Rupert Neve Designs RMP-D8 | リモートコントロール可能な8チャンネルDanteマイクプリアンプ

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Rupert Neve Designs ( ルパートニーヴデザイン )が、リモートコントロール可能な8チャンネルDanteマイクプリアンプ「RMP-D8」を発売します。

RMP-D8は今年1月のNAMMショー2018で発表された、Rupert Neve Designs社の新機軸ともいえるユニークな仕様のマイクプリアンプで、ライブサウンドで急速に普及が進むDanteネットワークに特化した製品です。Rupert Neve Designs社が誇るクラスAのマイクプリアンプ(カスタムトランスフォーマー搭載)にマスタリンググレードの24ビット/192 kHz ADコンバーター、さらにDante ネットワークオーディオ機能を一体化した、アナログとデジタルが高い次元で融合したユニットです。スタジオで望まれる“Rupert Neve Designs サウンド”をライブの世界へも提供します。

【関連記事】【FAQ】Danteとは?

RMP-D8 はAES/EBU デジタル出力を装備しており、Dante 非対応の環境であってもマルチチャンネルでRupert Neve サウンドを扱うことが可能です。

特徴

  • 48Vファンタム電源、極性反転、入力パッド&ハイパスフィルター付きの8マイク/ライン入力
  • 最大60dBのゲインとリモートコントロール機能を備える1dB刻みのクラスAマイクプリアンプ※
  • Rupert Neve 氏の伝説的なクラシックモジュールのトーンを提供するカスタム設計のトランス
  • 高精度の内部クロッキングと優れたジッター低減機能を備える24-bit/192kHz対応のマスタリンググレードコンバーター
  • 世界中で動作可能な高い信頼性を誇る冗長電源を実装
  • 冗長ネットワークポートを介した Dante との統合
  • ゲイン補正機能付きセカンダリーアウトプット※※
  • 4つのデュアルチャンネルAES出力(XLR端子)
  • 有機ELディスプレイと正確で視認性に優れるメーター
  • コンピューターとのダイレクトな統合を実現する Dante Virtual Soundcard と Dante Via に対応
  • 高度なRFシールドと過酷なツアーユースに耐え得る堅牢な強化スチールシャーシ

※2018年7月現在、Dante 経由でリモートコントロールを実現するアプリは Windows 環境のみに対応しています(Macへは近日対応予定)。
※※Dante ネットワーク上では、1~8chのプライマリー出力と9~16chのミラーリングされたセカンダリー出力(初期設定ではプライマリーより6 dB低く設定)が見えます。FOHとモニターで回線を分ける時などに便利です。

仕様

  • ノイズレベル
    • 150Ωバランスソース、AES出力、22 Hz 〜 22 kHz、Un-weighted)
    • -91 dBFS @ +60dBゲイン
    • -110 dBFS @ ユニティゲイン
  • 周波数特性
    • 0 dBu、ユニティゲイン
      • 50 Hz ~ 12.5 kHz: -0.1 dB
      • 20 Hz: -0.5 dB
      • 40 kHz: +0.2 dB
  • 入力インピーダンス:5.5 kΩ
  • ゲイン:0 ~ 60 dB(1 dB単位)
  • ハイパスフィルター:-3 dB @80 Hz、12 dB/Oct スロープ
  • パッド:-10 dB
  • S/N比:84.4 dB
  • ダイナミックレンジ:110 dB
  • 最大入力レベル:+25.5 dBu
  • 外形寸法:約55.9 cm (W) x 45.7 cm (D) x 22.9 cm (H) (2Uラックマウントサイズ)
  • 本体重量:約8 kg
  • 電源:100 – 240 VAC、50/60 Hz、150 W

RMP-D8

発売日

2018年7月17日

販売価格

(税抜)¥648,000 (税込 ¥712,800)
JANコード:4530027360161


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「プリアンプ」タグの関連記事

↑ページトップ