいUIで演奏可能です。各キーはベロシティ、ビブラート、アフタータッチ、Yコントロールに反応します。様々な音階(スケール)のプリセットが用意されており、エスニックなサウンドも自由自在です。

オプションモジュール(発売未定)

Bubbles(Pack Joué Essentialには付属しません)

片手で12パラメータをコントロールすることができる。

Rounds(Pack Joué Essentialには付属しません)

円を横切って指をスライドさせて、任意のパラメータを制御します。最小値、中央値、最大値に簡単にアクセスできるタッチ領域があります。絶対または無限モードが設定可能です。

Synth(Pack Joué Essentialには付属しません)

Synthは、オクターブ+/-ボタンと構成可能な4つのボタンを備えた1,5オクターブのキーボードです。アフタータッチ、ナチュラルビブラート、グリッサンドなど、独特の表現力が可能。

 

パッドは演奏中にも交換可能。(Tシャツが・・・)

主な特徴

  • シリコン製のモジュールを自由にレイアウト可能な新感覚のモジュラー型USB MIDIコントローラー
  • MPE(Multidimensional Polyphonic Expression)に対応したモジュール5枚(スケーラー、フレットボード、パッド、ストリップ、エリア)付属
  • 各モジュールは磁気で固着、RFIDで自動検出
  • USBクラスコンプライアント・デバイスで、ドライバーのインストールは不要
  • Windows、Mac、iOSデバイス対応
  • 接続端子:USB-C(データおよび電源)
  • サイズ:360 x 130 x 15.6 mm(W x D x H・Joué Boardのみ)
  • 重量:800g(Joué Boardのみ)

発売日

2018年10月24日(水)

販売価格

(税抜)¥70,000 (税込 ¥75,600)を予定
JANコード:4534217735005

「midiキーボード」タグの関連記事

↑ページトップ